どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/11/29(火)   CATEGORY: TV
意外なとこに浅野忠信。
昨日の昼間、ボーっと昼の2時間ドラマの再放送を見ていた。
市原悦子がバスガイドで、その恋物語を描くという殺人が起きない2時間ドラマ。
ちなみに調べたらタイトルが「バスガイド愛子・これが最後の恋」らしいです。
今まで何度か愛子さんは恋をしてきたんでしょうね。
でもひとつ間違えばなんかAVのタイトルみたいですよ。
とまぁ、それはさておき、なんとまぁ、市原悦子の息子役で別所哲也(ハムのほう)と一緒に浅野忠信が出ているではないか。

僕の好きな映画にバタアシ金魚(原作・望月峯太郎)という作品がある。
これに関してもいずれここで書くでしょう。
確か公開は90年だったと記憶しているが、それにも浅野は出ている。
そのときの浅野は気持ち悪いくらいにガリガリで、声変わりもしていなく非常に高い。
でも、もう17くらいなんだよなー。声変わりしてないって???
まぁ、なんか声が高かったわけさ。
言われなければ浅野と気づかない。

しかし、このドラマは93年。
バタアシ金魚から3年経ってるわけです。
すると浅野君も声も変わっていて今の容姿をなしている。
髪ちょっと長め、目ちょっと細め、ヒゲ…はなかったな。
でも、ギターなんて弾きながら音楽を愛する少年役。
反抗期で親に歯向かう。それをとめるのが居候していて、このドラマの愛子さんの恋役・原田芳雄氏なんですが、彼はそんな原田芳雄氏をもボコボコにします。
腹をめっちゃ殴るのな。
なんかまぁ、それでなんやかんやあって解り合って、結局浅野は漁師になるんだけど、それはどーでもいい。
2時間ドラマに浅野忠信が出ているとは。
そゆふに、昔のドラマとか見てて、ちょい役で今じゃありえないようなキャストが出てたら驚きます。

あの、「鮫肌男と桃尻娘」の役のようなやんちゃさを持っていた。

でも、浅野忠信でも2時間ドラマの脇役とか下積みをしていた時代があったんだねー。
スポンサーサイト
[ TB*1 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/29(火)   CATEGORY:
学校の猫達。
本日はバイト先のパソコンから更新。

うちの学校には数匹の猫達が居ついている。
おいらの知る限り、3匹。
そして彼らに勝手に名前をつけている。

まず1匹目は白とグレーの猫。
その名を「ニャッコリーナⅢ世」。
こいつは学祭中に我が部のテントに入ってき、図々しくもコタツの中にまで忍び込んだやんちゃ君。
よく会館内をうろついてるのを見ます。一番ニャーニャー言う。
おいらが一番会話するのはニャッコリーナかな。

そして2匹目はミケの「にゃん太郎」。
こいつは一番人に懐かない。
食べ物は欲しがるが他のニャッコリーナのように媚びない。
ポリシーを強く持った野郎です。
だのであんまし会話したことはない。

3匹目は「カトリーナ」。
このカトリーナ、毛並みの関係でなんかふてぶてしく見える。
それに加えて目つきが鋭い。
だからカトリーナ。
一見、怖そうに見えるがなかなかかわいいとこを持っている。
あまり鳴きはしないが一番媚びる。
この前たこ焼きをあげました。
見事にタコを残して完食。
タコはカトリーナの口に合わなかったみたい…。
下の写真は暗くてちと見難いが、そのたこ焼きを食べるカトリーナ。
20051126202527.jpg

天然の毛皮を持っているとは言えども、冬は寒い。
だので彼らは会館やおいらがバイトしてる体育館などのドアが開いてると侵入してくる。
それを阻止するのも我らバイト生の役目。
でも抱きかかえるとやっぱニャーニャー言うのな。
でもね、やっぱ仕事だから致し方ないのよ。ニャーニャー言い返して納得してもらうしかない。
でもやはり僕の言葉は通じないらしく、ドアの前に座り込みこちらを見てニャーニャーニャー。
なんだかジャニーズの「ヤーヤーヤー」みたいですね。
はい、閑話休題。
ちきっしょー、ニャーニャー鳴きやがってかわいいじゃねーか。

はふ~、最近動物と子どもにめっぽう弱いタスマニアンです。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2005/11/28(月)   CATEGORY:
ヌイグルミと戯れる。
なんかタイトルだけ見るとすっげー暗い人間。
まぁ、実際問題暗いかどーかは別としても、今日はヌイグルミの話。

よく、ゲーセンに行くのよ。
UFOキャッチャーをするために。
そいでいろんなヌイグルミを取るわけさ。
ゲーセンでしか手に入らないやつとか結構あるし、しかも市販で買うと高いしね。
特にリラックマなんかはゲーセン限定が多いのよね。
比較的、得意なほうなのではないかと自負しております。
そいで特に気に入ってるのは以下の2つ。
20051123213510.jpg20050527071000.jpg

クリックするとでかくなります。
まず左側。ボンボヤージュのちびギャラリーのニワトリ。
800円もかかってしまった…不覚。どこが得意なんだってね。
でも、この「グワァ!」とか「ガーンッ!!!」って表情がたまりませぬ。
だからあえてアップめで撮ってみた。

右側はふもふもさんというキャラクター。一番お気に入り。
これは友人が偶然2個同時に取れたからもらった。
名前は付けてるけど、なんかこっぱずかしいので自粛。男のくせにキモイしなー。
腕はあえて組ませてます。普段はブラ~ンってなってる。

他にも部屋にはめっちゃヌイグルミがある。
この前もセル(ドラゴンボール)のフィギュアが取れた。
でもいらない。貰い手を捜しているが、みんなもらってくれない。
ネットオークションっても1つの手か!…売れるかな?
ってか、誰かもらって!!!
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/27(日)   CATEGORY:
電脳の箱に振り回される。
パソコンぶっ壊れました。
ここ1ヶ月ほどsafeモードで立ち上げてなんとか動いてくれていたんですが、もう限界。
どーやっても立ち上がりません。
本日は野暮用にて帰省中の実家にて更新。
膝の上に愛犬ジュンを乗せながらの更新。
キーボードが打ちにくくてしょうがない。

さて電脳の箱が使えなくなって困ることがいくつかある。
・脚本が書けない。
・インターネット出来ない。
・i-podの更新が出来ない。
以上、3つですがこれが困る。

まず脚本が書けないこと。
まぁ、別に遊びで書いてるんでいいんですが、入院中に書き上げた「DV戦隊バイオレンジャー」や「パンダ教」「喫茶店にて」などの作品がデータの中に…。

次にインターネットが出来ない。
これはマジで困る。携帯がある程度進化を続けていると言ってもまだまだ。
分析や調査が大好きなタスマニアンとしては、非常に不便。
例えば、どこかに行く時も全て現地をリサーチ。無駄のないように遊びたいんです。
それにblog更新も携帯で打つのはめんどくさい。
友人の日記もmixi利用者が多いのですが、携帯からじゃ閲覧できん。

i-podの更新。
今、ipodの中には666曲入ってるんですが、増やすことも減らすことも出来ない。
MDと違ってPCがないとどーにもならんのな。
ってか、修理してハードディスクのデータが消えるならば、666曲も消滅…。
マジ最悪です。

電脳の箱一つ壊れるだけで様々な障害が。
とりあえず早急な対策を講じねば。
[ TB*0 | CO*4 ] page top
DATE: 2005/11/26(土)   CATEGORY: 映画
春の雪。
haru.jpg
観に行ってきた。
全く情報も入れてなかったので、妻夫木と竹内結子が出ることくらいしか知らなかった。
2時間30分の話。

あらすじ。
時は大正。侯爵家の子息、松枝清顕(妻夫木聡)と伯爵家の令嬢である綾倉聡子(竹内結子)は幼なじみの仲だったが、聡子はいつしか清顕に想いを寄せるようになっていた。しかし、不器用な清顕はその愛情表現に対してうまく応えることが出来なかった。
そして清顕が気持ちをはっきり言わないので、2人は結ばれず、聡子は宮家の第3皇子・洞院宮治典王(及川光博)との婚約が決まってしまう。
さて、そこで自分の愛に気がついた清顕は聡子の恋文をネタに聡子を呼び出し、逢瀬を重ねる。聡子もやはり清顕に想いを寄せているのでその愛を受け入れていく。

といったとこか。前半説明文はYAHOOからの引用で、後半付け足し。

単純な感想としては、思ったより感動しなかった。
原作は三島由紀夫。僕はこの作品を読んだことなかったが、彼の作品らしく主人公が屈折している。
だから言ってしまえば「自業自得じゃん!」って感じ。
それをどこまで究極の愛だと言ってしまうか。僕にゃ究極までは感じれなかったなー。
彼自身、これが恋なのかどーかを悩んでいたということもあった。
しかし、すれ違いや誤解ってものは一度起こるとそれに気づくのはもう取り返しがつかない状況になってからなんですね。
清顕の友人が「君は不可能を相手にしているんだ。不可能だからこそ手に入れたいんだよ」みたいなことを言うんですが、それに納得。
究極の愛ってのは執着なんでしょうか???

それに輪をかけて妻夫木の演技がなんとも・・・。
彼はやはりウォーターボーイズやjam filmsのような、お馬鹿な高校生役が似合ってる。
今回の映画は変に時代を意識してか、外国戯曲のような台詞回しの不慣れさを感じた。

そしてラブシーンの連続。
その中でも妻夫木・・・
          上半身裸にサスペンダー!!!
え?それシャツだけ、どやって脱いだの???
ってかシャツ脱ぐときにサスペンダーはずさないの???
などなどツッコミを入れたくなってしまう。
ハッハー、オ笑イ種ダヨ!

観た後に知ったんだけど、これ行定勲監督だったのね。
他の彼の作品をスクリーンで観たことないから解んないけど、映像はめっちゃ綺麗。
演技云々、話云々は置いといて、大正という特殊な世界観、町並みなど細かく描けていたかな。
三島作品の言葉の華麗さをうまく映像にしていたのではないかと・・・サスペンダー以外ねw
だからこそ、エンディングは宇多田ではなく、もちょっと浸れる曲が良かった。

主役2人以外のキャストもなかなかです。
蓼科役の大楠道代さんの演技に圧倒されます。
すっごい心情が見えるのな。

この映画を観て、一番考えさせられたこと。
もし、自分の愛する人と一生逢えなくなってしまった時、どうするか。
それを考えると悲しくなってきました。
映画に感動したのではなく、自分の中でも妄想や想像で切なくなった。
僕は今、逢えなくなったら確実に潰れてしまうでしょう。
やっぱ俺、恋愛に生きる人間なのな。
そう考えると、ひと時ひと時を大事にしようと思う。

あれ?なんか映画の感想じゃなくなってるー。
まぁ、色合い・映像はすばらしいです。
ナンダカンダで160分の長さを感じません。
ビデオで観るよりはスクリーンをお勧めします。
僕はとりあえず原作読んでみることにする。

「春の雪」HP→http://www.harunoyuki.jp
[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2005/11/25(金)   CATEGORY: 映画
es[エス]
ケーブルでやってたので久々に観た。
2001年公開のドイツ映画。

ストーリーは、10数人を集め、看守役と囚人役とに分けて、擬似刑務所の中で2週間生活させ、それによって起こる心理変化などを研究しようという実験を描いた話。

実際に起きた話を元に出来ています。
現実の実験では死者などは出てないらしいですが、怪我人が出たらしい。

人間の脆さというか、環境や関係性などによる心理変化、態度変化をうまく描けている。

しかし、後味が悪い。しかも暗い。
人間っちゅー生き物がいかに怖いかっていうホラーです。
リングとかよりも怖い。
やっぱ一番怖いのは幽霊ではなく人間なんだね。
それが擬似刑務所という特殊な環境下や看守・囚人という特殊な関係性の下で、人間本来が持ちうる異常性が牙を向いてしまったのかな。
ラストがハッピーエンドで終わったのが、映画らしくて良い。
これでバッドエンドだったら救われないです。

グロいシーンなどもあり、目を覆いたくなる場面もありますが、見る価値アリ。
普通の人間の異常心理を観てみたい方は是非♪

es[エス]HP→http://www.gaga.ne.jp/es/
[ TB*1 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/23(水)   CATEGORY: 芝居
ダブリンの鐘つきカビ人間。
WS000001_3_thumb.jpg

行ってきました、メルパルクホール。
観て参りました、ダブリンの鐘つきカビ人間。
友人shidaとGピン(@部員)とバッサ(@部員)の4人で。

2002年に観に行って以来なので、4年ぶりになりますか。
6月にも取り上げたのだが、後藤ひろひと氏の脚本は笑いと感動のバランスが絶妙。
幾らか彼の作品を観たけど、ダブリンが一番好きです。
なんか他の芝居とは違う独特の雰囲気がある。
登場人物のキャラもしっかりたっている。
伏線も上手い。テンポも非常にいい。
展開の仕方は多少強引なとこもあるが、不思議と違和感を感じない。
それは観客はその雰囲気に飲み込まれていて、CASTの一部となっているからだ。
最高のファンタジー芝居です。

さぁ、というわけで今回の2005年版ダブリン。
主要キャスト4人が交代している。
まず主役カビ人間役の大倉孝二がラーメンズの片桐仁。
おさえちゃんが水野真紀から中越典子。
真奈美役が遠藤久美子から土屋アンナ。
聡役が長塚圭史から姜暢雄。
といった具合。

今回再演ということで、前回と比べての率直な感想ですが、一長一短。
いや、今回のもかなり面白かったッす。
でも、なんかネタにだいぶ力が入れられていたような気がする。
というか、初演も生で観たし、ビデオも数え切れないくらい見たので印象が強いのかも。
だからか、セリフを聞いてて、そこその言い方じゃない!って突っ込みたくなった。
とりあえず主要キャストの感想を。

【カビ人間=片桐仁】
ラーメンズのコントの見過ぎなのか?
観ていて「あ、今の言い方、あのキャラっぽいなー」とか思っちゃう。
カビ人間の切なさをもう少し演じれたら良かったかな。
あと芸人さんだからか、本能的に笑いを狙っちゃう???

【おさえ=中越典子】
個人的には水野真紀よりも好きかも。
ってかすごい綺麗ね、この人。惚れちゃう。
水野真紀よりも悲壮感がないのがちと残念。
でも初舞台にしては後藤氏の別作品に出てた長谷川京子よりも全然上手い。

【真奈美=土屋アンナ】
今回の変更キャスト組で一番役を自分のものに出来てるかも。
まずエンクミよりも声が聞き取りやすい。
これって地味だけど意外と重要。
そして歌うまいし、かっこ良い!
だから非常に冒険者といった雰囲気が出ている。
この人も初舞台。全然それを感じさせなかった。

【聡=姜暢雄】
この役者さん、初めて見ました。StudioLife所属なのね。
えー、長塚圭史の時と変わんないかな。
この役が彼である必要を特に感じなかった。
それなら長塚圭史を見たかったなー。
声がかすれて若干聞き取りにくかった。

【他の方々】
前回出演の方とそうでない方といますが、良かったと思います。
まず、市民達の小ネタが前作より面白かった。
橋本さとし、山内圭哉、池田成志、後藤ひろひとは相変わらずのびのびやってました。
中山祐一朗(@阿佐ヶ谷スパイダース)は侍従長役ですが、前回より良かった。
なんか前回はちょっと可哀相だったもんなー。

全体的に、ネタが充実しすぎて、前作のネタと感動のバランスがちょっと崩れていたかも。
でもやっぱ、いつの間にか目から何かが流れていた。
ネタの直後に重要な話に持っていくとこ、最後のシリアスな場面なのに侍従長の壊れっぷり。
やっぱこの芝居最高です。

そしてやっぱこの芝居には瓜生明希葉の切なく美しい歌声が合う!
以前も書いたとおり、放送部時代の後輩。
あの歌が涙を誘うんだよなー。

というわけでなんか不満が多いような書き方だけど、8400円以上の価値ありました。
カーテンコールも3回。
最後は池田成志氏(@大野城出身)と中越典子氏(@佐賀出身)が舞台挨拶を。
中越氏が「福岡の人は佐賀を植民地と呼びます」と言ったのが印象的でしたw
ダブリンは間違いなく後藤ひろひと氏の代表作。
また再演して欲しい。

そしていつものことだけど、長くてごめん。

ダブリンの鐘つきカビ人間→http://www.g2produce.com/g2p/dkk2/top.html

瓜生明希葉→http://www.equinox-j.com/akiha.html
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2005/11/23(水)   CATEGORY: 原付
修理より購入で。
っつーわけで、今日バイク屋に行って原付を見てきた。
しかし中古で4stというものが実に少ない。
大概が2stなんです。
2stは以前書いたとおり、初速が速いし燃費が悪い。
でも2stばかりが店先に並んでいる状況。
んじゃそん中から決めるしかないっつーことなんです。
ビーノ(YAMAHA)、TODAY、Dio、GIORNO(全てHONDA)などなど。
言うなれば、HONDAはドコモ、YAMAHAはau。

そして僕が買うことを決めたのはSUZUKIの「ヴェルデ」。9万5千円也。
SUZUKIは原付業界のボーダフォンってとこ。
このヴェルデ、今は生産中止になっております。

決め手は色、メットインスペース、価格、生産中止、SUZUKI、距離。
[色]深いブルーメタリック。渋め。
[メットインスペース]それなりに広め。配達のバイトをやっているので広くないといけない。
[価格]保険適応10万の範囲内で選ばなきゃいけないので。
[生産中止]別にマイノリティとか貴重性を重視してるわけじゃないけど、ビーノみたいなメジャーなタイプはイヤだ。
[SUZUKI]乗ったことない。周りに乗ってる人も見ない。あんま評価は良くないけど、業界第3位を応援w
[距離]よく見てないけど1500キロくらい。もしメーターが1周してて11500キロならば9万5千円という価格になりえないので恐らく大丈夫かと。

これからはこいつが僕の愛車となるわけです。
今まで世話になったクレアに感謝を言いたい。
そしてヴェルデによろしくを。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/22(火)   CATEGORY: 原付
購入か修理か。
先日ここでも書いたとおり、原付が事故にあいました。
そして今日、バイク屋から連絡がありまして、見積もりが出たそうです。
なんと・・・11万4千円
た、高い・・・。
でも、今回の事故の場合、僕は停車しているとこに突っ込まれてるんで過失ゼロ。
修理費全額向こうの負担となります。
しかし、保険屋さんはクレアの市場価格10万までしか出せないとのこと。
んじゃオーバーの1万4千円は誰が払うの?
と思い調べてみました。
民法上では保険範囲外は加害者負担になるとのこと。
そりゃそうですよね、突っ込まれて、オーバー分、自分で出せって言われても。

そして、バイク屋から打診されたのは保険範囲内の10万で中古車を買ってはどうかとのこと。
まぁ、そっちの方が早いからねー。代車代もかさまないし・・・。
しかし、僕の愛車(だった)クレア。
11万したんです。修理代と変わんないじゃん・・・。
2年乗ってますが、走行距離5000キロ。
5000キロって聞くと、すごいって思うかもだけど、そんなことないんです。
原付業界、一周(1万キロ)なんてざらみたいですから。

とりあえず購入か修理か、今日一晩考えて結論を出そうかなと思っております。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2005/11/21(月)   CATEGORY: 食べ物
お好み焼き「八昌」。
今日は僕の好きなお好み焼き屋の話を。
大阪風はあんま好きじゃありません。
でも高校時代に良く行ってたなー。
お好み焼きとクリームソーダ。このセットはかかせません。

さて、紹介するのは西新の福寿飯店近くにある広島風お好み焼き屋「八昌」。
福岡で様々なお好み焼き屋を巡りましたが、ここが一番美味い。
ター坊の居酒屋っぽい雰囲気よりも明るくて好きです
広島のお好み村の中にもある「八昌」の支店(?)です。
一時期は週2で通うほど行ってました。
うちの部員が一時期バイトしてたこともあって顔馴染み。
最近は忙しくて行けてなかったんだけど、久々に行って来た。
「〇〇さんに会ったら給料取りに来るように伝えてください」と言われたw

そして、メニューが増えてる。
お好み焼きメニューは変わらずなんですが、鉄板焼きメニューが増えてる。
しかし、学生向けの店ではないので、値段はちと高め。
それでもかきバターは食してみたいものです。
そして僕の一番のお勧めは「そば肉玉(780円)」。
基本中の基本です。
しかし一番美味い。そしてボリュームもある。
女性は2人で1枚でもいいかもね。
大量のキャベツがこれでもかー!!!ってくらいに入ってます。
お好み焼きは原価を抑えようと思えばいくらでも安く出来る。
でも、八昌は材料にこだわってるらしく儲けが少ないとのことw
お金に余裕があるときは「ネギかけ(210円)」します。
ネギかけというのはお好み焼きが見えないくらいの大量のネギがかかります。
これがまた美味。

損はさせません。
西新界隈にお住まいの方、一度行ってみてください。
[ TB*0 | CO*4 ] page top
DATE: 2005/11/20(日)   CATEGORY: スポーツ
レコバ。
recoba1.jpg

W杯の出場国が決まりました。
僕の好きなウルグアイは・・・オーストラリアとのPK戦の末に敗退。
残念すぎる。
何故、南米の数あるチームの中でウルグアイを応援していたか。
大好きなレコバがいるのです。

昔はフォーメーションサッカーをやっていたが、いつからかウイイレになった。
ウイイレ3が仏W杯と重なり、めちゃめちゃやりこんだ。
そして僕はインテルが好きになった。
そのインテルの中でも彼のFKは最高だ。
でも顔はかっこ悪い。
それは上の写真を見てもらえれば解ると思う。
なんつったってあだ名が「エルチーノ」だからね。
ちなみにエルチーノっての「中国人」と言う意味。
そりゃベッカムに顔は負けるけど、FKなら負けない。
その足技に魅了されウイイレにおいて、僕のチームでは彼が王様。彼を中心としたチーム作りをしていた。
そんな王様レコバがいるのがウルグアイ。
レコバはもう29歳。
今回を逃したことによりもうW杯で彼の妙技は見れないかもしれない。
でもこれからのウルグアイではクリスティアン・ロドリゲスに注目です。
まだ19歳だけども、将来的にはレコバの後を継ぐ中心プレイヤーに慣れるかも・・・。

まぁオーストラリアもキューウェルやブレシアーノなどのいい選手もいるからしょうがないんかな。

じゃあ、W杯はどこを応援すりゃいいんだ・・・。
レコバと同じくらい好きなアンヘル(アストンヴィラ)のコロンビアも出場していない。
トリニダード・トバゴなんて出すならば、南米チームを増やして欲しい。
っつーわけど、クリスティアーノ・ロナウドのいるポルトガルを応援しようと思います。

というわけで2006年ドイツW杯優勝チームを勝手に予想。

希望を含めてオランダ!
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/19(土)   CATEGORY:
年相応の異邦人。
今日は僕の文学史(?)の話でもしよう。長くてすまん。

小学生の時は「ズッコケ三人組」シリーズにはまっていた。
このシリーズの「ズッコケ株式会社」を読み、経済に興味を持った。

中学時代、深夜番組で江戸川乱歩の「人間椅子」を紹介していた。
それで興味を持ち、江戸川乱歩を読んだ。
今思えば、これが初めて触れた純文学だ。
それから高校卒業までの6年間図書委員にもなった。
図書委員は普通の生徒よりも優先的に好きな本が借りれるからだ。
そして色んな小説を読み始めた。
近代から外国モノまで。
三島由紀夫谷崎潤一郎などに出会ったのもこの頃。
三島の「毛皮のマリー」が最初に出会った戯曲だ。

その時最も衝撃を受けたのはカミュの「異邦人」。
全く意味が解らない。
主人公の心理変化、状況、事件どれをとっても理解不能だった。
当時の僕にはこの作品は難解だったようだ。
そして仏文学というものに嫌悪感を感じ、それ以来読むのをやめた。

中学の終わりごろ、エッセイばかりを読むようになった。
椎名誠原田宗典など。(ここらの作品を「あっさり系文学」と呼んでいる)
あの当時は他にも色々悩むことが多すぎて、頭が疲れていたのだ。
そしてそのあっさり系文学は中学と共に卒業した。

高校に入り、再び純文学を読むようになった。
この頃の愛読書は山本有三沢木耕太郎だった。
そして沢木耕太郎の「テロルの決算」を読み、自分と変わらないくらいの年で信念を貫いた山口二矢に共感し、右傾化した。
それから小説ではないが小林よしのりを読み出した。
ご存知の方も多いと思うが昔おぼっちゃま君で「ともだちんこ」とか書いてた人が「戦争論」を書いたのは衝撃だった。
それから右傾書を読み漁った。
赤尾敏を軽く尊敬していたからね・・・。
あの頃はそれが正しいと思っていた。

しかし、片方の主張ばかりを吸収するのは良くないと思い始め、違った本も読むようになった。
主に民青や連合赤軍などの学生運動関係の書が多い。

どちらも読んで思ったが、どちらの考えもありだと思う。
もちろん過激な行動などは非難すべきことだ。
どんな理由があれど戦争に類するものは良くない。
しかし彼らは信念を貫き、良くも悪くもこの国の未来を考えていた。
それが正しいとか間違いとかを僕に決めることは出来ない。
それが僕の出した結論だった。

そしてまた小説に戻った。
この頃、友人に勧められて榛名しおり先生の「マリア ブランデンブルクの真珠」を読んだ。
知る人ぞ知る、ホワイトハート文庫w
それから歴史嫌いの僕だったが世界史にハマッた。
色んな国を勉強した。おかげで世界史が得意科目になった。
一浪したとは言え、大学に合格したのは世界史の力によるものが大きい。
未だにムガル帝国・アクバル大帝大好き!である。

大学受験に失敗し、浪人生活。
一番本を読んだ1年かもしれない。
一人暮らしをしていたが、月3万(食費込)の生活費の中で節約し、BOOK OFF(博多駅前店)に行く毎日。
予備校授業後にそこに行くことが数少ない娯楽だった。
しかも授業で文学史をやっていたので、尚更読むことが楽しかった。
この頃の愛読書は田中英光「オリンポスの果実」。

そして僕の通っていた予備校は左傾で有名な予備校である。
戦争論をメチャメチャにけなす先生、太平洋戦争での人体実験を声高に叫ぶ先生。
この時に高校時代に得た知識が役立った。
そして先生と話すことが多くなり、ある企画に誘われた。
中国に行き731部隊の被害者に話を聞こうという企画。
未だに連絡はない。待ってますよー、辻野先生!(笑

希望の学部ではなかったが、大学に入り、ある先輩と出会った。
この先輩の読書量というものが漫画・小説含めてすごいもので、家に行くとズラーッと壁一面に本棚。
めぞんや萩尾望都、三島の不道徳教育講座など僕と共通の本があった。
その先輩から勧められて読むようになったのが坂口安吾
「絶対俺らみたいなのには彼の場末な文学があうって!」
と言われ「白痴」を読んだ。
面白い。個人的には「私は海を抱きしめていたい」という作品が非常に興味深かった。

そしてその先輩に勧められてもう一度カミュに挑戦した。
そう、中学時代全く理解できず、外国文学から離れたきっかけの作品だ。
あれから10年。確かに経験もあの頃より多い。
そして読んでみた。
「ママンが死んだ。」
あぁ、久々だ、この感じ。
読んだことある方は解ると思うが、淡々と物語は流れていく。
そして主人公ムルソーは殺人を犯す。
殺人罪の裁判が始まり、彼の前半の淡々とした行動が意味を成す。
彼の罪を裁くというよりも彼の人間性を裁く展開になるのだ。
そして動機を聞かれたムルソーの放った一言。
「それは太陽のせいだ」
中学当時、この言葉に深みも理由も解らなかった。
血迷った青年の一言だとしか思えなかった。
が、今回は違ったのだ。
あの頃は思えなかった感情というか様々なものが湧いて来た。
彼が何故そう言ったか、何を考えていたか。
あの時、気だるい印象で終わった作品に清々しさを感じた。

この先輩との出会いは演劇史だけでなく、僕の文学史にも刻まれている。
彼と出会わなかったら一生カミュは気だるい作家だったかもしれない。

今好きな作家は町田康伊坂幸太郎だ。
これからも色んな本を読むだろう。色んな作家と出会うだろう。
その度に新しいものを得たいものだ。

最後に坂口安吾より好きな文章を。
*************************
私は始めから不幸や苦しみを探すのだ。
もう、幸福など希わない。
幸福などというものは、人の心を真実なぐさめてくれるものではないからである。
*************************
[ TB*1 | CO*4 ] page top
DATE: 2005/11/18(金)   CATEGORY: TV
R-17。
B00005OLPW.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg

ドラマの話をば。
テレビ朝日のドラマは暗い。
刑事モノが多いというのもその理由の一つなんですが、意外と名作も多いです。
そして今日は「R-17」について書きましょう。
2001年の作品ですが、隠れた名作です。

このドラマ、主演は中谷美紀と桃井かおり。
中谷美紀といえばケイゾクという人が多いですが、僕はこれ。
ある女子高に赴任したスクールカウンセラーの話。
明るいドラマとはいえません。
扱ってる話題がセクハラ、自殺、同性愛、ドラッグなど重い話題が多いですから・・・。
でも、それゆえか、金八などよりも真実味があります。
ドラマゆえのうまい話のまとまり方や綺麗な感じがない。
栗山千明や三舟美佳らが生徒役で出ていますが、この子達の演技が素晴らしい。
汚い演技というか、体当たりな演技をやっております。
学園ドラマにありがちなお涙頂戴モノではない。
それゆえに観ているこっちも非常に辛くなる時がある。
でもそこがこの作品の良く出来た部分なんじゃないかと・・・。
心理描写というものがとても細かくリアルに描かれていると思います。
心の闇とかどーとか細かいとこは解んないけど、10代における難しい年頃って14と17だと思うのね。
その17歳にスポットをあてた作品。

お時間ある方は是非とも観てください。損はさせません。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/16(水)   CATEGORY: 音楽
「君にジュースを買ってあげる」byグループ魂
最近不眠症。
薬に頼ろうかと真剣に悩んでます。体が言うこときかないのよ。
1時過ぎにベッドに入っても眠りにつけるの6時過ぎだからね・・・。
だからこんな時間の更新。

ってなわけで、眠れないのでi-podを聞いてます。ただいま666曲。
ということで今週のタスマニアンチャート第1位を紹介。
グループ魂 「君にジュースを買ってあげる」。
これは2005年タスマニアンアワード理不尽部門にもノミネートされてます。
さすがはクドカンというか、歌詞が理不尽すぎる。
それを軽快なメロディにあわせて歌っております。
ちょっと氣志團みたいなメロディかな。
さてさてどのくらい理不尽かといいますと、まずこの歌は恋人の話です。

君にジュースを買ってあげる
月収10万以下だけど
君にジュースを買ってあげる
時々暴力ふるうけど
たまにジュースを買ってあげる
食事は君が払いなよ


といった具合。
そのくせ「恋ってやっぱりギブ&テイク」って言ってんだから理不尽極まりない。
3番まで来ると、この理不尽ももっと極まります。

エレベーターに乗るときは
僕がボタンを押してあげる
そのかわり、家賃とか光熱費は全部払ってよ!お願いしますよ!ごめんなさい


ときたもんだ。
そして「恋って当然フィフティフィフティ」とな。
関白というか、ほとんど拷問です。
それをジュースで正当化しちゃうこの男ってすごいなー。

この理不尽な歌詞を阿部サダヲがナイスなシャウトを交えつつ歌い上げます。
彦六氏からの情報では25日のMステに出演とのこと。
みんな要チェックやで~!
[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2005/11/16(水)   CATEGORY: 食べ物
鮭としいたけのチーズ焼き。
最近また料理を始めました。
そしてスーパーとかに無料で置いてあるレシピをもらってます。
その中で非常に簡単に出来る一品をご紹介。

鮭としいたけのチーズ焼き。(カロリー1人前189kcalらしい)

《材料(1人分)》
生鮭・・・一切れ。
しいたけ・・・1~2枚。
ピーマン・・・1/4個。
赤ピーマン・・・1/4個。
ピザ用チーズ・・・15g。
サラダ油・・・適当。
塩、こしょう・・・適当。

《作り方》
①しいたけは石づきを取り除き、粗みじん切りにする。ピーマンと赤ピーマンはヘタと種を取り、粗みじん切りにする。
②生鮭は塩、こしょうし、サラダ油を熱したフライパンに並べ入れて、両面をこんがり焼く。
③2に1を入れ、ピザ用チーズを全体に散らし入れる。ふたをして弱火にし、5分ほど蒸し焼きにする。

と言った具合。
ホント手軽に出来ます。準備含めて15分。
なんつったって粗みじん切りなんで適当でいいです。
鮭を焼いたら適当に野菜を入れてチーズ乗せて蓋して5分。
野菜をまいたけやエリンギなど入れてきのこづくしでもOK。
鮭を白身に代えて作ってみたけど、それもいけた。
例えば、味付けをカレー粉とかでも美味しく出来ると思う。
味のバリエーションは色々変えれるのではないかと・・・。
ホイル焼きなんかでもいけるんじゃないかな?
料理は無限大だ~!!!

お手軽に出来る一品。一人暮らしのかたは是非。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/15(火)   CATEGORY: 原付
代車来る。
っつーわけで昨日書いた通り、ハードラックと踊っちまったんで、バイク屋に。
バイク屋に事故の状況などを説明。
修理はフロントカバーやらなんやらを修理するらしい。
友人の話では4~5万、もしくはそれ以上ではないかとのこと。
はふ~。
修理がいつ出来るかも解らないので、代車を借りることにした。
ちなみに代車代1日500円。これも保険屋が払ってくれるらしい。有難い。
んで、借りれた代車は「Dio」。
ホンダ原付の代表格ですな。
ちなみに修理に出したのは「クレア
しかし、この代車、普通に店頭に売りに出されていたもの。
7万5000円くらいの品。
値札をはずし、鍵をさして「はいどうぞ!」って。
いいんすか?そんなもの借りちゃって・・・。

そして愛車クレアと代車Dio。
同じホンダでも決定的な違いがある。
それはDioは2スト、クレアは4ストなのです。
まぁ、僕自身この2ストと4ストの違いなんて難しいことは解りません。(こん平さん風w)
なんかエンジンがどーとか・・・?

でも、乗ったら解る。
おいらは違いの解る男。その名もタスマニアン。
クレア(4スト)は初速がゆっくり。加速がスムーズ。ブイ~ンって感じ。
Dio(2スト)は初速が速い。加速はあまり変わらず。ブィ~~~ンってなとこ。
だから慣れてないと、2ストの場合は初速で体が持っていかれる。
初めて2ストに乗った友人は初速に圧倒され、ガードレールだか電信柱だかに追突したらしい。
まぁ解る気がするわ。
クレアは思いっきし回せたけど、Dioは怖くて出来ないもんね。

とりあえず代車だから大事に扱わないとね。
下手に自分の原付乗ってるときよりも慎重運転になっちまう。
傷とか盗難とか気をつけなきゃだわ。
ここで一句。

  愛車より
    代車の方を
       大事にす。      

[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2005/11/14(月)   CATEGORY: 原付
巻き込まレール。
学祭の片付けも終わり、帰っていた時、その事件は起きた。
T字の道にて。
説明は難しいので省略します。

簡単に言うと、車に巻き込まれた。
そう、事故った。
原付のフロント部分大破です。
原付は車の下敷きになったけど、おいらは奇跡的に無傷。
それが何よりです。
しかも、おいらにゃ非がなかったので、修理代は全額負担してくれるとのこと。

っつーわけで、物損事故として警察を呼んだんだけども、事故で警察呼んだの初めてですよ。
原付乗り出して、数回事故ったことがある。

一つは自転車と衝突。
示談で警察呼ばず終了。原付と共に数メートル吹っ飛ぶ。
相手は無傷。自転車も問題ない。
でも、なんかあった時のためにいちお僕の連絡先を渡した。
その後「問題なかったです」と連絡をもらう。
・・・膝がハンバーグになっちまったよぅ。

二つ目は小学生を避けてこける。
道路に飛び出してきた小学生を避けようとして一人でずっこける。
雨だったということもあり、急ブレーキでスリップし、原付と共に吹っ飛ぶ。
小学生に被害は全くなかったので良かったが、その時の小学生の一言。
「めがね、落ちてますよ。」
いや・・・「飛び出してすいません」とか言って欲しかったな・・・。
・・・手のひらがハンバーグになっちまったよぅ。

そして今回は前述通り、車に巻き込まれ、原付フロント部分大破。
僕に被害はなかったが、原付の被害は甚大。
まぁ、かろうじて走れるだけマシというものか。

そして110番をして、警察に来てもらう。
おいらは悪くないと言えども緊張しちまいます。
意見に食い違いのないよう、わざとか否か、事故った相手とは離れた場所で状況を聞かれる。
もちろんありのままを話しましたがね。

中古車とはいえ、13万。
自分の中でかなり高い買い物であることにゃ間違いない。
しかし、自分の原付のパーツが道路に散らばってるのはいい気がしないね。
なんかすごく寂しくなっちまう。

でも事故った相手が非常にいい人だったので、迅速に処理できました。
なんかこっちが悪いなぁ~って気がしちゃうくらい。
とりあえず明日、修理出し行こうと思います。

しばらくは自転車生活だな。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2005/11/11(金)   CATEGORY:
笑ってはいけない学祭前日。
今日から学祭が始まりました。
うちの店は「団子汁」。
ん~、イマイチおいらは売れるとは思えないのだが頑張っていただきたい。
それはそうと、学祭は夜、店に泊まらなければいけない。
というわけで、男性陣で「笑ってはいけない学祭前日」を開催した。
どーいったものかと言えばテレビでやっているそれ。
「ガキの使い~」でやっているのと同じ。
主催は我々4年生。
参加は2年生と3年生。
要するに参加者が笑ったら我々が罰を下すわけです。
その罰とはテレビでは吹き矢やスポチャン(みたいなやつ)だった。
我々はカラーバット。プラスティックで出来たバットね。
そいで、参加者の中でTOPには賞品をあげようという企画。
ちなみに賞品はミニ四駆(モーター&オレンジのタイヤ付き)とセルのフィギュア。

主催である我々(3名)は参加者(後輩)を笑わかすために様々な仕掛けをする。
「ごっつええかんじ」のビデオやモノマネなど。
参加者達は負けじと笑わないように精神集中をする。
だからと言って会話に参加しない、顔を背けるなどは禁止。
開始してまもなく被害者が。
ってか、只でさえ学祭前日でテンション上がるのに、笑わないのもなかなかキツイ。
結構みんな叩かれます。
その度にカラーバットでケツバット。
これが地味に痛い。激痛はないものも鈍痛が続きます。
って、僕は叩くほうなんだけどね。

そして精神力。
もちろん笑いをこらえる彼らもキツイが、我々参加者も意外とキツイ。
ずっと彼らを見とかなければならないし、笑いを狙っていかなきゃいけない。
数時間で両者ヘトヘト。
しかも、参加者は慣れてきたらなかなか笑わなくなる。
僕らは笑いを取りに行く。でも笑わない。
すると、もしかして僕らは面白くないんじゃないか・・・とちょっと凹む。
それを察知してか否か「いや、いつもなら面白いんです。でも笑えないんです」と後輩からのフォロー。
それが逆に凹む。

そして深夜、学祭恒例(?)の闇鍋。
普通に鍋をして、半分ほど食べてから闇鍋用の具材を投入。
「ラッキョウ(汁含む)」「メザシ」「スルメ」「ドラ焼き」「マシュマロ」
など、様々な具材が投入され、だいぶキツメのニオイ。
ニオイには比較的大丈夫な僕ですが、これはダメでした。
甘い香りや酸っぱい臭い、生臭さなんかも加わりそのニオイは最悪。
生まれて初めてニオイで吐き気をもよおしました。
だので、一口も口に出来なかった。
だって、ドラ焼きはまずそうな汁をたっぷりと吸い、マシュマロは熔けてガムのように。
そんなもん食えるかー!!!
ってことで、僕はギブアップ。
しかし、皆は「ドラ焼き以外は普通に食える」とのこと。
おかしい。絶対におかしい。
その後、西新の外の空気が美味かったことは言うまでもない。

そして早朝、皆が眠りにつくと同時に「笑わない学祭前日」終了。
かなり疲れました。
でも、楽しかったなー。
また機会があれば是非ともやりたいもんです。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/10(木)   CATEGORY:
オムライスを食す。
20051110174741.jpg

学祭に行く前に、久々メイド喫茶へ。
そしていつもながらオムライス注文です。
ご存知の方はご存知なように、オムライスの上に好きな文字や絵を描いてもらえます。
最初は「世界征服」や名前などを書いてもらってた。
でも最近は浮かばないので「ひよこ」など絵が多い。
そして今日も絵を描いてもらった。
それが上の写真。ネコ。

いつもながらなんですけど、描いてもらった後、数分は食べれない。
そんな時友人に「なんで食べんと?」聞かれて答えた僕の一言。

『なんかオムライスを食べるっていうか、ネコを食べてしまうみたいで気が引けるんよ』

んじゃ、書いてもらうなよ・・・と自分にツッコミ。
次行くならば、もっと別のものにしよ。と心に誓ったタスマニアンでした。
ちゃんちゃん。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/09(水)   CATEGORY:
早朝の呟き。
今日とか明日とか永遠にこなけりゃいいのに…。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2005/11/09(水)   CATEGORY:
携帯と自分。
携帯というものを持ち出して、人間は脆くなった。
便利なのは承知の上。
人間本来の五感が鈍ったといっても過言ではない。
これは携帯に限らず、カメラ、ビディオの発展にもよるところが大きい。

例えば、旅行先。
携帯で思い出を撮る人々。
思い出というものを何かしらかたちに残しておける現代。
携帯を開けば、誰かの写真が入っている。
あの時の皆の思い出が入っている。
しかし、僕の中にその思い出はつまっているのだろうか。
写真やビディオを見なくても情景を思い出せるのか?
風景を思い出すことは出来ても、携帯に感情は記録できない。
デジタルという、小さなメモリの中に思い出が存在する。
僕という、アナログでもデジタルでもなく、唯一無二の人間。
その存在は何なのか?

例えば、駅のホーム。
気持ち悪いくらいに携帯をいじってる人々。
「寂しい」と思えば、誰かにすぐ電話できる。メールできる。
それで寂しいという気持ちを埋めてしまうことは出来る。
一時的な感情は満たされる。寂しいはなくなる。
でも、すぐに同じ感情が湧き、また携帯をいじる。

「寂しい」と思った時、自己の中にとてつもない孤独を抱き、それと戦う。
そしてそれに打ち勝たなければいけない。
それが、人間本来の姿ではないだろうか。

孤独で生きている人間はいない。
人が人として生活している以上、多少の係わり合いは存在する。

便利な世の中になり、何もかもが満たされすぎたのだ。
昔から人が一人で生きていたとは思わない。
しかし、デジタルの発展により、自己と向き合う時間が減ったのではないか?
自己を考え、自己を見つめ、自己を分析する。
そういった作業というものが圧倒的に少なくなった気がする。
少なくとも僕はそうだ。
誰かに負担をかけることで、自己の中にある何かしらの欲求や感情を軽減しようとしていたのだ。
それによって、何一つ解決になっていないことを解っていながらも。
自分と向き合うことで得られるものは多い。
それを得られるチャンスを無駄にしていないか。

他人に依存せずに生きていけなくなったしまった自分。
自己を見つめ直さなければならない時が来たようだ。
自己の苦悩、葛藤と向き合っていかなければならない。
己の寂しさを己で消化できなくなっていたのだ。

携帯電話を持ち出して早10年。
僕はこの小さな箱なしには生きれなくなっていた。
今一度、僕本来の感情を見つめなおす時間が来たようだ。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2005/11/06(日)   CATEGORY: 映画
インストール。
B00067HDXO.09.THUMBZZZ.jpg

借りてたDVD観ました。

インストール。
言わずもがな知ってる人、読んだ人多いと思います。
綿矢りさ原作の芥川賞受賞作品。
「蹴りたい背中」よりも面白いのは確実。

人生の目標もなく学校生活から脱落を決めた女子高生。
知識だけが豊富でクールな小学生。
この二人がひょんなことから出会い風俗チャットで一儲けしようという話。

現代においては実際にありそうよね。
「自分は特別」という意識を持ち続け、現実の自分とのギャップに苦しむ。
そして昔と比べ、インターネットの普及で知識というものだけが先行する。
そして自らでそれが何かを確かめることもなく、固定観念だけが植え付けられる。
これからの小学生なんかは変に賢くなってしまい、大人を蔑む。
それがいいかどうかは僕には解らない。
しかし、子供の頃に色々と知識を得すぎると感動を覚えない子供が出来てしまうのではないか?
それよりは田舎で鼻水垂らしながらカブトムシ取ってる小学生のほうが好感持てるな。

っと、さて、話を元に戻そう。
映像としての「インストール」。
原作は読んでたので、映像でどーいった世界観を作れるのかと期待して観た。
思った以上にいい出来だった。
原作の不思議なふわふわとした世界観、エロスの描写などが上手く描けていたと思う。
それゆえにちょっとダレるかも。
そこまでアーティスティックに作んなくてもいいのに。
TBSの深夜ドラマを映画にした感じか。
でもここ最近見た小説からの映画ではなかなかの出来ではないだろうか?
なんつったって演じ手が上戸彩に神木隆之介。
この二人の演技力は結構評価している(しかしあずみの上戸は最悪だった)。
上戸彩がこの役を演じたということが評価できる。
結構年頃の女優には言いにくいセリフもあったと思う。
そして神木隆之介。
彼はホント上手いね。
小学生でここまで演技上手い子役ってのは将来どうなるんでしょう?
是非とも只の人にならないように頑張っていただきたい。

ってなわけで、まだ観てない人、原作読んでない人、観る価値ありますよ。
[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2005/11/05(土)   CATEGORY: 芝居
見たり聞いたり。
最近の若い人に多い口癖。
というか、会話の切り出し方。
「面白い話なんやけどさー」
または語尾に
「ね?面白くない?」
といったセリフ。

うんざりしてしまいます。
話している本人が「面白いだろー」というオーラを出してくる限り、僕は対応するしかない。
たとえその話が「つまらん!」と思っても、のらなきゃいけない。
というか、そういった切り出しかたをする話ほど得てしてつまらん場合が多い。
年々、愛想笑いがうまくなってる気がします。

この切り出し方、常に疑問なんですが、何故自らハードルを上げるのだろう。
「面白いんやけどさぁー」って切り出されなかったらソコソコかもしれない。
だけども、自ら「面白い」と言ってしまうことで聞き手はある程度身構えてしまう。
そして案の定そこに繰り出されるのは面白くない話の連続パンチ。
それじゃあKO出来ませんよ。

あと、嫌いなのは「なんか面白い話ない?」という振られ方。
結構無茶振りです。
相手の笑いの嗜好がわかっていないと面白くないじゃないか。
しかも相手は身構えて聞くためにこちらはかなり笑える話をしなければいけない。
何故その人を楽しませるためにわざわざ知恵を搾らにゃいかんのだ。

これは演劇をやってる場合、話ではなくて、動きで要求される場合が多い。
「芝居やってるんですよー」
『へ~、すげぇー。なんかやってよー』
といった具合。
なんかやってよって何?
「芝居をやる人間は下衆だ」と言っている人がいたが、あくまで芝居。
僕は芸人ではない。
世間の人々は演劇をやってる人は芸人くらい下にいると思ってるのだろう。
まぁ、それは致し方ない。
しかし舞台上でならいざ知らず、何故何かをしなけりゃいけないのだ。
基本、脚本なり設定なりがあってこその演劇である。
エチュード(即興劇)でも設定あるっちゅーねん!

というわけで「芝居やってます」って人がいても
『なんかやってよー』
とか言わないであげてくださいませ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/03(木)   CATEGORY: 人物考察
杉村太蔵氏について考える。
一時と比べるとこの人への注目はだいぶおさまってきた。
バッシングの嵐を受け、それでもなおまだ自分の言葉で話しかける。
僕は全く持って政治家として問題ないと思う。
よく「政治家としての自覚」や「政治家としての資質」など言われているのを聞く。
果たして政治家としての自覚や資質とは何なのか?
お決まりの台詞で語ること?
「私は偉大なるイエスマンです」と偉そうに言うこと?
違うだろう。
政治家の本来の趣旨は我々国民が安心して生活できる社会作りである。
そのための考えを自分の言葉で語り、感情をストレートに表現する。
そこらの面白みのない政治家よりよっぽどましだ。
裏金を受け取ったのに「記憶にない」など言うような人々の何処に資質があるのか?

実際、彼の発言で国会議員の年収が2500万と知った人も多いだろう。
それだけでも意味はある。
料亭に行きたいって言うことに問題はないじゃない。
彼の給料の中から行くならたとえ税金でも問題ないわけだし。
BMW購入しようと問題ないじゃない。

何よりも今から一番大事なのは彼がいつまで彼でいられるかだ。
大仁田が怒っていた。「先輩議員に挨拶がない」など。
全く意味が解らない。
まず参議院が衆議院を教育しようという考えが解らない。
参議院など形だけの議会であることは今回の選挙でよく解った。
それに大仁田は郵政法案反対だったが、処罰が怖くて棄権した。
それの何処がかっこいいの?何処が政治家なの?
自分の意見を示さず棄権するヤツのほうが2500万をもらう資格はない。
挙句には、棄権しといてその後ハマコーに逆ギレ。
「親をねー、裏切れるわけないじゃないですか!(怒)」
え~、めっちゃOBにキレてるやん。
おいおい、だから君、そんな偉そうに言える政治家じゃないって。
スポーツ平和党行きなw
大仁田総統って呼んでやるからw

おっと閑話休題。
ニュースによると杉村太蔵氏の後見人が決まったらしい。
これから彼は政治家としての資質というやつを埋め込まれていくのだろう。
そして彼が自らの言葉で語らなくなったとき、2500万を支払う価値のない政治家となる。
まぁ、以前の反省会見を見る限り、こっぴどく叱られてもなお、自分の言葉で語っていたので大丈夫だとは思うが・・・。

彼は非常にアツい人間だと思う。
良かれ悪かれ当選した後のコメントなど聞いていてもパッションがある。
「料亭行くぞ!」
「BMW買うぞ!」
という熱がある。熱の種類は何だっていい。
動機がないと結果はない。
動機が問題なのではない。その動機がきっかけとなりどういった結果を残すか。
その何かに走らせる熱い思いが重要だ。
人間にとって何かへの熱が活力であり、それがある限りは走り続けられる。
そういった意味では彼のニート対策などの政策も期待しようではないか。
理論ばかりを並べて、最近の若者はあーだのこーだの言って解ったフリをしている人よりも身近な政治家じゃない?
彼があーいった風だからもし対面する機会があれば、怖気づかず、気を使わず本音でぶつかれると思う。

若手と言われる官房長官も50を過ぎている。
日本を作っていくのは半世紀越えの人々ではない。
我々の世代なのだ。
今どうにかしなければ100年後の日本はない。
そういった意味でも彼に我々の代弁者としての活躍をお願いしたい。

・・・そこまでは期待しすぎか。
まぁ、彼の成長を国民で見守っていこうではないか。
[ TB*1 | CO*5 ] page top
DATE: 2005/11/02(水)   CATEGORY:
漫画とビデオに浸かってます。
近所のビデオ屋のコミックレンタルが半額だったので行って来た。
でも気付いたのが閉店30分前。
チャリこいでダッシュで到着。
2泊3日で30円という安さに魅かれ、めちゃめちゃ借りた。
でも明日はずーっと座ってるだけのバイトだからいい暇つぶしになるな。

さあ帰ろうと思いふと時計を見る。
2時10分前。
この店は2時が日付変更線。
あと10分ほど待てばセールでレンタルビデオが100円になるぞい。
ということで松屋で時間を潰す。
晩御飯を食べていなかったので遅めの晩御飯だ。
しかしいつも思うが、松屋のサラダは冷たすぎる。
歯覚過敏の僕にはちょっと辛い。
まぁ自業自得ゆえの痛みなんですがね。
なんてカレコレ飯食ってると2時過ぎたのでいざ店へ。
なんか映画を10本借りるのもきついなーと思い、サクッと見れるやつを借りた。
・ラーメンズ第13回公演「Classic」
・ラーメンズ「鯨」
・さまぁ~ず 第4回ライブ
・オーシャンズ11
・オーシャンズ12
・Jam Films2
・インストール
・熱海殺人事件
・ファンタスティポ
と9本借りたった。
コントビデオが3本。さくさく観たいからね。
あと「オーシャンズ11&12」は観たことなかったのでちょい楽しみ。
なんつったって、マットデイモンが好きなんです。
あと「Jam Films2」はラーメンズが出てるというのもあってね。
「インストール」は原作を読んだので、映像がいかがなものかを検証したい。
「熱海殺人事件」は自分が演出で芝居をやったから、映画だけども本家はどーなのかと借りてみた。

んじゃ最後に、借りた漫画の中にあったちょっといいセリフを。
   
    ********************
       好きな人を
     つなぎ止めようとして
       そんなに深く
      考えもしないで
      「愛してる」って
     何度も言う人がいる-----

       でもボクは
        思うよ・・・・・・
       ホントに深く
       その人を思って
        いても・・・・・・

       やっぱり
      「愛してる」って
      心をこめて何度も
       言うんじゃないか
      ・・・・・・・・・・・・って。
    *******************
[ TB*0 | CO*4 ] page top
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。