どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/09/29(土)   CATEGORY: 音楽
Gershwin & Brahms Night。
アクロス福岡に


山下洋輔&大山平一郎 指揮
大阪シンフォニカー交響楽団
Gershwin & Brahms Night


を聴きに行ってきました。

オケを聴くのは大阪で聴いたズービンメータ指揮イスラエルフィル以来。
それに比べればちょっと見劣りのするオケですが、なによりも山下洋輔を聴きたかったので。
というのも、浪人時代、河合塾の計らいで福岡校では山下洋輔のコンサートがありました。それを観た時にものすごい感激しました。
あと、小倉校では教室でピアノを弾き、現国の原田先生が舞踏を踊ってました。
あの時、初めてジャズと舞踏というものと触れた。
というか、世界的なジャズピアニストをわざわざ浪人生に聴かせてくれる河合塾ってすごいな。
とか、色々な懐かしさも含めて、観に行こうと。
S席でも4000円というリーズナブルさ。

曲目は

J.シュトラウスⅡ:喜歌劇「こうもり」序曲
G.ガーシュイン:「ラプソディー・イン・ブルー」
(休憩20分)
J.ブラームス:交響曲 第2番 ニ長調 Op.73
(アンコール)
A.ドヴォルザーク:「スラブ舞曲」


でした。
ちなみにお目当ての山下洋輔は2曲目のみの登場です。
シンフォニックジャズ。
意外と見たことなかった組み合わせ。

こうもりは最初にはもってこいの長さと陽気さがありますね。

2曲目のラプソディー・イン・ブルーは言わずもがな素晴らしかった。
シンフォニックジャズの代表曲だし、聴けば「あー」と思う方も多いはず。
山下洋輔は肘を使って鍵盤を弾く位トリッキーなタイプなので、なかなか激しい弾き方をします。
一方、この大阪シンフォニカーもパンフによると「情熱の音」と言われるくらい激しいオケ。
確かに「こうもり」ではそう言われる所以を感じました。
でも、この曲においては主役である山下洋輔を引き立てるためにかでしゃばり過ぎない優しい音色で、でもしっかりジャズしててそれがマッチしてとても心地の良いものでした。
とても65歳とは思えないパワフルさを持ってます。

でも、休憩を挟んだあとのブラ2(ブラームスの2番)の第2楽章はちょっとメランコリックで眠かったです。
でも、指揮の大山さんの十八番みたいだし、あの第4楽章の盛り上がりはとても力強くて壮大で好き。さすがは「情熱の音」を奏でるオケです。
田園交響曲と言われるとおり、ただおだやかなだけじゃなく様々な表情を見せてくれる。
恐るべしブラームス。

とりあえず全体的に有名な曲だったのは高得点かな・・・と。

半年振りのコンサートでウキウキしながら帰りましたとさ。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2007/09/21(金)   CATEGORY:
今日は登校日なんだ。
今日は登校日なんだ…
今日は登校日なんだ…
今日は登校日なんだ…
今日は登校日なんだ…

まだまだ続くよ夏休み… みんなで行こうよ青い海…
すいか割り… ビーチバレー… たぁのしいぞぉ~…
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2007/09/17(月)   CATEGORY: 音楽
一万年と二千年前から愛してるぅ~。
八千年を過ぎたころから、もうどうでもよくなったぁ~。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2007/09/14(金)   CATEGORY:
はしゃぐと出てくるいろんな不安。
はしゃぐ25歳。

それ自体に別に問題はない。

しかし不安が・・・。

・いつまでこの体格ではしゃげるのだろう。
・25歳になってまで10代以上にはしゃいじゃっていいのだろうか。

などなど。

でも合宿楽しかったなー。
最近飲み会とかも参加してなかったからなーんか久々にいろんな人とじっくり話したよー。
[ TB*0 | CO*5 ] page top
DATE: 2007/09/03(月)   CATEGORY: 食べ物
打倒ドトール?打倒スタバ?
さて、何の話か。
最近オープンして話題を集めている「マックカフェ」。

まだ福岡には残念ながらオープンしてないけども、来年中には出来る予定らしい。

さて、そこで、聞きたい。
マックカフェに興味はありますか?

マックといえばハンバーガー。
しかしこのマックカフェにはハンバーガーは置いてない。
中心メニューはクロワッサンとエスプレッソコーヒーとのこと。

値段は300円前後。

僕はファーストフードのコミュに入っているのだが、そこでのマック人気は非常に高い。
モスやフレネスのほうが味は美味しいとみんな認めている。
じゃあ何故マックが人気なのか。

それは値段である。

500円台でハンバーガー、ポテト、ドリンクというリーズナブルさ。

しかし、マックカフェは前述の通り、300円前後。
パンとコーヒーを頼めば600円を超える。

完全にドトールと同じラインということになる。

しかしマック=コーヒーが不味いというイメージが強い。
コンビニでドトールやスタバのコーヒーは買うが、これに「マックのコーヒー」という商品が並んだ時にどれくらいの人が飼おうという気になるのだろうか?

イメージというのは根強いもので、マックは安いというイメージが強い。
実際、モスとそんなに値段が変わらないのにマックが支持されるのもイメージが強いと思っている。

まだマックカフェに言ってないのに、こういうのもなんだが、値段が同じなら僕はドトールに行くだろう。

値段を上げたり下げたりして、迷走を続けるマック。

さて、このマックカフェは、マックの救世主となれるのだろうか?
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2007/09/02(日)   CATEGORY: スポーツ
2000本ってすごいことなんだぜ。
2000本。
え、そんなん、年200本打てば10年で達成できるやん!
と思うかもしれないけども、すごいことなんです。

前田智徳、2000本安打達成!
史上36人目。プロ18年目、通算1895試合目での達成。

0901_maeda_top.jpg

彼のすごいところは、怪我にも負けずここまでやり遂げたということ。
90年  11本
91年 107本
92年 152本
93年 158本
94年 158本
95年  22本
96年 124本
97年 116本
98年 169本
99年 118本
00年  62本
01年  8本
02年 130本
03年 124本
04年 127本
05年 172本
06年 148本
07年  94本(9月1日現在)

この記録を見ていただけば解ると思うが、デビュー年の90年は別として、95年と00、01年が極端に落ち込んでいる。
95年には右アキレス腱を断裂。
00年には左アキレス腱を断裂している。
そう、両足のアキレス腱を断裂しているのだ。
怪我をする前までの前田は3割30本30盗塁も達成できると言われていた。
その大きな怪我以外でも様々な怪我に悩まされていた。
メジャーでも通用する男と言われていたし、実際それだけの素質があった。
イチローが尊敬する選手。
それ以外も待ち球がなく、来た球を打つ。HRを打っても首を傾げる。
と様々な逸話がある「天才」だが、すごく努力する人でも有名。
「天才は1%の才能と99%の努力である。」なんて誰かが言ってたけど、まさにその言葉がふさわしいひとだった。

その努力が一つの形となった。

ヒーローインタビューにて
「こんな選手を応援していただいて有難う御座います」
との言葉。
貴方はどこまで謙虚なのですか。
「天才」と言われるのを嫌った男。

非常に前田らしい右翼へのヒットでの達成。
本当に、本当におめでとうと言いたい。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。