どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/05/26(水)   CATEGORY: 人物考察
朽ち果てた。
前置き。
最初に言っとく。病んでいるわけじゃない。
いつも言っているが、僕はそうそう病みません。本当に病んだときは日記なんか書きません。書かずに死にます。その時に「あ、病んでたんだな」と笑い飛ばしていただきたい。



本編。

人の才能、感性には限界があると思っている。

学力なんてものは追求すれば与えられるだろう。
ただ、才能や感性は我が内側に秘めているものであり、何かに刺激され湧き出てくることはあれど、ただ追求したからといって増すものではない。

そういった才能、感性なるものを井戸に例えるならば、容量というものが決まっていて、人それぞれにその容量は違う。人はそれを一生を賭けて、釣瓶を落とし、水を出すように、その井戸を使っていく。
そして井戸がやがて枯渇するように、才能、感性も枯渇する。

ただ、溢れ出してくるやつは確かに居る。俗に「天才」と呼ばれる者は溢れ出してきて、枯渇することのない井戸を持っている部類なのだろう。


私自身も若き頃は溢れ出していると思っていた。
溢れ出しているものを掬いだしてやらねば、私という人間は内側から崩壊してしまうとさえ思っていた。
だから芝居、絵画、小説、脚本、音楽、様々なものに手を出した。
事実、文章を書くときも何をするときも溢れ出していた…ように感じていただけだったのだ。

なんと私は浅はかだったのであろう。

駄目だ。

私は何者にもなれない。
才能が枯渇した。
感性が枯渇した。

様々な分野に手を出したのも、私の溢れ出す才能ではなく何者かになりたい己のもがく姿だったのだろう。
己の感性の井戸に自ら飛び込み、それによって嵩が増していただけだったのに、私はそれを溢れ出していると勘違いしていたのだ。

なんと愚かな人間だろうか。

最早、私に、私の文章に溢れ出してくるものは何もない。

だがこうやって筆を執っているのは、枯渇した私の才能にまだ残された水が少しでもあるのではないかと思い必死に掘っているのだ。

だが、やはり駄目だ。

掘れば掘るほど、己の枯れている感性を見透かされているようで、己の如何ともし難い惰性な文章を蔑まれていそうで、そんな己に腹が立つ。


しかも、こうやって純文学のような文章を模倣して書いている時点で私にオリジナリティと呼ばれるものは残っていない。
結局、自分という人間は誰かの真似をしていただけだ。
それでいて、まるで私は己が特別な存在であると、新たなものを生み出せると信じ、己自身を誤魔化していただけなのだ。
そうすることによって、枯渇した才能を見て見ぬ振りをしていたのだ。


最近、どんな本を読んでも、絵を見ても、私の枯渇した井戸は何も感じない。
ただ面白かっただとか、つまらないとか、そんな感想しか出てこない。
私の感性なんてそんなものだったのか。

中也に初めて触れて心が震えたような、三島に触れてその浮き出る文章の海に身をゆだねたような、カラヤンの緻密な音楽にこちらまで緊張を感じたような、あの頃の私はもう居ない。
何のideaも浮かんでこない。


私はただの肉塊となり果ててしまった。


だが、やはりもがいている。水のない井戸でもがいている。


才能、感性が溢れ出し過ぎると、内側から崩壊すると書いたが、逆もそうではないか。
溢れ出してくるものがなければ、それもまた崩壊をもたらす。

私はこのまま崩壊していくのだろうか。最近その崩壊の手前にいることを感じる。それが怖くて仕方のない毎日で夜も眠れない。
不安が私を押し潰さんとす。

だから私はこうやって己を卑下しながらも得意げな文章を書くことで自己を満足させて、わずかな安堵を得る。


みそっかすだ、馬鹿野郎。




あとがき。
書いておきながらなんだけど、20歳になったあたりから、もう自分が何者にもなれないことを薄々感じていた。それを演劇という世界に身を投じ、自分を誤魔化すために自分自身を演じて、満足感を得ていた。

だが、こういったことを語るのは昔の自分ならいざ知らず、今の自分には最早さしたることではない。
何故なら芸術と呼ばれる分野に今後自分を置くつもりがないからだ。
逃げと言われればそうかもしれないが、私は自身に対する自身の過大評価を見直しただけだ。
ただの肉塊になり果てても、生きていく上で支障はない。だが、もう私に表現するという資格はない。
だから、私の日記は表現でも読み物でもなく、完全な世間話だ。
深い意味、訴えかけたいものは存在しない。それを踏まえてにゅわわんと読んでいただければ有り難い。



あーあ、うんち。


…あぁ…、こういうことを書くから病んでるとか言われちゃうんだな。
いや、本当に病んでないです。笑い。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/01/31(木)   CATEGORY: 人物考察
国盗りカウンター。
かなり好きなアーティストSNOOPさんとこで見つけた「国盗りカウンター」なるものを設置してみました。

要するに全国でどこの人々が自分のブログを覗いてくれてるかっていうやつ。

まぁ、福岡しかねぇえよなー。
なんて思って設置してみたら、数分で宮城県がカウントされてた。

あらまぁ、遠いところから有難う御座います。

日本地図が埋め尽くされる日は果たして来るのか???

というわけでブログを持ってる人は設置してみたらいかがかしら?

IPひろば↓
http://www.iphiroba.jp/blogparts/index.html

ここから簡単にはっつけれます。
最近mixiに押され気味なブログたち。
かくいう私も両方で日記書いてるし・・・。

でも、ブログはカスタマイズできるっていう利点があるからいいよね。
ちょいちょい足していこうと思います。




これ、でも、福岡と宮城以外で伸びなかったらちょっと悲しいね。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/10/01(月)   CATEGORY: 人物考察
かすみたなびく彦島。
ロンドンブーツ1号2号。
言わずもがな田村淳と田村亮からなるコンビである。

やってる番組がいつも際どかったから、意外と早い時期で消えるんじゃないかと思っていた。
しかし、彼らは未だ生き残っているし、TBS、NHK以外で5本のレギュラーを持っている。

なかでも田村淳に敬服する点。
それは
「B級タレントの扱い方」
である。

誰かと絡むときの絡み方というのは僕の生活の中でも一つの課題である。

主に、そういう点で参考にしているのは明石家さんまだ。
「踊るさんま御殿」を観れば解るとおり、彼の各タレントとの絡み方はやはり力を感じさせられる。
しかし、この点においては、田村淳の力を認めざるを得ない。
さんまと淳の違い。
それは最終的に笑いを自分のものにしてしまうか否かというところだろう。
さんまは非常にうまいのだが、最終的にはいつも自分の笑いにしてしまい、相手よりも目立つことを良しとしている。
その点、淳は上の人に対しては非常に上手く立ち回り、下の人(厳密にはこの表現は正しくないのだが、ここでは対比として用いている。)に対しては上手く相手を引き立てる力を持っている。
彼らの代表作である「ロンドンハーツ」においてその部分が発揮されている。
梨花や青田典子、青木さやかなど、様々なタレントの新たな一面を発掘することを得意としている。

あの絡み方は非常に上手い。
毒舌だというイメージがあるが、相手のいい部分、得意とする部分を上手いこと引き出して、それを彼女達の武器へと変えてあげる。
いろんな場面をフォローするのも上手い。
しかし何よりも相手に「キャラクター」をつけることがうまいのだ。

相方の亮があまりでしゃばらないというのも、淳の手腕を上手く発揮できている要因かもしれない。

こういった点は、淳ポジションにせよ、亮ポジションにせよ、僕らの生活でも使えるのではないだろうか。
積極的に出て行くときも、完全に中心になるのではなく、なるべく回りと上手いこと絡んでいく。
逆に、他に淳ポジションが居た場合は亮ポジションとしてでしゃばりすぎず、フォローに回る。
そこら辺が上手く出来ると、コミュニティにおいてポジションを獲得できると思っているし、僕は実際、昔から彼らのそういう点を参考にさせてもらっている。

ご存知の方も多かろうが、ロンハーは毎年低俗番組に選ばれ続け、「子供に見せたくない番組」の常連である。
確かに性的な内容を含む表現が多かったり、一昔前にやっていた「ガサ入れ」などの影響が強いのかもしれない。
が、PTAもそういった淳の絡み方、亮の立ち回り方が実際にも役立つのだよという観点で観ていただきたいものだ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/08/24(金)   CATEGORY: 人物考察
今日の一言。
過去僕が実際に言ったことある一言を紹介するコーナー。

「ちょ、ちょっと待て!俺はノンケだー!!!」

以上。
どういったシチュエーションだったか、ご想像ください。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2007/08/05(日)   CATEGORY: 人物考察
敢えてポジティブに安倍首相続投を考えてみた。
INAXの「くるりんくるりんくるりんポイ」というCM。
あの主婦役の人のハスキーボイスが椿鬼奴に聞こえてしょうがない。
あぁ、それだけ。ただそれだけ。

さて、今日も政治的なお話。
興味ない人は休日からこんなの見せてごめんなさいね。INAXの話だけだと思っててください。
あ、ちなみにめためた長いです。が、いつもよりも解りやすく書こうと心がけております。政治に興味ない人にも読んでいただきたいから。

簡単に今回の日記の結論を言うと
「ポジティブに安倍晋三総理続投を考えてみる」。

image_large.jpg

これが幹事長時代の安倍晋三。
なんか顔がやる気に満ち溢れている。

20070801-00000028-jijp-pol-view-000.jpg

これが最近の安倍晋三。
疲れてる。ってか老けたよね。


さて、もし長時間付き合ってくれる人は続きへ。
つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。