どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/05/16(金)   CATEGORY: 旅行
長崎の残響。
5月15日は創立記念日で学校はお休み。
せっかく平日のお休みなのにダラダラするのは勿体無い!
ということで、長崎に『福山雅治「PHOTO STAGE Ⅲ~残響~」』を観に行って来た。
これまで、長崎出身でありながら長崎にあまり興味がないように見えた福山雅治。
まぁ、「さだまさし」っていう長崎を代表するアーティストがいるから、比べてみたらそう見えちゃうだけで、浜崎あゆみだって、氷川きよしだって福岡でなんかしたかっていうとライブくらいのもの。
その福山が軍艦島を撮ったというのもあって、興味があった。

写真展はなかなか面白く、1000円という価格に見合うだけの価値はあったのかなと。
でもどっちかってーと、被写体としての福山雅治って写真のほうが多かったかも。
しかしなにより、植田正治の写真はやはり素晴らしかった。

開館時間:午前10時~午後8時(入館は閉館30分前まで)
開催期間中の休館日:4月14日(月)・5月12日(月)
入場料:一般・大学生1000円、高校生600円、小学・中学生300円

というわけで興味の或る方は是非。



つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2008/05/12(月)   CATEGORY: 食べ物
1,2のサンドイッチ。
最近、天神に新しく出来たSUBWAYによく行っています。
ちなみに場所は昭和通りの天神3丁目バス停を降りてすぐ。

サブウェイといえば、スペースワールド内で食べてたイメージだったけども、その頃とだいぶイメージが変わっている。
「なんだかアメリカン」な雰囲気ごり押しだったが、最近は野菜を押し出しているみたい。
『毎日に野菜をはさもう 野菜のサブウェイ』って言ってるくらいだし。

北九州にいた人間としてはやっぱサンドイッチは「OCM」なのだけど、福岡にない以上はしょうがない。
だったら、チェーン店といえど、九州には1店舗しかないし、野菜一杯食えるしということでサブウェイ。

サブウェイのお気に入りなところ。
・店舗内で焼いてるパンが4種類から選べる。
・パン食だと不足しがちな野菜がどっさり入ってる。
・目の前で作ってくれるから安心。
・野菜がシャキシャキ。シャカリキではない。
・好き嫌いに応えてくれて「多め」「少なめ」などの注文が出来る。
・ドリンクがセルフ。だからSサイズでも目一杯入れればMサイズくらいある。

ってな具合。
まぁ、値段はやっぱモスくらいはするよね。
でもマックも最近高いし、あんまし変わらないと思う。
クーポン使えばドリンク付きで500~600円くらい。
クーポンなしでも一番安いのは290円で食べれます。
そして美味しい。
ドトールのミラノサンド食べるならサブウェイのがお勧め。

しかし、前述の通り、九州で1店舗。
ということは天神に行った時しか食べれない。

西新に作ったら、西南の女子学生たちはお金持ってるから(イメージ)、きっと流行ると思うんだけどなぁ。
店舗の広さからしても、修猷館向かいのセブンあたりに出来るといいんだが・・・。

HPのクーポンを持ってけば、2人で好きなサンド+ドリンク(S)で1000円というお得なセットもあります。

福岡の方、天神に行った際は是非。

SUBWAY HP→http://www.subway.co.jp/index.html
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/07(水)   CATEGORY: 音楽
2008年のHIGHER GROUNDはすごいぞ!!!
もうすぐ夏なんだなぁ。

ということはそうです。チラホラと野外ライブの情報が出てくる時期でもあります。
福岡の人間として気になるのは今年のハイアーグラウンド2008の顔ぶれ。
そう、今年も例年通り、海の中道で行われます。

7月26日(土)
アンジェラ・アキ、電気グルーヴ、My Little Lover、マキシマム ザ ホルモン、レミオロメン


7月27日(日)
THEイナズマ戦隊、the pillows、湘南乃風、東京スカパラダイスオーケストラ、FUNKY MONKEY BABYS、Base Ball Bear

といった具合。

まず初日。
マキシマム ザ ホルモンはポイント高いですねぇ。そして一般層を取り込むためにもレミオロメンとか、昔からの音楽ファンのために電グル。
そしてアンジェラとマイラバ。
どっちかってーと、後者の2人はしっとり系担当?
昔は一青窈も出てたしな。確か、そのときは台風で中止になった気が・・・。

そして2日目。
俺は確実にこの日、行きたい。
なんせ!大好きなthe pillowsとBase Ball Bearが!!!
去年はBase Ball Bearはオープニングアクトでの参加だったけど、今年はメインのほうに入ってる!
聞きたい!!!
それ以外にもスカパラとか湘南とかイナズマ戦隊もいる!
あと、FUNKY MONKEY BABYSのDJの人のパフォーマンスを見たい。
MステとかでもまともにDJアクトやってるの観たことないし。

両日共に
開園 9:00/開場予定 11:00/開演予定 13:00/終演予定 20:20
と長丁場になるし、トイレとか食事とか色々大変だけど、行く価値アリ!?

興味の或る方は是非参加してくださいな。

HIGHER GROUND 2008 HP→http://www.kyodo-west.co.jp/higherground_2008/index.html
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/02(金)   CATEGORY: 映画
産卵中のシャケみたいな顔でユーモラスじゃん。
話題(?)の映画、『うた魂(たま)♪』を観に行ってきた。
少林少女」を観に行こうと思ってたんだけども、評判イマイチだし、やめた。
そいで、どーせなら観たかった『うた魂♪』を映画の日だし、観に行こうと。


映画の日だし、多いんじゃないかなと思ってたけども、上映開始から1ヶ月近く経っているのもあって20~30人くらい。
ってか、ホークスタウンの映画館は基本的に人が少なくてよい。業績的にはそれじゃダメなんだけども。
19時上映で16時くらいにチケットを買っていたこともあり、かなり観やすい場所だった。

さぁ、上映開始。

【あらすじ】
高校女子合唱部のかすみは、歌っている自分が大好き。
ある日、イケメン生徒会長から「歌っている君を写真に撮りたい」と言われ、自分が好きなんだと有頂天になる。
しかし、出来上がった写真を見て大ショック。歌っている自分がこんな顔だったなんて。
生徒会新聞にその写真が大きく使われ、悲しみと自信喪失で合唱部を辞めると言い出す。
しかし、かすみのやる気のない態度に、ヤンキー高校の合唱部から文句をつけに来た男がいた…。


王道というか、いわゆる青春ムービー。
主人公がそれまでやってきた合唱で挫折というか自信喪失を味わい、そこから自己を見つめなおし、成長していく。
前半部分は驚くほどコメディ要素が多い。
「舞妓Haaaan!!」で使われてたテロップが出てきたり、主人公のかすみ(夏帆)がアホーな子であることを心象付ける時間が20分くらい。
それから、かすみが自身の歌うときの顔がこんなのだったのかとショックを受け、自信を失くす。
正直、このあたりでちょっときつくなって時計を見た。45分。
そこで登場するのがゴリである。ゴリは最初に5分くらいしか出てなかったが、久々の登場。
しかし作品自体がコメディな雰囲気を醸し出してるから、ゴリ達のマンガのような見た目が意外と違和感なく観れる。
そしてゴリ達が尾崎豊「15の夜」を合唱・・・というか熱唱。
そこで観ているほうも気持ちが切り替わりグングン引きこまれ、それからの1時間20分を最後まで楽しく観れた。
まぁ、最後は大団円という感じだったが、こういった青春映画はそうあるべきなのだろう。

夏帆の演技はやはり上手いんだと思う。
アホーな感じを見事に出していたし、口角というか唇の筋肉が発達しているのかな?
細かい表情の演技が出来ていた。
あと、脇の子達が見たことある子が多くてなんだか嬉しかった。
例えば、夏帆の親友役であった徳永えりさんなんかは「フルスイング」というドラマで生徒の中心的な役割をしてた子だし、ライバル役の岩田さゆりさんなんかは「金八先生」のヤヨ役の子だった。

こういう映画は、コメディ要素多めの中でも、観てる人間が
「あぁ、自分も当時はあれを頑張ってたなぁ」
と自分に置き換えて見せれるほうがいいと思う。
恐らく、涙するのは「その頃の自分」と重ね合わせてのものなのだろう。
そのためにも、主人公以外の周りの人間との関係性が如何に自然に見えるかなのだ。

そういった意味では、脇を固めていた人たちはその役割を果たせていたと思う。

なんか、見た後に、カラオケに行ってハモリたくなった。そんな映画。
もう終わってるとこも多いけど、9日までやってるとこもあるので、お暇な方は是非。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/01(木)   CATEGORY: 食べ物
チョコレイトはロッテ、森永、明治!
mixiとブログとやっていると軽く二股状態みたいになってしまっている。
ダメダメ。

ちゃんと両方を使わないと。

ってか、mixiのほうは比較的どうでもいいこととかかけるんだけども、ブログのほうは僕にとっては世界に配信されるつもりで書いているので、あまり気軽にかけない。

「よし書くぞ」

ってな具合に気合を入れないといけないのである。


というわけで、今日の御題。

ロッテと明治と森永の板チョコでどれが一番美味しいか食べ比べてみた。
まず全てのチョコの主要栄養成分(ガーナは70グラムのため、65グラムで計算しての算出)

ガーナ(65グラム)
熱量     363.99944kcal
たんぱく質 4.82g
脂質     22.28g
炭水化物  36.12g
ナトリウム 39.92mg

明治ミルクチョコレート(65グラム)
熱量     363g
たんぱく質 5.0g
脂質     22.6g
炭水化物  33.7g
ナトリウム 39mg

森永ミルクチョコレート(65グラム)
熱量     370g
たんぱく質 4.7g
脂質     23.1g
炭水化物  35.3g
ナトリウム 38mg


ロッテ「ガーナ」
売り文句は『ミルクの味わい際立つ』
他の2つに比べると5グラム多い(70グラム)し、包装が箱に入っていてしっかりしている。
ひときわ目をひく真っ赤なパッケージ。割れないし、これはいい。
チョコ自体だが、コクがあり、味は濃いめ。
だからなのか1箱あたり392キロカロリーとちょい高め。
粘り気が強い。
食べた後になんかカルピスを飲んだ後のような喉にひっかかる感じがある。
1枚食べるということを前提に考えると、ちょっと難しいかも。
人から、一切れもらって食べる分にはいいかもしれない。

明治「ミルクチョコレート」
売り文句は『純粋な味わいを求めて原材料を選び、伝統のおいしさに磨きをかけた、永遠のピュアチョコレート』
僕の中で美味いと定義されていたチョコ。
馴染み深い茶色のパッケージが良い。
65グラムで363キロカロリーと最も低い。
濃さは森永以上、ガーナ以下といった感じ。
口どけは最も良い印象を受けた。
まぁさすがは「チョコレートは明治」というだけのことはあるのかも。
比較的好きなチョコレート。
でも1枚全部食べろと言われるとちょっと厳しいかもしれない。
人から一切れもらったときにおそらく、一番嬉しい、そして美味しく感じる板チョコ。

森永「ミルクチョコレート」
売り文句は『「おいしい笑顔」と90年』。
なんでも、1918年に日本で初めてチョコレートをカカオ豆から一貫製造したとのこと。
パッケージは金色。森永のエンゼルの色ってことか。あと外国の少年が笑ってる。
濃さは最も薄いが、味は美味しい。
「チョコレートを食べたー」って感じよりは「チョコ食べた!」って具合。
恐らく、その原因は、他のチョコよりも甘さが控えめでちょい苦めだからではないだろうか。
口どけはあまりいいほうではない。あっさりしているという印象。
1枚食べろと言われたら、食べきれる味だと思う。
人から一切れもらったときは、あまり美味しさは伝わらないかも。
あの縦(横?)一列食べて美味しいと思える味。

【結論】
チョコレートとして一番スタンダードな味わいがあるのはやはり明治。
3枚の中でバランスが取れていた。
冷凍庫で冷やして食べると、ガーナの濃さが中和され、程よい感じになる。
逆に森永は苦味が目立つ。
しかしどれもなかなか美味しかった。

ちなみに、この調査のために3枚全て食べたわけわけではありません。
ってか、3枚全部食べたら1000kcal超えるし・・・。

皆様もつかれた時はチョコレートをどうぞ。
[ TB*0 | CO*8 ] page top
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。