どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/05/31(火)   CATEGORY: 音楽
おいらの夢を叶える前に・・・。
福岡は天神に「福岡BlueNote」っていうお店がありまして。
知ってる人は知ってると思うけど、Jazzを聴かせてくれるお店です。

僕も去年の2月にバイオリニスト寺井尚子さんの「Jazz Waltz tour 2004」を聴くために行ったんだけど、BlueNoteという場所は実に興味深いところでした。

なんというか大人の社交場というか、本場のパブとはこういうものなんだろうと思わせる雰囲気でした。

しかしやっぱそゆとこは高いもんで、テーブルチャージ(チケ代)が大体6000~10000円。
料理やら飲み物やら頼んでたら最低でも一人15000円は見積もっとかなきゃ行けません!

お金を持ってる人しかいけない。そういった雰囲気を醸し出してました。
だからこそ大人の社交場って雰囲気がムンムンでぶんぶんよ。

そしてオレは思った。40過ぎてこういうとこ来れる人間になりてぇと。
ここに来ることは一つの成功の証であると。

しかし、40歳を迎えることなくこの夢は儚く消えてしまいそうです。
なんと「福岡BlueNote」、8月末で閉店とのこと。
本家と商標使用権の交渉が決裂したらしい。
2000年にも一度閉店してしまったけど、
そん時とは事情がちと違う。

というわけで、店名を変えて続けるつもりみたいですけど、
僕にとっては「Blue Note」ってブランドに価値がある。

そりゃ名前変わってもいいJazz(最近はJazz以外もやってるんだけどね)を聴けることにゃ変わりはないんだろうけどさ。

でも、たとえば「武道館」って会場があるけど、バンドマンにとってはちょっと憧れの場所だよね?
でもこれが爆風スランプじゃないけど「おおきなたまねぎ」じゃダメなんすよ。
武道館」って名前に価値がある。

我思う。「Blue Note」もこれまた同じ。

ま、こゆこというと「なんだステータスじゃん!」とか言われそうやけど。
なんとか存続していただきたい。もしダメだったら40過ぎて、大阪店か東京店にいったる!!!

福岡ブルーノートHP→ http://www.fukuoka-bluenote.com/fbn/top.html
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2005/05/30(月)   CATEGORY:
抱えちまった爆弾に。
えぇ、夏公演まで3週間半となりましたが、こんな大変な時期に爆弾発見!
1ヶ月ほど前から「なんか腰とか足痛てぇなぁ」とか思いよって、後輩たちの勧めもあり、本日病院へ

診察を受け・・・

レントゲンを撮られ・・・

診察室へと戻ったら、先生が開口一番「こりゃ生活するの大変でしょ」と・・・

「ん?もしや生活資金でもくれるのか?」と勝手に妄想してると、

「こりゃ『椎間板ヘルニア』だね」と。
おぉ椎間板ヘルニア、よく話に聞くねぇ。すげーすげー。
しかし、おいらが余裕ぶっこく以上に事は深刻らしい。
先生によると、「絶対安静、即手術」が望ましいらしい。

え?

手術必要なの?そんなひどいの?

しかし、本番まで3週間すよ。演出っすよ。抜けるわけにはいかないっす。
というわけで、なんとかリハビリで乗り切ろうと。もし手術するなら公演後にしようと思いまふ。

でも、今以上悪化したらマジで洒落にならんらしい。
この爆弾が不発に終わることを祈りまふ。

椎間板ヘルニアで23歳を迎えることになりそうです・・・。
[ TB*0 | CO*9 ] page top
DATE: 2005/05/29(日)   CATEGORY:
果ては地獄か天国か。
地獄は自分の過去の過ちを償う場所であり、実はすごく善な存在かもしれない。
一方、天国はのほほんとしているから、善人が行く場所だとしても堕落していく可能性があるから悪かもしれない。

地獄は善、天国は悪。まぁちっと極端かもしれないけどありえないことはないと思うんだよね。

昔、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を読んだときにそんなことを思ったのです。
主人公のカンダタは自分の後ろから上ってくる輩に向かって「コラ罪人ども」と罵っている。
いやいや君も罪人じゃん!悪いことしてんじゃん!
それなのに「罪人ども」って。そりゃ糸も切れるし、釈迦もキレるわ。
しかしその地獄から出なかったことはカンダタにとって良かったかもしれない。
まぁ、言うなれば、地獄は監獄、天国はビバヒルだよな。
もうビバリーヒルズ青春白書。
ほら、ビバヒルなんてみんな金持ってるからのほほんとして毎日パーティーだパーティーだって。
パーティー終わったかと思うと次は妊娠だ妊娠だって、もうブサイクな金持ちの道楽話もいいとこ。

それと比べて地獄は監獄。監獄ロックです。
プレスリーじゃん!プレスリーが悪なわけないじゃん!
というわけでビバヒルvsプレスリー。がぶりよってプレスリーの勝ちってなことで、地獄はあんがいいいところかもしれませぬ。
地獄だって酒は美味いし、ネエチャンは綺麗かもしれない。
僕はあえてフォーククルセイダーズとは逆の立場で行きます。
[ TB*0 | CO*5 ] page top
DATE: 2005/05/28(土)   CATEGORY:
彼らには今の日本はどう映るのか。
今だ真実は定かではないが、ミンダナオ島の旧日本兵の話。
戦後60年経ってもまだ戦争を続けていた人がいたとは・・・。
中国や韓国がやんや言ってきても「60年前の戦争をいまだに持ってくんなよ」とか思ってたが、彼らはまだ彼らの戦争を続けていたのか。
彼らがホントに生存しているか否かは判らないが、もしホントに生存していて日本に帰ってきたらなんと思うのか?
浦島太郎以上の驚きかもしれない。
彼らは今の僕たち若者を見てなんというだろう。
茶髪など意識にもなかった時代だろうし、彼らにとって僕たちは外人に見えるかもしれない。
とにもかくにも無事であってほしいよなぁ。
[ TB*1 | CO*7 ] page top
DATE: 2005/05/27(金)   CATEGORY:
今日から始めりゃいいじゃない!
まぁ、自分でも良くわかんないからとりあえずはテスト。
なんか最近周りがblog始めちゃったんで、おいらも負けじとblogデビュー。
しかしなぁ、以前立ち上げたHPもいまや廃業状態。いつまで続くやら・・・。
ま、とりあえずがんばりまふ。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。