どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/10/31(月)   CATEGORY:
ゴルフクラブと機関銃。

キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン

はい、授業始めます。
機関銃といえばセーラー服。
これを「薬師丸の定義」と言うのは周知の事実です。

しかし、本日はゴルフクラブと機関銃。
これを「タスマニアンの定義」とします。
はい、みんなー、これ今度のテストに出るぞー。メモっとけー!

さて、というわけでこの定義について説明しよう。
最近の女子ゴルフブームに影響され、本格的にゴルフを始めようと思い立ったタスマニアン。
以前もちょこっとやっていたのだが、打ちっぱなしでクラブを折ったのを最後に筆を置いた。いや、クラブを置いた。
がしかし、あれから数年、今ならできそうな気がする。
根拠はない。でも根拠のない自信が僕を駆り立てる。
根拠のない自信ほど強いものはない。しかし失敗する可能性も強い。
それはさておき、とりあえず実家にあったクラブやパターなどをもらった。

思い立ったが吉日がモットーのタスマニアン。
早速近日中に打ちっぱなしに行きたいと持って帰ろうとする。
裸じゃ運べないのでゴルフクラブを入れるバックももらった。
しかし、バックに入れるとなんだか筒状の黒い物体。
中に釣竿や竹刀が入ってても解らない。

そしていつものように高速バスに乗り込む。
高速バスの構造を知らない人のために説明すると、高速バスは路面バスとは違い、出入り口が前方一箇所しかない。だので、運転手さんの横を通らなければならないのだ。
そして運転手さんの横を通り過ぎようとした時、

「すいません、お客さん」
『はい?』
「失礼ですけど、それ、中に何が入ってます?」
『え?ゴルフクラブですけど・・・』
「あ、そうですか、不審物かと思ったので、すいません。どーぞ。」

運転手さんはこれを不審物と思ったらしい。
確かに最近はエアガンなどの犯罪も話題だからね。運転手さんが過敏になるのも致し方ない。
よく考えたら、ゴルフクラブ入れてますと言って機関銃を入れてても解らない。
しかし・・・しかしだよ、人畜無害の僕がバスジャックでもするように見えたのか?
とはいえ、最近は人畜無害な人ほど解らない世の中。
もはや人畜無害は人畜有害なのです。
しかも見えない有害だけに性質が悪い。
だので、これもまた致し方ない。

というわけで、ゴルフクラブを下手に持ち歩くと不審者に間違われる。
これを「ゴルフクラブと機関銃」とし、『タスマニアンの定義』といたします。
薬師丸の定義が「か・い・か・ん」がキャッチフレーズなので、
こっちは対抗して「か・ん・ち・が・い」をキャッチフレーズにします。
ん~リズムも悪いし、語呂も悪い!

キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン

はい、本日の授業、これにて終わり。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2005/10/29(土)   CATEGORY: 音楽
Swinging Popsicle「サテツの塔」
fennec.jpg

以前このblogで取り上げたことがあるけども、今日はSwinging Popsicleについて。
まずこのバンドの曲と出会ったきっかけは、レンタル屋だった。
当時「熱海殺人事件」という劇部の公演の演出をやっていて、音響を探していた。
芝居で使う音楽を探す場合、「EASY LISTENING」というコーナーから借りる。
インストルメンタルな曲が多くBGMに使うに邪魔にならないやつが多いので。
そしてそこにあったのがSwinging Popsicleの『Fennec!』というアルバムだった。
そして家に帰って聞いてみると、インストの曲は一曲もない。
おいおい、これは俺が求めてるCDじゃないよ!と激怒。
しかしそのアルバムは非常に良かった。
この紹介している「サテツの塔」に限らず他の曲も実に爽やかで軽快だ。
ボーカル・藤島美音子の綺麗な歌声が心地よい音楽を作り出している。
軽快なPOPロックで不快にならない。

あとで判明したのだが、どうやら店員の置き間違いで違うコーナーにあったらしい。
恐らく普通に棚に置いていても借りなかっただろう。

そんな素敵な偶然で出会ったSwinging Popsicle。
中でも好きなのは「サテツの塔」という歌。
1番と2番のサビの歌詞がとても好きだ。

砂鉄の塔 今は只 君と一緒に眠りたいと思うだけです
蹉跌の塔 今は只 君と一緒に眠りたい


砂鉄の塔 明日まだ 希望があるなら努力も厭わないつもりです
蹉跌の套 明日まだ 希望はあると思いたい


という歌詞。
昔、失恋したときにこの曲をよく聴いていた。
特に好きなのは2番の
「希望があるなら努力も厭わないつもりです」
という部分。

あの頃の僕はもっといい男になってやろうと誓っていた。
諦めの悪さはピカイチだ。
よく「彼女が幸せならそれだけで充分だ」という人を見る。
僕にはわからない。
むしろ自分以外のヤツと幸せになる姿なんて見たくないね。
自分が一番相手を幸せに出来ると思っているから好きなんじゃん。
相手を幸せにする自信がないヤツは相手を愛する資格はない。そう思うよ。
そしてまた彼女に振り向いてもらえるならば、そのための努力なんて惜しくはない。
希望があるかないかなんて僕には解らない。
でも希望があろうがなかろうが努力は惜しまない。
そう思い、聴いていた曲。
さぁ僕の努力が実を結ぶ日は来るのだろうか?
また君と一緒に眠る日は訪れるのだろうか?

どんなに先でも構わない。
僕の諦めの悪さはピカイチだ。
神様がもし存在するならば希望を与えて欲しい。


    ****************************

下の「More」で歌詞が全部見れます。
もし良かったらどうぞ。
あと、公式HPで視聴も出来ますのでそちらもよろしければどうぞ。

Swinging PopsicleHP→http://www.swinging-popsicle.com/



つづきを表示
[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2005/10/28(金)   CATEGORY:
再起できない再起動。
パソコンが壊れました。
だので、バイト先のパソコンから更新。
「チャンチャンチャンチャン」という立ち上げ音はするんだけども、すぐに再起動になる。
ほっといたら一日中再起動です。
再起動に再起動を重ねても良くならないんじゃ再起動の意味は何なんでしょう?
再起できない再起動。
なんかいいともの「身内自慢コンテスト」のキャッチフレーズみたいだな。
「筋肉のない中山きんに君」とかみたいなやつね。

というわけで暇を持て余しております。
んで最近はまっているのは『パズル推理ファン』というパズル雑誌。
M0004607.jpg

マイナーなんで知らない人が多いかもしれないけども、面白いです。
この雑誌の出版社はアダルト雑誌ばっか作ってますけど、パズルの腕もなかなか。
名前の通り推理パズルが載っている雑誌。
普通、ロジックやクロスワードの雑誌は2~3種類のパズルしか載っていない。
でも、これは数十種類のパズルがあります。
論理系、家系図パズル、マトリックスパズル、暗号解読などなど。
やってて飽きないんだよね。
それって暇つぶしにはもってこいだと思うわけ。

秋の夜長、パズルで頭を回転させるのもいいんじゃない?
[ TB*2 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/10/26(水)   CATEGORY: TV
言葉は文化の賜物。
以前からちょこちょこテレビなどで特集されている「なまら女子高生」。
果たしてこの呼び方が正しいかは解らないが、俗に言う『方言ブーム』。
言わずとも解る人多いと思いますが、あえて方言を使おうというもの。

どーやら、東京の人たちには解らない方言を仲間内で使うことで仲間意識を高めよう。みたいなことらしい。
いわば簡単な暗号といったところか。
まずその考え方が気に食わない。
「携帯を持ったサル」という本がありますが、現代人の心は貧しすぎる。
携帯というツールが普及してしまったがゆえに依存性が強すぎるのではないか?
依存性は強いくせに関係が希薄。
だからこういった特殊な言葉を作らなければ仲間意識を確認できない。
その程度の人間関係しか形成できないのだろうか?

そしてこの方言。使い方、イントネーションがめちゃくちゃ。
それに方言というものは各地の文化と密接に関係している。
例えば東北弁があまり口を開かずに喋るのは寒さのため、とかあるわけじゃない?
それを無視して、方言という特殊性ばかりに執着するのは木を見て森を見ていないのではないか?
きっかけとしての方言であり、そこから彼女達がその郷土の文化を学び取るならばよい。
しかしそういうわけではなさそうだ。

言葉というものは時代と共に変化をする。
だが、今の方言ブームというものは間違いなく一時的だろう。数年後に「そーいえば『なまら』とか使いよったよねー」などと言って笑うに違いない。
これは果たしてどうだろう?
たとえ東京の女子高生達が「なまら」と使わなくなったとしても、北海道の人は違う。
恐らく時代と共に変化しない限り使い続けるだろう。
なんか自分の郷土をバカにされている気がしてならない。

というか、今のこのブームという状態が方言をバカにされている気がする。
これは地方に住む者の劣等感から抱く不満かもしれないので考えすぎと言われるかもしれない。
東京という土地が地方を蔑ろにしている気がする。
だからそのマイノリティな地方の言葉をあえて使うということを自分達の優位性を確認するための手段にしているのではないか?
説明が難しいので例を挙げよう。
皆さんの身近にもあるのではないかと思うが、多少変わっている友人がいたとする。
その人を馬鹿にしたような言い方をして笑いあったりする。
「だってあいつ臭いやん」などなど。
こういったことは皆経験あるのではないか?
僕もあるが、そういった侮蔑のような笑いを取るのは大嫌いだ。
これはブラックユーモアとは違う。

僕は現在の方言ブームに同じものを感じてしまう。
地方を馬鹿にしてそれを楽しみあっている。
いや、本人達に馬鹿にしている気はないのかもしれない。
周りがやっているからやらなければというものなのか。
いずれにせよ、今の方言ブームに好感は抱けない。
『誰にも迷惑かけてないからいいじゃん』という人もいるがそういうわけでない。
人の家に土足で上がりこまれたような不快感を感じる。
それだけで充分迷惑だ。

まぁ、言っても年が明けるとこのブームも終わるだろう。
早く彼女達が正常な言葉(彼女達の標準語が正常か否かは疑問が残るが・・・)に戻ってくれることを切に願う。
[ TB*0 | CO*6 ] page top
DATE: 2005/10/25(火)   CATEGORY: 食べ物
秋の味覚。
鮭が食べたい。
しかし、グリルなんてない一人暮らし。
フライパンで焼くとニオイがつく。
それはいやだ。

というわけでホイル焼きを作ろうと思い立つ。
スーパーに行き、鮭を買おうとすると・・・国産がない。
探した挙句見つけた国産の鮭は100g298円。
おいおい、国産牛より高いじゃねーか!
というわけでチリ産に落ち着く。
3切れで198円。高くもなく安くもない。まぁ普通な値段。
あと、ニンジン・タマネギ・シイタケ・エノキを購入。

作り方。
1)ニンジン、タマネギは細切り。シイタケも程よい大きさに。エノキは下を切る。
2)アルミ箔を少し大きめに取り、油を引く。
3)アルミにタマネギを敷き、鮭を乗せ、塩こしょうを。
4)野菜をぎゃんぎゃん乗せる。カボスかレモンの薄切りがあるとGOOD。
5)料理酒をかけ、アルミ箔を閉じる。
6)フライパンを熱し、油を引き、5)のアルミ箔を乗せる。
7)弱火で15分~20分蒸し焼きにする。
出来上がり。

すると以下のような写真ができます♪
いや、写真はできません。写真のように仕上がります。
20051025212532.jpg


んでポン酢をかけていただく。美味い。
あとは炊き込みご飯も一緒にいただく。
ニンジンやたけのこなどの茹でたやつとめんつゆをご飯に入れればすぐできる。
今日は秋の味覚を堪能しました。

秋の夜長、料理に精を出してみるのもいいんじゃない?
[ TB*1 | CO*2 ] page top
DATE: 2005/10/25(火)   CATEGORY:
闇と沈黙。
ただいま4時半です。
眠いです。寝たいです。
でも寝れません。

それはある夜ベッドに入った時だった。
その日一日の疲れを癒すべく、静かに眠りにつこうとしていた。
闇に飲み込まれ、沈黙を受け入れるように切り替えていた。
と、窓の外から聞こえてくる打撃音。

ガガガガガガガガガ!!!

激しい金属音。
キンキンキンキン!!!

あまりにキンキン聞こえてくるので愛川欽也が夢に出てくるとこだった。
おまけにうつみ宮土理までゲスト出演する勢いだ。
いやいや、僕の夢にそんなおしどり夫婦は必要ない。
もはや闇と沈黙で重くなっていた体を起こし、外を眺める。

そこにはなんともデカイクレーン車が自慢げに存在していた。
やっつけ仕事の男性がドリルでアスファルトを切り裂いていた。
彼らはアスファルトと共に貴重な闇と沈黙をも切り裂いてしまう。

僕のマンションは幹線道路に面している。
最初は不慣れだった深夜の自動車音には慣れていた。
今ではすっかり睡眠のメトロノームだ。
しかし、いくら慣れたとは言え金属音に耐えうるほどの適応力は持っていない。

確かに昼間は通行の多い幹線道路。
夜にしか舗装工事できないことはわかっている。
しかし、理解と納得は違う。
幹線道路だからといって僕の夢の中に愛川欽也を登場させる権利はないはずだ。
僕は闇と沈黙を味わいたい。
闇と沈黙を噛み締め、消化し、新しい朝を迎えたいのだ。

この工事はしばらく続くらしい。
その間、僕の夢ではおしどり夫婦が空虚を作り出す。
そしておしどり夫婦のおしどりっぷりのみを夢の中で消化し、朝を迎えそうだ。
キンキンがニヒルな笑顔で「はい消えたー」と工事をどこかにやってくれないものか。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/10/23(日)   CATEGORY: 食べ物
残酷なソファーのテーゼ。
バイトの帰りにほか弁でから揚げ弁当(一個増量中)を購入。
帰宅し、さぁ食べようと思ったが、せっかくだし味噌汁を飲もうと決める。
インスタント味噌汁を棚から引っ張り出す。
「賞味期限05・09・16」の表示を見るも知らんぷり。
お湯を沸かして、さぁ飲もう・・・とした時に・・・悲劇は起きていた。

ここの記憶は途切れています。

・・・気が付くと味噌汁がソファーにブワァーっと・・・
「あっつ!!!あちー!」自分にも味噌汁がかかっていた。
慌てて雑巾を取り出し味噌汁をふくもなかなか取れない。
どんどんソファーにしみこまれていく。
いや、この場合ソファーは被害者なので、味噌汁はソファーに侵入していく。
それを食い止めることのできない、タスマニアン。
さしずめ、カトリーナの被害をどうすることも出来ない政府といったところか?

そして後に残ったのは味噌汁臭くなったソファーの亡骸だった。
誰か、この味噌汁のシミの抜き方教えてください。
部屋が・・・味噌汁臭い・・・。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/10/21(金)   CATEGORY: 音楽
ゲントウキ「いつものように」
この前アジカンの「君繋ファイブエム」を借りるためにレンタル屋に行った。
うんうん、これだこれだ。
さぁついでだし、いつものようにジャケ借りをしよう。
・・・と、レンタル屋をトボトボ歩いているとアジカンと似たようなジャケットを発見。
ゲントウキ?・・・知らないなー。
でも、この絵は知ってるぞ。中村祐介氏だ。
アジカンに提供してるのは知ってたけど他のアーティストにも提供していたのか。
というわけで即借り。

んで、帰ってアジカンよりも先に聞いてみる。
おっ、一曲目のイントロのピアノがジャズっぽくてめちゃめちゃ綺麗。
「ゲントウキ」という名前の雰囲気からちょっと騒がしい感じを考えていたが反対。
全然クオリティ高い。
恐らく「厳冬期」ではなく「幻灯機」から来てるのではないかと。
そのスライドプロジェクターから映し出される音楽は幻想的な雰囲気だった。
とても上質で洗練されたPOPで癒し系。
系統で言うと、キリンジとかが好きな人はいいんじゃないかな?

僕が一番好きな曲は「二人のカレーライス」という曲。
カレー好きな彼女のために食材を買って、家路を急ぐ途中を歌った曲。

今日は駆け足で家路を急ぐ。
いつもどおりの帰り道でさえ長く感じるよ。
ジャマばかり入るから。
上りの階段は一段飛ばし。

君の好物 カレーライス 僕が作ってあげるよ。
少し甘口 カレーライス 僕が作ってあげるよ、心を込めて。


って歌詞があるんだけど、なんかカワイイじゃないですか。
階段なんて大したものじゃないのにそれさえもジャマに感じてしまう。
なんか胸がキュンキュンしちゃう。
そのカレーが少し甘口ってのがまたカワイイですねー。
なんかすごい穏やかぁな関係なんだろうなーって思っちゃう。
これがもし辛口で、歌詞が

君の好物 カレーライス 僕が作ってあげるよ。
めっちゃ辛口 カレーライス 僕が作ってあげるよ、心を込めて。


だとなんか恨みを込めるのかなーとか思っちゃうよね。
だからここは甘口ってのがいいんです。
しかも少し甘口ってのが優しさを増さしてる感じがする。

他にもほのぼのーとしちゃう曲。
なんか切なくなっちゃう曲。
などなど盛りだくさん。
全体的にすごく優しい音楽多いです。
これはジャケットをアジカンと比べても解る。

ithumo-j.jpgjacket_m.jpg


左がゲントウキ。右がアジカン。
アジカンよりもほんわかして幻想的なジャケットが彼らの音楽性を表している。
POPが好きな人は聞いて損はないです。当たりです。

機会があれば芝居の客入れとかでも使いたいな。


ゲントウキHP→http://www.t-dust.com/~kenta/
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2005/10/20(木)   CATEGORY: 酒井香奈子嬢
大躍進。
すいません、大躍進したのはおいらじゃないです。

何度かこのblogで取り上げております私の友人であり、うちの後輩アルプスの同級生、酒井香奈子嬢。
なんと、この度公式HPが開設されたみたいです。
すげーなー。
一年前のE1グランプリで東京進出するとは言っていたけどもここまで躍進するとは。
今、彼女はテレビ番組1本とラジオ番組3本持ってます。

そして来年にはアニメデビュー!!!

「REC」っていうアニメらしいです。
そしてなんと声優デビューで主役「恩田赤」役!!!
ちなみにTBSで放送です。ビバ地上波!
すごいなー。ガンガンじゃんかー。
この漫画よく知りませんが、花見沢Q太郎という方が原作者みたいです。
杉作J太郎とは関係ないのであしからず。

兎にも角にも、彼女の活躍から目が離せません。
すげーなー。ビッグだなー。
これは声優雑誌の表紙を飾るのもそう遠くなさそうです。
というわけで、皆々様、彼女の活躍を楽しみにしましょう。

酒井香奈子公式HP→http://www.rams.jp/kana/
REC公式HP→http://www.tbs.co.jp/rec-aka/
[ TB*0 | CO*5 ] page top
DATE: 2005/10/17(月)   CATEGORY: スポーツ
というわけで敗退。
まぁ致し方ないだろ。
しかしあのチームはプレッシャーに弱いなぁ。
去年もレギュラーシーズン4.5ゲーム差。
ぎりぎりアドバンテージを得られず。
そして去年も今年も第5戦で敗退。
去年も一点差での敗退じゃなかったっけ?

まぁ、終わったことにウダウダ言っても仕方ないので気持ち切り替えましょう。
31年ぶりの優勝おめでとうございます。
確かに今年のロッテは強かった。
誰かが故障をしてもそれを補えるだけの戦力がある。
こっちは城島の怪我がやっぱ痛かったなー。


プレイオフでは松中が打てなかった。
確かに責任といってしまえばそれまでかもしれない。
しかし、レギュラーシーズンの活躍は立派なものだ。
だから彼を責める事はできない。

戦いはもう来年に向けて始まっている。
2年連続レギュラーシーズン1位もプレイオフ敗退。
来年こそが正念場だ。
頑張っていただきたいですな。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2005/10/17(月)   CATEGORY: 芝居
というわけでキスケ。


先日、友人の飼っているヒヨコ「キスケ」に会ってきました。
放生会で買ったらしい。
しかし、当時はヒヨコでもそれは生き物。
成長は必須です。これは生きとし生ける者の掟。
そりゃヒヨコのまま大きくなって欲しいけど、それはなりません。
というわけでもう1ヶ月くらいかな?
だいぶキスケ君も大きくなっております。
完全に鳥。
顔がスナイパーです。
でもまだ「ピヨピヨ」鳴くのね。
しかし、ヒヨコとニワトリの境って何処なんでしょう?
やっぱり「ピヨピヨ」が「コケコケ」になったとき?
しかしこの「コケコケ」と鳴くのはいつから?
起きたら突然!というパターンなのだろうか?
それとも「ピヨピヨピヨ・・・コケー!!!!」と突然変異のように変わるのだろうか?
この謎が解明されるにはもう少しキスケ君の成長を見守らないといけない。

ちなみに写真はキスケ君がまだヒヨコらしいヒヨコだった頃。
「コケコケ」と鳴きだしたら、このブログで成長の写真を交えつつその進化を検証したいと思います。

**************************************************************************

本日より、後輩「くらま」のブログ『まったりせいかつ』のリンク貼りました。
二十歳なりたて。
おいらの手術当日に見舞いに来てくれた優しき男です。
良かったら覗いたげてくださいなー。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2005/10/15(土)   CATEGORY: 芝居
というわけで旗揚げ。
以前からやるとは言っておりましたが、ついに決まりました。

劇団DUNJYAN旗揚げ公演「決してスーサイド(仮)」

会場は福岡恒例「ぽんプラザホール」
日程は2月27日、28日の二日間。

いやー。構想から結成までが長かった。
劇団DUNJYANを立ち上げようと話してたのは2年半前ですからね。
西南学院大学演劇部06期卒業公演も兼ねております。
しかし、おいらと主宰は卒業できない・・・。
ちなみに主宰は座付きでもある山本祐爾です。

しかし、不安なのは公演日が平日なのです。
いちお春休みじゃああるんだけども、あくまで大学のみ。
お客は集まるかしら?

とりあえずただいま鋭意練習中。
お暇な人もそうでない人も是非是非足をお運びください。
[ TB*0 | CO*5 ] page top
DATE: 2005/10/13(木)   CATEGORY: 新聞
年上が似てるのか年下が似てるのか。
今日の朝いつものように新聞を開いた。
まずは一面、社説、経済面・・・と順番に見ていく。

スポーツ欄。
ホークスが負けたニュースがでかでかと載っていた。
まぁ当然か。
苦虫を噛み潰しながらその記事に目を通す。
シーズン1位なんて意味がない。

そして三面記事に目を通しているとお悔やみ欄がふと目に入った。
「森進一さん」「東山紀之さん」
との記事。

え?

これってこんな小さい記事なの?

びっくりすぎるんですけど・・・。

と思いしっかり記事を読むと、同姓同名の別人。
しかも東山さんは「とうやま」とお読みするらしい。
しかも日銀理事などもやっていた大物。
森進一さんも関西医科大学の名誉教授らしい。
どちらも大物。
そりゃそよね。
ただ同姓同名ってだけじゃ新聞には載りません。

しかし、ここでふと思った。
この場合は訃報だが、似てる人ってのはどうなんだろう?
例えば誰か(仮に吉野さんとしよう)が「えなりくんに似てるよね」と言われたとする。
しかしそのえなりさんは自分より年下。
当然「自分がえなりくんに似てるのではなくて、えなりくんが自分に似ているのだ」という考えは浮かばないのか?
そりゃ先に生まれてるのは吉野さんだもん。
えなりくんが吉野さんに似たのだ。
だから本来は「えなりくんって吉野さんに似てるよね」と言われるべきではないか?

だが、ここで一つの問題が生ずる。
えなりくんに知名度はあれど、吉野さんに知名度はない。
当たり前か。
えなりくんは橋田ファミリー。
吉野さんはシルヴァニアファミリーを作っている(あくまで予想)。
橋田VSシルヴァニア。
がぶりよって橋田ファミリーの勝ち。
同じファミリーでも世界が違う。
だから吉野さん、貴方が「えなりくんに似てるよね」と言われるのは致し方ないことなのだよ。

まぁ解りやすく言えば、加勢大周と新加勢大周騒動があった。
あれは知名度があった加勢大周の勝利に終わり、新加勢大周は坂本一生になった。
知名度って大事だ。
そんなことをふと気付かれたある朝だった。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/10/11(火)   CATEGORY: 食べ物
スタイリッシュなボトル。
最近毎日一人で晩酌しております。
普段は芋焼酎しか飲まないタスマニアン。
でも家で一人で芋焼酎を飲んでたらおっさんですよ。
さすがにそれは回避したい。
だもんでどーせ飲むならスタイリッシュに決めたい。
見た目がスタイリッシュでなくても、自己満足に浸りたい。
ということはリキュール系のお酒だな。
っつーことでおいらが最初に買い求めたのはZIMAだった。
言わずもがな有名なお酒でございます。
しかし、ZIMAはあんま好きじゃない。
んじゃ、スミノフアイスを買おうとコンビニへ・・・。

ねーじゃねーか!

なんでも瓶に不具合が見つかったらしく販売休止だとか。
そんなもんすぐに直せるだろうがー!早よ販売せい!
・・・と一人コンビニで怒りに打ち震えるタスマニアン。

そこに綺麗な青い瓶が。
「SKYY BLUE」
初めて見ました。
瓶のラベルに書いてある説明書きを読む。
「アメリカで大人気のスカイウォッカを使った爽やかで新しい味わいのアルコール飲料です」
とのこと。なるほどね。
んじゃそのスッキリしたスカイウォッカを味わってやろうじゃないか!
というわけで購入。肴はさけるチーズスモーク味です。

そして帰宅。
まずはお気に入りのブルーべりーヨーグルトを食して一服。
んで風呂入って、さぁスカイウォッカの時間です。



グビグビ。



美味。やるじゃねーかサントリー。
グレープフルーツ味で爽やかスッキリ。
ウォッカとスピリッツとグレープフルーツとがばっちし合ってます。
そしてアルコール4%というビールと同じくらいがグッド。
これ、芋焼酎なら25%とかですぐにKOされますからね。

皆様も一度ご賞味あれ。
[ TB*0 | CO*4 ] page top
DATE: 2005/10/09(日)   CATEGORY: 映画
Mr.インクレディブル。



いろんな人から勧められちゃーいたんですが、なんてったってディズニー。
それだけで毛嫌いしてしまいます。
今まで唯一観たのは「101匹ワンちゃん」だったと思う。
それも別に見たかったわけじゃなくて新聞のおまけでもらったチケット。

そいで、よく行くビデオ屋が100円デーだったので借りてみた。

というわけで感想ですが・・・

おもしろさ           ★★★★
スピーディーさ        ★★★★★
満足度            ★★
エキセントリック       ★★★
ディズニーを見直した度  ★★

「おもしろさ」
文句ないです。今まで見たアニメーション映画でピカイチ。
インクレディブルを始めとするキャラクターがみんなきっちり立っていた。
アニメでもCGアニメってどーしても好きになれなかったんだ。でも違和感なく観れました。

「スピーディーさ」
展開も全く飽きない。
うまいこと事件だったりなんだったりと釘付け。
気持ちいいくらいの爽快さで目が離せません!

「満足度」
全部で115分らしいけども、「え、もう終わり?」といった印象を受けちまうほど。
それはおもしろい画ゆえに受ける印象なのだがね。
3時間くらいの大作にしてもっと話を伸ばしてほしいなー。
まだまだ観たいと思わせる作品。
続編とかないんですかね?
そゆ意味で満足度が2なのです。

「エキセントリック」
そりゃまぁ超人一家の話ですからね。
エキセントリックですよ。エキセントリック少年ボーイばりですよ。
しかもみんなのエキセントリックさがうまいこと噛み合って話が進む。
そのまた超人的な力も色々あって興味深い。
自分だったらどんな力を求めるかなぁーなんて意味なく考えてみたり。

「ディズニーを見直した度」
101匹ワンちゃんは悪いやつらをひどい目にあわせることはあっても殺さなかった。
インクレディブルも殺す気はないんだろうが、結構死んでる。
普通に映画としては何も問題ナッシングよ。
でもあれ?ディズニーってこんなんだっけ?
あんま殺したりとかないよね???
って他の作品観たことないんで解りません。イメージです。
だのでイメージが強いので見直した度は低いのだ。


総合的には十二分に満足いく作品です。
できる限り多くの人に見ていただきたい。
何かを学ぶ人もいれば、ただおもしろかったという感想の人もいるでしょう。
僕も学ぶことはありましたが、ただ面白かったの度合いが強いかも。
アニメーション映画苦手派な人々も満足いくはず。
良かったら秋の夜長のお供に加えてみてくだされ♪
[ TB*1 | CO*3 ] page top
DATE: 2005/10/07(金)   CATEGORY: ソネット
後ろ向きな昨日にサヨナラを。
ここ数日夢を見ていた。
それはとても素敵な夢でした。
しかし夢は夢。
どんなにその夢を見続けていたいと願ってもいつかは儚く覚めるのです。
夢から覚めたときそこに広がるのは群青色の空でした。
僕が生きているのは夢の世界ではなく現実なのです。
風が吹いても、雨が降っても僕は現実で生きるしかない。現実を選択するしかない。
現実の風は何を語るのか。
現実の雨は何を嘆いているのか。


後ろ向きな昨日にサヨナラを。
また来る明日にアイサツを。
儚い夢にサヨナラを。
きっと素敵な明日が来る。


人間、そやって生きてくしかないんだよね。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2005/10/06(木)   CATEGORY: 芝居
ポツネン。
お気に入りビデオ、ラーメンズの「第6回公演 FLAT」を観ていて思い出した。

12月に小林賢太郎のソロライブがあるのだ。
脚本・演出・美術・出演:小林賢太郎と多彩な彼を観れる。

今回のこのソロライブが行われるいきさつは、相方片桐仁がダブリンに出るからだろう。
果たしてコバケン一人でどこまでやれるか楽しみ。
ラーメンズのライブを何度か観に行ったが、片桐氏の独特な個性に頼っているとこは多い。
これは第11回公演『Tour cherry blossom front 345』のギリギリジンを観ても解る。
もちろんそれはコバケンが片桐氏の個性を理解して作っているネタだろうけれども、片桐氏と強烈な個性と、コバケンの緻密なネタとが噛み合ってラーメンズが出来上がる。
言うなれば片桐氏が麺、コバケンがスープといったところか?
スッキリ系の煮干でダシを取った醤油ラーメン。

果たして麺のないスープでどれだけのものが食せるのか。
この麺なしスープを飲み干しに行こうと思っている。


KENTARO KOBAYASHI SOLO CONTE LIVE 「ポツネン」
●日時:12月23日(金)19:00
    12月24日(土)14:00/19:00
    12月25日(日)14:00
 
●料金:前売4,000円 当日4,500円(全席指定・税込)

●場所:西鉄ホール
[ TB*0 | CO*5 ] page top
DATE: 2005/10/04(火)   CATEGORY: 映画
NANA。



観に行きましたよー。
原作・矢沢あい、監督・大谷健太郎の「NANA」。
有名なんで説明は不要だと思います。
僕は原作大ファンです。芸能界ということもあって
まぁ、前評判としては
「原作を読んでない人は楽しめるが、読んでる人は楽しめない」
という話を聞いていた。

んで観終わった後の率直な感想。
まぁまぁ面白かった。
こんなもんかなって感じ。

まぁ、よく2時間に収めたとは思うけども、ダイジェスト映画だね、こりゃ。
確かに涙する場面もちらほらとはあったけど、それは原作を読んでいて、各キャラの心情の変化だったりを解っているから。
原作を読んでなかったら、展開が速いのに、心情がついていってない感じがする。

ってか、何よりも役者陣の演技がビジュアル重視なのか、物足りない。
主要キャストに一人一言ずつ。

【ナナ・中島美嘉】
見た目は完璧。イメージ通りです。
だけど歌手としてのナナの雰囲気は出ていたが、ナナ特有の照れる可愛さや蓮の前での可愛さが見られなかった。
クールとキュートを使い分けていただきたい。
主題歌でもある「GLAMOROUS SKY」はすごく好きだが、彼女の声質はパンクじゃないと思う。
なんていうか、完璧を求める声質のために、パンクの多少壊れる感じがなかった。

【奈々・宮崎あおい】
一番雰囲気も出せてたし、奈々という役を我が物に出来ていたと思う。
でもナナに対する憧れというか好意をもちっと出してもいいかなと。
でも今作で一番クオリティの高い演技だったと思います。

【蓮・松田龍平】
鑑賞前に一番期待していなかった。というか、「蓮=松田龍平」というイメージがくっつかなかった。
でも、意外と雰囲気出せてたと思う。蓮のクールさとか。
しかし、これもキュート・お茶目さがちょっと欲しかったなー。
あとは体型の問題なのか、お腹がちょっとだらしない。
だもんで、上半身裸でギターを弾く姿があんま格好良くない。
やっぱ蓮は細身がいいよー。

【ノブ・成宮寛貴】
成宮クンって「なるみや」じゃなくて「なりみや」だったのね。初めて知った。
うん、かわいいね。でもノブにしちゃ目立ちすぎかな?
演技はうまいと思います。でも彼は主役よりも脇役とかエキストラとかが似合ってると思う。
だので今回はノブ役がちょーど良かったんじゃないかと。
特に異論無し!

【章司・平岡祐太】
パンフに本人のコメントとして
「『章司、なんなんだよ』って映画を観たお客さんに言って欲しい。」
とあったけど、お前の演技がなんなんだよ!って感じでした。
僕はお世辞にもうまいとは思えませんでした。棒読み。
スウィングガールズとか出てるみたいだから有名なのかな?
もし彼の演技が社会で評価されるんなら僕は間違ってるんでしょう。
なんかもう生理的に受け付けず、苦笑いするしかなかった。
前半部は彼の見せ場多いのに心情変化も解りにくかった。

【ヤス・丸山智己】
見た目じゃこの人も完璧。ってかスキンでサングラスなら誰しも似る可能性はあるんだが・・・。
演技とか雰囲気は出せてたと思います。
静かな演技だけど時たま「いいじゃん」って思うとこもあった。
ドラムをたたく姿もなかなか様になってたと思います。

【シン・松山ケンイチ】
え?なんでこの人がシン役なの???って印象。
シンに必要なのは可愛さと幼いながらもクールなとこ。
可愛さが全くない。ビジュアルにも演技にも。
ってか、段々彼の顔が工藤兄弟に見えてきたよ。
んじゃ楽器は出来るのか?と思うがベースがうまいわけでもない。
彼がシンをやるメリットは何?
彼の演じるシンとレイラがこの先結ばれるとは思えんぞ。

【タクミ・玉山鉄二】
かっちょええ。ってか出番ほとんどないし。
とりあえず最後は彼が持っていった感じだった。
彼の登場シーンにKOされた女性陣も多いのでは???
3枚目を演じるタマテツも可愛いが、2枚目を演じさせたほうが引き立つね。
今後の活躍に期待。

【レイラ・伊藤由奈】
綺麗やし、歌がバリうま!
しかも自分より年下だとは驚きなくらいの不思議な色気と魅力があります。
演技はセリフ一言しかないし、英語だったから解りません!

役者陣に関しては、といった感じ。
監督は僕の好きな映画「約三十の嘘」を撮った監督さんです。
あの映画は非常にうまい駆け引きや人間の心理をうまく撮れてたと思うだけに残念。
「約三十の嘘」と「NANA」とじゃ役者の質が違うから致し方ないのかも。
ライブシーンはなかなか格好良く取れてたと思うし、ポイントも押さえてた。
だけども、全体としてはちょっと残念な仕上がりです。

まぁ、続編もあるらしいので、観に行ってもいいんじゃない?
でもこの映画NANAを1500円出して観るんだったらその金で漫画喫茶に行き、NANAの原作を読破することとお勧めします。

※この記事はネタばれしていないと判断し、「追記」はしておりません
。あしからず。
[ TB*0 | CO*4 ] page top
DATE: 2005/10/03(月)   CATEGORY:
失恋の師。
誰しも失恋はしたことがあるだろう。嫉妬を抱いたことはあるだろう。
もちろん僕だって例外ではない。
容姿も良くはないし、むしろ失恋は多い方だと自負している。

そんな僕が失恋の師と仰ぐ人がいる。
まぁ、失恋に師匠という存在を置くのはおかしいだろうが、彼の言葉を読むと元気付けられる。
さてその師とは誰か?
それは「前田健」氏である。
そう、あややのモノマネで御馴染みの、女子高生の格好をしてマイアヒーなんて歌っている彼だ。
意外に思うかもしれない。
一般的な彼の認知は芸人だ。しかし彼は意外と隠れた才能の持ち主。

まず、モノマネがうまい。
これは隠されてない。

次に、ダンスがうまい。
意外と知られてないのだが、アメリカにダンス留学をしていたらしい。
だからちょっと太めの体型だがダンスはめちゃめちゃうまい。

そして僕が師と仰ぐ理由。失恋をいっぱいしている。
これはね、彼のHPのエッセイ「つぶやき」で解る。
真面目にくさい。でもグッとくる。
載せたいとこだがさすがに著作権がどうとかなりそうなので、HPで確認していただきたい。
恋愛に限らず、色々なことを彼の視点で語っている。
読んだときに「まぁ、そりゃそうだけど」って思う内容は多い。
でもそれをはっきり言ってのけることができるのは尊敬に値する。

すごい真面目な人間なんだなーという印象を受けるエッセイ。
そして何よりも誠実さを感じるのは、掲示板の書き込み一人一人にきちんと彼が返事している。
結構テレビで見かける人だから忙しいだろうにこれはなかなかできることではない。

かくいう僕も以前失恋したときに書き込み、返事をいただいた。
エッセイで力をもらい、掲示板では言葉をかけてもらった。
それでだいぶ楽になったのは事実だ。

興味がある人は覗いてみてください。
きっとアナタを勇気付けてくれるはずです。
ちなみに僕が好きなのは「いつか きっと」と「告白」ってエッセイ。

まえけん日和→ http://ganchan.milkcafe.to/top.html
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2005/10/02(日)   CATEGORY: 酒井香奈子嬢
喰えないラジオ。
10月1日25時より友人・酒井香奈子嬢のラジオ
「酒井香奈子のかなえて!シャイニング☆ドリーム」
が始まるとの情報を得ました。
ついに本格的に活動を始めたわけです。
アシスタントではなくいきなしのワンマンとはすごい。
これは聞かないわけにはいかないでしょう!

しかし、困ったことにこのラジオ番組は東京のTBSラジオ(954kHz)でしかやっていない。
ここは九州は福岡。
普通なら電波が入ることはない。
ふふふ、しかしこういうときのために高感度ラジオを持っているのだよ。
さて高感度ラジオとは名前の通り高感度です。
10年ほど前にラジオにはまって1万5千円で購入。
イマドキ1万5000円出したら最低でもCDとテープはついてくるでしょ?
でもラジオだけなんです。
だからどんだけ高感度かは値段で解って頂けるかと・・・。

22時ごろ。
そわそわし始める。「あと数時間で番組だー」とか思いつつ感謝祭を見る。
高感度ラジオあるからーと余裕ぶっこき。

24時ごろ。
残り1時間をきる。「あと1時間かー」とスーパーサッカー見る。アイマールはやっぱすげぇ。

24時40分ごろ。
そろそろ準備を・・・と思い久々に高感度ラジオを引っ張り出す。
スイッチON!・・・何も聞こえてこない。
電池を確認・・・入ってないー!
これは予想だにしなかった緊急事態。
電池買わなきゃ。

24時45分ごろ。
背に腹はかえられぬと近くのコンビニへ行こうと自転車に乗ると・・・タイヤがキュルルルと。



パンクしてるー!!!

昨日までは元気だったのに・・・このマンション、パンク事件頻発地帯。いたずらかよ!
致し方ないので原付でセブンへ。
・・・置いてない。
むきー!こうなったらドンキーじゃ!

ブイーン

ドンキー到着。
すぐさま単2(マンガン)を4本購入。ポッケに入れ家路を急ぐ。

25時5分ごろ。
帰宅・・・ぎゃー!もう始まってるぅー。
急いでラジオに電池を入れスイッチON!
・・・ブィ~~~
AM独特のノイズが部屋にこだまする。
954kHzにあわせてみる……聞こえない。
慎重にダイアルでその付近を回してみる。
なんか聞こえてきた。『もしや!』と思い耳を澄ます。
「・・・ニダ」。これお隣の国!

ダイアル回す
「・・・ニダ」

回す
「~ニダ」

されど回す
「・・・ニダ」「~ニダ」

回せど回せど聞こえてくるのは隣の国の人の声。
「ドラえもん、のび太とニダニダの応酬」って映画が撮れそうな勢い。
ってか、ニダニダうるせぇー!!!

ダイアルvsニダの格闘は30分近く続いたが、がぶりよってニダの圧勝!
全く聞けませんでした。
やっぱ福岡から東京のラジオを聴こうとしたのが無謀なのかな。
どう考えても隣の国のほうが近いニダ。そりゃ近い方を拾っちゃうニダ。

今日は夢の中でホント「のび太とニダニダの応酬」が上映されそうなくらいニダニダに悩まされたタスマニアン。
1万5千円でもニダニダには勝てませんでした・・・。

これぞ「ニダ虫を噛み潰す」と言うのでしょうか・・・お後がよろしいようでー。
ちゃんちゃん。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。