どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/01/03(日)   CATEGORY: 旅行
吉備SA。
1262495701-20100103140851.jpg



こういった、その土地にちなんだキャラクターのハリボテってあるけど、なんかこう、もうちょっとキャラクティックに作れないものか…。
いくらなんでも顔ゴツゴツし過ぎだろ。

ちょっとだけ島田秀平(手相芸人)に似てるよね。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/16(金)   CATEGORY: 旅行
長崎の残響。
5月15日は創立記念日で学校はお休み。
せっかく平日のお休みなのにダラダラするのは勿体無い!
ということで、長崎に『福山雅治「PHOTO STAGE Ⅲ~残響~」』を観に行って来た。
これまで、長崎出身でありながら長崎にあまり興味がないように見えた福山雅治。
まぁ、「さだまさし」っていう長崎を代表するアーティストがいるから、比べてみたらそう見えちゃうだけで、浜崎あゆみだって、氷川きよしだって福岡でなんかしたかっていうとライブくらいのもの。
その福山が軍艦島を撮ったというのもあって、興味があった。

写真展はなかなか面白く、1000円という価格に見合うだけの価値はあったのかなと。
でもどっちかってーと、被写体としての福山雅治って写真のほうが多かったかも。
しかしなにより、植田正治の写真はやはり素晴らしかった。

開館時間:午前10時~午後8時(入館は閉館30分前まで)
開催期間中の休館日:4月14日(月)・5月12日(月)
入場料:一般・大学生1000円、高校生600円、小学・中学生300円

というわけで興味の或る方は是非。



つづきを表示
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2007/11/27(火)   CATEGORY: 旅行
まもなく終わるよ霜月が。
200711270632282
20071127063228


こういうのを観ると
『ああー、もう今年も終わっちゃうんだなぁ』
なんて。

とりあえず警固公園のイルミネーションは毎年変わらない。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/07/27(金)   CATEGORY: 旅行
伊王島からの手紙。
テストも終わって、長兄が仕事休みで帰ってきていたので家族旅行へ。
目指すは長崎・伊王島
何気に小学校の修学旅行以来の長崎。

北九州から車で3時間。
まず伊王島に行くには長崎・大波止から船に乗らなければ行けません。
女神大橋

大波止(長崎港)から見える女神大橋。

そして船の出発まで1時間ほどあったので港付近を散策。
なんだかオシャレな建物を発見。
カフェとかあるデートスポットっぽいとこ。
出島ワーフ

これがその出島ワーフ
そしてなんだか中国的な船が停泊。
中国船

おぉ、なんだか長崎っぽいと思いきや、正面から見ると
トラ

ご、ごつい・・・。中国人はタイガースファンだったようです。

さぁ、そろそろ船の時間。
もちろん、この中国船で行くわけじゃありません。
おっとその前に長崎名物のあれを買わなきゃ!
ちりんちりんアイス

ちりんちりんアイス。おばちゃんが売ってます。100円。

さて、アイスも買って、少し涼しくなっていざ船へ。
コバルトクイーン

これが僕らを伊王島へと運んでくれるコバルトクイーン号。片道650円也。
高速船だけあって、すごく速い。デッキに出ると風がすごい。
飛ばされそうでした。でも船ってテンション上がるよね。
そして僅か19分で伊王島着。
やすらぎ伊王島船から伊王島

島になんか南国のような建物が並んでいます。
これが宿泊する「やすらぎ伊王島」。

ホテルの中には24時間の売店もあるから買い物には困らない。
さだまさし

長崎と言えば忘れちゃいけないさだまさし。
しっかりみやげ物を宣伝しておりました。

さぁ、チェックインも済まして、海でも行こうかということで水着を着て、ホテルでレンタサイクル(300円)を借り、僅か5分。
コスタデルソル海水浴場

コスタ・デル・ソル海水浴場」というところ。
とりあえず驚いたのは海が綺麗。色が南国。
適当に泳いでもうヘトヘト。

ホテルへの帰り道、なんと砂浜で涼む鴨を発見!
鴨って池のイメージだったんだけども、海にもいるのねw
鴨


ホテル到着。でもレンタサイクルもあるんだし…ということで伊王島探索へ。
島をずいーっと南のほうへ。
ホテルを過ぎ、数分のところになんだか綺麗な建物が山の上に見える。
天主堂

沖之島天主堂
これも長崎っぽくてイイね。とても綺麗。

まだずいーっと海岸線を走ります。
伊王島は車の乗り入れが出来ないから、現地の人の車しかない。
それも少なめ。だからほとんど車はありません。自転車で快適。
道端のベンチで涼むおばあちゃん達に挨拶。こゆのも田舎のいいところ。
トンネル

こんな海岸線のトンネルも車が来ないから貸切走行。
なかなかこんな機会ありません。

照りつける太陽に汗だくの僕と長兄はふと見つけたスーパーへ。
スーパーしんわ

そしてこのスーパーで買ったのは
がりがりクン

わざわざ写真載せる必要ないかもだけど、「ガリガリくん」。
ちなみに長兄は「ミルクック」。

アイスを食べてまた自転車を漕ぎます。
するとジブリに出てきそうなポストが!
ポスト

まだまだ現役活躍中!1日2回の収集をしてました。
すごいなー。トトロだなー。

まぁこんな感じで結構伊王島を堪能いたしました。

ホテルに帰って、温泉入って、美味しいもの食べて、のんびりして。

なんとまぁ夜には庭に野生の狸が!
何気に狸って可愛いのね。

とてものんびり出来た旅行でしたとさ。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2006/03/20(月)   CATEGORY: 旅行
黒川・阿蘇を巡る旅行1泊2日。詳細編。
20060317144820.jpg20060317152647.jpg20060317174535.jpg


というわけで以前書いていた黒川・阿蘇1泊2日の旅
朝9時に集合し、天神でレンタカーをレンタル。
そして春日や三養基などでメンバーを拾い、一路、黒川へ。

途中、どっか山ん中で昼食を。
地鳥の唐揚げ、美味かったのだ~。

そして黒川温泉到着。
そうです。黒川といえば、1200円で入湯手形を買えば3箇所も温泉に入れるというシステムで有名なとこ。
うむうむ、確かに町並みは温泉街って感じの素敵な眺め。
ただし、「ど」が付くほどの田舎なために、郵便局にATMがない・・・。
窓口でおばちゃんにキャッシュカードを渡し、暗証番号を入力してお金を下ろします。
なかなか貴重な体験。

そして温泉へ。
1軒目は「のし湯」さん。
地元じゃ有名らしいです。
ちなみに一枚目の写真がそれ。もちろん露天風呂。
ここ、男湯は結構外から丸見え。
まぁ致し方ない。YANと2人で入浴。
1軒目ということもありとても気持ちがいい。

2軒目は御客屋旅館さんの「代官の湯」。
ここも露天風呂。混浴。
言わずもがな、期待は膨らむ。
川沿いで川のせせらぎが聞こえて非常に心地よい。
しかし、誰一人としていない。女はおろか男までも。
貸切じゃーん。
あまりに気持ちよかったので、素っ裸で
「font color="#0000FF">エイドリアーン
と叫んでみる。
OH!気が付けば外から丸見えじゃないか!!!
慌てて恥ずかしくなるエセロッキー・タスマニアン。
お風呂に行く途中にある喫煙所が非常に景色もいいし、お勧めです。
2軒目を終え、疲れてくる。
疲れを取るための温泉で疲れるとはこれまた皮肉なり。

3軒目はやまびこ旅館さんの「仙人の湯」。
ここも露天風呂。
水位が心なしか高い気がした。
まぁもう3軒目となると、義務感で入っているのでそこまで感慨はない。
普通に気持ちよかった。
ただお風呂に行く途中に「出逢い橋」というCMにも出てくる橋がある。
それがスゲーと思ったくらい。

さぁ、温泉を終え、1日目でおさらばしてしまう1人を送るため、熊本市へ。
渋滞にも軽く捉まったためにこれが長かった。
2時間くらいかけて、熊本市内到着。
あまりに荒い車の運転に轢き殺されそうになりながらもなんとかバス停に到着。
ってかね、熊本はめっちゃ都会です。
下通りとか上通りとかめちゃ広いのよさ。
福岡人として、なめてました。すんません。

そして友人を送り、阿蘇へ。
出発したのが21時半くらいだったからか到着が23時
夜中になっちまいますよ。
そして到着後、遅ばせながら晩御飯の準備。
水炊きやら、馬刺しやら、辛子レンコンやら美味かった!サンキュウ!

そしてこっからがこの度一番の思い出。
泊まったロッジは3900円、素泊まりなんだけども。
天井にブワーーーーーーーッとテントウ虫!!!!!!!

奴らが電球へ降りてくる降りてくる。
その数、20~30匹。
タスマニアン駆除隊隊長は虫は苦手と言えども、背に腹は変えられないので格闘を決意。
ここに第1次テントウ虫大戦(LWⅠ)が勃発。
掃除機で吸い取ります。
電球に付いているテントウ虫を全て吸い取ってやったぜ。

しかし、恐怖はまだ終わりません!

10分もすると、電球に再度、テントウ虫の大群。
また吸い取る。
これがさ、吸い取ろうとすると、奴らも必死だから飛び回るわけですよ。
そんなことお構いなしのタスマニアン。
もう、こんだけテントウ虫がいると、楽しくてしょうがありません。
掃除機片手に大乱闘。
もう完全に気分はゴーストバスターズ。
鍋に入るわ、服に付くわ、コップに入るわ、大変なわけですよ。

そして第2次テントウ虫大戦(LWⅡ)が再戦。
烏合の衆に打つ手なし。

その後も第3次、第4次と戦いを繰り広げるものの、終結は見えない。
恐るべし、テントウ虫。
というわけでテントウ虫撲滅委員会を樹立します。

吸っても吸っても減らないテントウ虫を前に、人間の限界を思い知る。
そして車の中で寝だす女性陣も出てくるほど。
ん~、昆虫といえども侮れません。

そしてテントウ虫との闘いは続きつつ、次の日へと進むのでした。

続く。




今日の一言。
「様々な友人の運転を経験すると、運転の腕が解る。安心して乗れる人、そうでない人。それだけでも楽しかったぜよ」

              ♪ガッツだぜ!/ウルフルズ
[ TB*0 | CO*4 ] page top
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。