どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/06/29(木)   CATEGORY:
天然というものの基準は何処にあるのだろう。
mixiにて書いたものをちょこちょこっと改訂&色づけ。
ちょいと長くなるかもしれませんがよろしければお付き合いください。

よく
「○○ちゃんって、天然やろー」
と言うのを聞く。
「天然」というものが何をもってそう言われるのかは未だ研究途中なのだが、とりあえず見方としては

・会話がうまく成り立たない(ピントがずれている)人
・勘違いする人
・理解が難しい人


まぁ、こういった感じだろう。
しかし、天然とは語りつくせないのだ。だからこそ天然なのだ。
恐らく、通常の人とは違う思考回路を持っているのだろう。
皆さんも経験あると思うが例を挙げてみることとする。

まず透羅(仮名)は華音(仮名)と会話をしていた。

透羅『ベッカムのFKってすごいよね』
華音「・・・え?あの汚れ。」
透羅『え???』
華音「いや、なんでもない!!!」

さぁ、この場合、何も繋がっていないようにしか感じられない。
しかし、これは華音の中では完全に繋がるのだ。

ベッカム→ベッカムヘアー(ソフトモヒカン)→ゴリ→カレッジセール→フリマみたいなもの→そう言えばこの前お父さんがフリマでソファー買ってたなぁ→なかなかいいソファーなんだけど、でもあの汚れがなぁ・・・

と、こういった具合。
それがポッと口に出てしまったという形なのだ。

他にも先日実際に行われた会話。

A『今日、(Cを指差して)こいつ誕生日なんだよ』
B「・・・Aさん!お金ください。」
A『WHAT?』

これは比較的理解しやすい内容ではある。
誕生日だと聞いて、プレゼントをあげようと思ったが、手持ちがない。
それで「お金ください」に繋がったのではないだろうか?
しかし本人は
誕生日→ケーキを買ってあげたい→しかし手持ちがない→お金ください。
ということらしい。結果的にはこちらの推測どおりなのだが、ケーキという点が違った。

さて、何故こうも会話を省くのか。
頭の中では自分の中で会話が進んでいるからに違いない。
そしてポッと出たその発言に至る経緯を話さないから理解がされない。
だから人々に『天然』と呼ばれるのだ。

ここからは天然という人間についての僕の定義についてお話しよう。
天然は2種類に分かれると考えている。

天然系天然(真正天然)
養殖系天然(偽天然)

といった具合だ。
読んで字のごとく、本物の天然養殖、つまり作られた天然とを分けている。

一般に「天然」と言われる人たちと対峙した際に必ずその人がどちらの部類に属すかを疑ってしまう。
天然自体は嫌いではない。むしろ興味深い存在である。
ただ、天然ぶってる人が嫌いなのだ。

まず簡単な見分け方。ネット上の自己紹介の欄に
「よく人から『天然』って言われるんですけど、自分じゃそうは思いません」
って書いてあった場合は間違いなく養殖系天然である。
大体、天然の人は自分が天然であることを絶対に認めようとしない。
確かにこの場合も認めてはいないが、暗に『天然』と言われることを誇りに思っている節がある。
それに加え、そのことをアピールしてしまう時点でもはや天然ではない。
それはただのブリッコ。いや、もはやサバッコだ。
天然であることで可愛く見られようという、こういった類の養殖系天然小倉優子的養殖系天然という。

しかし、養殖系は計算高いタイプばかりではない。
人と触れ合うことが苦手な人、人から嫌われることを極度に嫌う人達がいる。
自己防衛的養殖系天然と言われる部類。
このタイプは天然を装うことで嫌われまいとするタイプ。
人との接触を苦手としているために、意味不明な言動を使うことでそういった人間(天然)という仮面をかぶる。
そうすることで、万が一、他人から嫌われたとしても、そこに生じるのは「天然の仮面を付けている自分を嫌う人」というだけであり、自己は傷つかない。
それに、天然を嫌う人はまずは話しかけてこないので傷つく心配もない。
まぁ、この場合は、闇を隠すための天然なので、嫌うよりもその存在を認めてあげるべきだと思う。

さて、これらの養殖系天然の人たちを一発で見抜く方法は、本物の天然と対峙させることである。
同志だと何か通ずるものがあるらしく、本物同士は不思議と会話が成り立つのだ。
しかし、養殖系は戸惑う。
何故か、さっきまで天然だった(もしくは装っていた)人が急にしっかりしてしまう。
養殖系天然という仮面がはがれ、そこに生じるのは普通の、素の部分だ。

だが、この方法を試すのには難点がある。
大体、本物の天然をどうやって見つけるかということだ。
それが出来れば判別方法など必要ないのだ。
しかも天然の人を常に連れて歩くわけにはいかない。

天然
昔よりも言われる人数が確実に増えたのは偶然なのか?
いや、これは我々にも責任がある。
最近はちょいと解らない所がある人をもう「天然」と位置づけてしまうのだ。
そうすることで
「天然だから」
と相手を解ろうとせずに、理解不能なジャンルに押しやってしまう。
要するに「天然」と呼ばれる人たちが増えたのは我々が、以前よりもきちんと相手と向き合おうとしていないからなのかもしれない。

おしまい。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2006/06/27(火)   CATEGORY:
リョコウバトは人類の行く末か?
ある小説に登場した鳥。
名前の通り、旅行をするかのごとく渡る鳩。

なんとこの鳩、50億を超える数が生息していたと言われているらしい。
僕の読んだ小説のタイトルにもなっているが、アメリカの鳥類学者ジョン・ジェームス・オーデュボンは1813年にこの群れがケンタッキー州を通過するのを目撃し、「3日間途切れずに通過した」と日記に記しているらしい。
空は3日間真っ暗だったとか。

50億。

とてつもない数である。

さて、それではその50億のリョコウバトはどうなったか?
オーデュボンが日記に書いた時からわずか100年余りの1914年、9月1日午後1時に絶滅したのである。
50億も存在していたのに、見事に消えてなくなった。

原因は何か。
我々人間である。
50億もいるのだ。
3日間も空を覆いつくしているのだ。
それを撃ったところで減るわけはないと高をくくっていたのだろう。
それに加え、リョコウバトの肉が美味かったのも彼らにとっては不運だった。
カラスのように不味ければ、そこまでされなかったのかもしれないが・・・。
そしてギャンギャン、撃ち落されていったのだ。
そりゃそうだ。
空に猟銃を放てば、落ちてくる。
そんな簡単な狩りはない。

しかし、このリョコウバトの繁殖能力は非常に低かった。
一方ではギャンギャンと撃たれ、おびただしい数が減少する。
対して、繁殖率は低いために、増加はしない。

そうしていつしか、数えるほどしかいなくなってしまったのだ。
前述どおり、1914年に最後の1羽が死に、絶滅した。

今現在、人類は55~60億人、生息していると言われている。
そう考えると、人類のほうが多い。
文明の発達と共に、医療も進んだ。
伝染病なども並大抵のことでは拡がる心配はない。

「鳩より人間のほうがずっと強いじゃないか。それに、リョコウバトが人間に撃ち落されて減少したのなら、人間を撃ち落す存在がいない限り、人類が滅亡する可能性はない!」

とかのワーグレイが言っていた。
あぁ、なんと彼は愚かな人間なのだろう。
久々に彼にはがっかりだ。

人間を撃ち落す可能性が最も高い存在。
それはウイルスもしくは人間そのものである。

人類にとって一番の脅威だ。
医療の発達と共に増したのは寿命だけでない。免疫力の低下を招いたのだ。
人間本来の持つべき力が失われてきている。
他の生物のように自力という言葉を今の人間は知らない。
それは人類が賢すぎるが故の誤算だ。
薬で治る。それにより、治癒能力は劣る。

対して、ウイルスの強力性は年々増している。
そこに対抗できるべき力は今の我々には持ち得ない。
「ワクチン」という名の秘密兵器が必要なのだ。
テポドンなんて開発している場合じゃないですよ。

よって私はこう考える。
人間が絶滅するとき。

・戦争
・過去に例のない伝染病が蔓延
・食糧不足

この3つの要素が絶妙に絡み合ったとき、人間はこの地球上から姿を消すだろう。
しかも伝染病のウイルスは人間が作り出したものより、発生するに違いない。
例えばそれは細菌兵器だったり、クローンの研究だったり。

食糧不足だって、遠い話ではない。
年々、地球上では7000万人以上の数が増えている。
このペースだと2050年には90億人を越すらしい。
ということはあと100年もしないうちに100億人を余裕で超えるのだ。

果たして、人間は100年後に、100億を超えているのか?もしかすると地球上に存在しないかもしれない。

どうなるかは神のみが知っている。

人類補完計画はあるのだろうか?
[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2006/06/17(土)   CATEGORY: 芝居
銀河を駆ける旋律の紡ぎだす物語。
来週後輩達が夏公演

「銀河旋律」

を公演する。
言わずもがなキャラメルボックスの代表作。

高校生達が大会でやるであろう既成作品第1位(想像)。

既成作品には本当に規制が多い。
セリフを変える時は一文字一句送って来いだの、ナンダノカンダノ。
そりゃまぁ、書いた本人が言ってるんだから致し方ない。

果たして、高校生が多くやるであろう作品をわざわざ大学生がやるであろうというその必要性を出せるのだろうか?

高校演劇との違いを明確に打ち出せるのか?

そこが気になるところではある。

ちなみに個人的には新入部員の佐々木君のナルティシズムな演技と安蒜君の芝居を壊しかねない自由な演技に期待したいところだ。
もちろんそれ以外にも注目したい魅力的な役者がいっぱい!
VIVA!新入生!

<以下、公演の宣伝>

2006年6月
夏季定期公演

『銀河旋律』

作・成井豊 演出・上野詩織

6月22日(木) 17:30開演
6月23日(金) 17:30開演
6月24日(土) 13:30開演&18:00開演
※開場は開演の30分前となっております。
場所:西南学院大学内西南会館三階大集会場
料金:前売券:300円  当日券:500円

公演、演劇部についてのお問い合わせは<seinan_act_club@yahoo.co.jp>までお願いいたします。


暇な方は観に行ってあげてくださいな♪
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/06/06(火)   CATEGORY: TV
スカッと爽やか。
最近、コーラのCMがお気に入りです。
クレイジーな剣さんが出ていたのも好きですが、今のさんまさんが出ているやつは特にいい感じ。
さんまさんのあの陽気で飄々とした感じがコークの具合とマッチング。
見ているだけで爽やかになります。
まぁさんまさんが好きってのもありますがね。

話を変えるとさんまさんが昔から好きです。
どうすれば付き人になれるかと本気で考えた時期もあったほど。
あの話術、雰囲気、リズムなど学ぶべき点は未だに多い。

と話はずれてしまったが、さんまさんのCM以降コーラを飲む機会が圧倒的に増えた。
まんまと商業戦略にひっかかっている自分に乾杯!

PS、パソコンが修正不可能に壊れたのでしばらく携帯より更新。
よって更新頻度が落ちますのであしからず。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/06/01(木)   CATEGORY: TV
何故そういうことになるのかな?
友人宅でお留守番をしていたときの話。

玄関のチャイムが鳴る。

ピンポーン

留守番といえども、家にいる人間は僕一人なので出るほかない。
するとそこに待ち構えていたのはそう、あの会社の人。

すいませーん、NHKですけれども

と社員証(正確にはアルバイト証なのだが)を見せてくる。

おぉ、来たか。
暇つぶしには持って来いだ。
NHKの徴収と宗教と新聞勧誘は僕にとっていい暇つぶしになる。

しかし、ここはあくまで人の家。
僕の家ではない。

家主の振りをして彼(徴収人)と論じてもいいのだが友人がNHKに対してどういう考えか解らないのに勝手に断るのも申し訳ない。

残念だが、ここは引くことにしよう。

すいません、僕、留守番の者なんですよ

至極当然なことである。
僕は留守番以外の何者でもない。
しかし次に彼から出た言葉はこれだった。

留守番の方でもいいので契約の手続きお願いいたします

WHAT?
何をおっしゃるうさぎさん!
留守番の人間に手続きをしろだと?

ここでカッチーンと来たタスマニアン。

いやいや、ちょっとそれはおかしいでしょ。
僕はあくまで留守番であって、家主の意思も解らないのに何故僕が手続きをしなきゃいけないんですか?
家主から何の権限も与えられてない僕が契約できるわけないですよね?


まぁ、当たり前のことを言ったまでですよね。
これじゃNHKは子供しかいない場合も子供にも契約させるぞ。
怖いよー、NHK。

徴収人も納得してくれたかどうかは解らないけど

家主の方は何時ごろお帰りになるのでしょうか?

とのこと。
ん~、そんな細かいとこまで解らない。
でも夜遅くであることには間違いない。

12時とか過ぎると思いますけど・・・

では、また其の時間に来させてもらいます

はい?
深夜12時過ぎに来るですと?
そして契約しろと言うのですか?
それはほとんど嫌がらせですよ?
またもやカッチーンとタスマニアン。

深夜に再度来るってことですか?
言っておきますけれども、そんな時間に来るなんて非常識ですよね?
そんな悪質なやり方で契約を迫るならば不退去罪か恐喝罪でしかるべき処置を取らせていただきますので、どうぞお引取りを


と言ってしまった。
ギャー。
人んちだからやめようと思っていたのに・・・。
しかし彼(徴収人)は「致し方ない」と思ったのか否かは解らないけど帰っていきました。

暇つぶしにはなってからいいとするか・・・。




今日の一言。
「徴収人の『学生さんは8月分をサービスしますんで』っていうのが全く持って意味が解らない。それは公平なのか?」
[ TB*0 | CO*3 ] page top
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。