どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/06/18(水)   CATEGORY: 食べ物
ペプシブルーハワイ。
昨年、「ペプシアイスキューカンバー」で世間を驚かせたペプシが新たなフレーバーを出しましたね。

ペプシ・ブルーハワイ。

ブルーハワイ


写真を見ていただければ解ると思うけど、まず何より青い。
これぞ爽やかと言わんばかりの青。
マイミク青井もびっくりな青さ。

色で言えば去年のキュウリ味のほうが好きだったかも。
今年の青は、いかにも体に悪そうな色。
解りやすいようにグラスに入れてみた。

ペプシ


しかもTULLY'Sのグラスに入れてみたよ。
こんなの絶対TULLY'Sには置いてないけどね。

しかし、売り文句は
「華やかな香りとすっきりした後味のパイナップルとレモン風味のコーラ飲料」
とのこと。

まぁせっかく買ったし、グラスにも注いだので、飲んでみた。
どんだけ爽やかなのかワクワクするぜ!






・・・おべんじょの味がする・・・。






あぁ、爽やかな感じと華やかな香りってそういうことか。
なんというか、色も相まって、
「ペプシ・ブルーレット」
って感じ・・・。
まぁ、確かにパイナップルの味はしますよ。
でもにおいはブルーレット。なんかトイレの芳香剤って感じ。
後味がすっきりなのがなんかそれを増させる。



うげー。



カキ氷では必ず「ブルーハワイ」を食べる人間なので期待してました。
まぁ最悪不味けりゃ氷にかけて食べればいいんじゃないかなぁと。
でも明らかにあの氷にかけるブルーハワイとは別物。

ただ、同じとこもありました。

半分も飲まないうちに舌が青色。
舌の外側の赤色と中心部分の青色のコントラストがなんとも言えず気持ち悪い。

まぁ一度この「ペプシ・ブルーレット」を飲んでみてください。
でも外で飲む場合とか、商談前は舌の変色に気をつけてね。
あ、間違えてもホントにブルーレット飲んじゃダメだよ!
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/06/14(土)   CATEGORY:
平熱が下がっても、熱い男でいたい。それが俺さ。
体温計はどんどん進化を遂げてる。
耳で測るやつとか、基礎体温を毎日記録して平均値を出してくれるやつとか。
よくドラマや漫画なんかで口の中に入れて測ってるのを見るけど、そうやって測ってる人をあんまし見たことない。
まぁやっぱ視覚的に『熱測ってるぞー』ってのが伝わりやすいからかな。

最近の主流はデジタルの体温計ですかね。

でも、僕らの幼少期は体温計といえば「水銀体温計」でした。
あの水銀のやつで、
「これ、ホントに測れてんの?」
みたいなやつ。
んで、ブンブン振ると表示温度が下がる。
でも振り方が悪かったりすると、下がんなかったりして、無意味に腕が疲れたりして。
なんで熱があるのに、こんな疲れることせにゃならんのんだ。と怒ったり。

そんな水銀体温計ですが、今日、体育館でこんなことがありました。

登場人物:学生(以下:学)、タスマニ(以下:タ)
学「すいません、体温計貸してもらえますか?」 体育館は怪我や熱出す人も多いので、簡単な医療品は常備してるんです。
タ『はい、ちょっと待ってください。』
体温計を借りに来る人って意外といないなぁなんて思いつつ探す。
・・・あれ?ないぞ。しょうがない。
タ『デジタルがちょっと見当たんないんで、水銀のやつでもいいですか?』
学「え?あ、・・・使い方わからないんですけど」

なーーーー!!!
腋の下に入れて3分待てばいいだけだよ。
何?足の指の間にでも入れるとでも思った?
・・・でも、使ったことない人っているんだね。


水銀体温計は便利さと危険さを兼ね揃えたモノでした。

その昔、まだ僕が水泳をやっていた頃、水泳に行きたくなくて、
「熱っぽいから、体温計貸して」
つって、体温計を借り、ワキの下に入れ、測る素振りを見せながら、洗面所へ。
そしてお湯を出して、そこに体温計を付ける。
すると一気にグーンっと42℃を超えるくらいまで上がります。
しかし、それをまたワキに入れると病院行きです。
42℃なんてニワトリじゃないんだから。
だから、ブンブン振って、温度調節。
しかし、ここは細心の注意が必要。
あんましブンブンやり過ぎると34℃とかまで下がっちゃう。
それはそれで平熱より低すぎて心配されるかもだけど、休むことは出来ない。
ここで大事なのは、高すぎず低すぎない微熱。
そう、まさに37.2℃なんていいじゃないか。
そこを目指してブンブン振る。
なーーーー!!!
36℃って平熱じゃないか!戻りすぎだ!

またお湯につける。
ブンブン振る。
なーーーーー!!!!

これの繰り返し。
無駄に汗だく。
ブンブンの微妙な加減、37.2℃という微妙な熱が難しいのだよ。

・・・なんて言ってたら
「何やってんの?」
と親が。絶体絶命。
『えと・・・あ、熱でおかしな行動に』

バレました。

他には小学校の保健室でも先生の目を盗んで、ストーブに近づけて偽装しようとした。
その時はその場に居た知らない生徒に告げ口されてバレ、こっぴどく叱られたが。

しかし、デジタルよりも水銀体温計のほうが正確だという話があるが、あれはどうやら確かなようだ。
JIS規格では水銀体温計は0.2度、電子体温計では0.4度の誤差までは認められてるらしい。
ってことはホントの体温が36.6℃だったときに水銀では36.8℃だけど、デジタルでは37.0℃となる。
ということは水銀だと学校に行かなきゃならんが、デジタルだと休める。
なんだそれ!ずるい!
というわけで、より正確な体温を測りたい人は、水銀で10分かけて測りましょう。
さすらば、ほとんど正確な体温と誤差はなくなるらしいので。

ただ、水銀だから、くれぐれも扱いに注意してね。
割れてもしんないよ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/06/10(火)   CATEGORY: TV
自分が変わっていく中で、ホントの自分に気付いていく。
どうも、キマグレンの「LIFE」って曲の歌詞が全然心に響かないタスマニ。です。
なんかソウルが足りないんだよな。伝わらないなー。

さて、本題。
CHANGEは初回から思ってたんだが、話数が少ないせいもあるのか、非常にテンポがはやい。
物語の進み方も、台詞の間(ま)も。

とみに今日(9日)のはそれを感じた。

いつもと違い、設定が総理の休日だったので、大半が朝倉家で展開されていたということもあってか、シチュエーションコメディみたいだった。
突然の来客があり、そこに次々と押し寄せるちょっとした事件、そして最後は丸く収まる。
後半とか結構いい台詞あったしね。
驚くべきはニコラス・ペタスがいい演技をする。

そして今日はカメラワーク、動きのタイミング、台詞の掛け合いがいつも以上にまるで舞台。
あ、舞台にカメラワークはありませんけどね。
映像の視点が舞台を見てる観客のような感覚。
ん~そうだなぁ、もうちょっと解りやすく言うと、テンポのいい面白いマンガを読んでいるような!?

あと、僕はキムタク好き(抱いてくれるものなら抱かれたっていい。いや、それはやっぱ無理。)だから、贔屓目で観てしまうのは致し方ないのかもしれない。
それにしたって、今回のドラマを「いつものキムタク演技」と定義付けるのは如何なものかと。
今回のキャラはどちらかというと「ギフト」寄りだ。
いつもの「俺様」的なキャラではなくウケキャラ。
まぁギフトのほうがヤンチャさがあったけど。
ギフトは平均視聴率が20%いかなかったという、キムタクドラマの中では人気のないほうになるのだが、僕の観たキムタクドラマの中では一番の出来だった。

しかしキムタクドラマというだけで大して中身も観ずに
「あぁ、いつものキムタク演技だよね」
と先入観から決め付けてしまう人も多いんじゃなかろうか?

僕からすればよっぽどウッキー香取やクサナギくんのほうが似たり寄ったりな演技だ。
それ故に「山のあなた」はどんなものかちょっと観てみたいと思うけど。

おっと、閑話休題。
今日も後半に「ぶつかり合う云々」の長台詞があったんだが、あの長台詞をちゃんと聞かせられるのはまぁME(BGMね)とかの効果もあるけど、ヤッパ上手いんだと思うよ。

しかし、視聴率がドラマにおける「成功」だとするならば、やはり世間が求めるものは結局トレンディドラマ(死語?)のキムタクなのだろう。
それこそキムタク演技と言われるもの。
なにその矛盾。
キムタク演技は観たくないけど観ちゃうってこと?
なに?じゃあ「キムタク演技=男子の着替え」みたいなものなの?
『キャー』って言いながらも指の隙間から覗いちゃう女子みたいな?

あれ、これまた閑話休題。

とりあえず僕はギフトが成功だと思ってる。
あ、「人生は上々だ」も良かったが。

あえて言いきろう!キムタクはコメディでこそ意外とその力を発揮するのだ。
彼は2枚目よりもちょっとコメディ色のあるほうがいい味が出る。
それか「武士の一分」や「忠臣蔵1/47」のような時代劇。
おっと、言い切ったのに、別の例も出してしまった。

今回のドラマの3枚目寄りのウケキャラ。
僕は案外こっちのキムタクのほうがすんなり観れたりする。


政治というテーマを扱っていることもあり、「リアルじゃない」なんて批判も聞こえるけど、じゃあ、他のドラマはリアルなのか?
一般ではリアルだリアルだと言われてるラストフレンズだって、DVを受けてる人からすれば「甘っちょろいよ」ってなるかもしれないし、ごくせんなんて全然リアルじゃないだろ。
中途半端に政治の世界を描いて「レッツゴー永田町!」(その昔、西村雅彦、石橋貴明、柴咲コウなんかが出てたやつ)みたいになっても意味がない。
あれはひとつのファンタジーだと思えばいいんだよ。
脚本自体は結構良く出来てるんだから。
大体、リアルな政治家が架空の政治家に負けちゃダメだろ。
福田氏や小泉氏のように小馬鹿にした発言をするより、しっかり国民の国益を考え、しっかり自分の言葉で喋ってる総理のほうがいいよ。
そりゃ当然、リアルな世界ではそうもいかないんでしょうけども。

だから、今回のドラマは「本来はこうあって欲しい政治家の姿」を描いているものだと位置づけている。

脇を固めてる役者もいいじゃないか。
ローサも「のし上がっちゃるけん」の時より数倍いいよ。
阿部ちゃんとか深津っちゃんは言うまでもなく。
女医役の堀内敬子さんは独特の色気があるよね。
何より、悪・寺尾聰。
あの人、「やさしい時間」とか「半落ち」とかのいい人オーラの裏に悪い部分が見え隠れするから、今回の役はハマリ役だと思う。

さて、ドラマはあと数回。

どうまとめていくのか、はたまたまだまだ展開していくのか。
楽しみですな。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/06/09(月)   CATEGORY:
誕生日は気持ち。それは事実だし大事。でも、そうじゃないものもある。
未だに年齢欄に「24歳」と2年前の年齢を書いてしまうタスマニです。
24歳と25歳にはかなりの差が存在することを最近実感しております。

先日の誕生日の時、後輩あっき~が
「6:04分に送るメールまで作ってる」
というので、ホントに6:04まで頑張って起きてました。
だのにメール来なくてガッカリして不貞寝しました。
そして2限に遅刻しました。 (実話)

さて、その節は皆様から色々お祝いの言葉やメール、そしてプレゼントをいただきました。
ちょっとまだ返事できてない方はもうしばらく待ってください。
本当に僕なんかを祝って頂き、有難うございます。


例えばLingからは料理本を頂きました。
料理が絵で描かれてたりしてかわいらしいので、読み物としても楽しめます。


そして後輩の肉男(ミート)がくれたのがこの目覚まし時計。
9000.jpg

キミキスというゲームのキャラクターのやつです。
ちなみにこのキミキスというのは恋愛シュミレーションゲームで、そのゲームは肉男に借りたことはあった。
で、彼女と「いや、ないない・・・。」と突っ込みを入れながらやってた。

しかし恋愛シュミレーションってめんどくさいし、飽きたので、1週間も経たずに返した。
ちなみにアニメ化されてたみたいだが、それも見てない。
なにより、この目覚ましになってるキャラに興味がない。

だが、何故にその目覚まし時計?
しかもなにその画像?
何故水着?

驚くべきはデザインだけじゃない。意外と高い。
箱には6000円と書いてた。ってか肉男はこれをコミケで3000円で買ったらしいが・・・。
しかしそういった値段を隠すことなく言ってくるあたりが、恩着せがましくてヤダ。
普通、プレゼントは値段のとこは隠すもんでしょうが。
そういうところが肉男のヤなとこです。

そしてこの目覚まし最大の特徴は音声目覚ましだということ。
しかも3パターンあるらしい。(パターンは通販サイトの説明から引用)
1.「おっはよ~っ。ほら、さっさと起きた起きた!私まで遅刻しちゃうじゃない!」
2.「おはよ~。一応起こしたわよ…。私も今朝は低血圧で辛いんだから…。自分で起きてよ~」
3.「も~っ、朝からどんよりしてちゃ、モテないわよ。摩央チェックその22『目覚めはさわやかに』」


この3パターンから好きなのを選べるらしい。
しかし、正直、このキャラクターの性格がわからないから、あんまし意味が解らない。
で、目覚ましが鳴って、止めると、
「ん~~~っ。…もう、お目覚めのキスよ。してくれないの?」
と、停止用の音声!
どっひゃーですよ。

えと、まず最初に「お目覚めのキスよ」とあるので、恐らく、このキャラがキスをせがんでいるんではなく、自発的にしようとしているんだろう。
だが、その直後に「してくれないの?」と来ている。
恐らく、自発的に「お目覚めのキスよ」と言ってるくせに、受身であるということで、それが女心で、俗に言う萌えポイントなのだろうが、なんかムカつく。
実際、この台詞が朝流れると確実にイラッとする。

ということは、この目覚ましを使うためには
まず無難な目覚まし音声
1の「おっはよ~っ。ほら、さっさと起きた起きた!私まで遅刻しちゃうじゃない!」
を使うとしよう。
そして問題は止める時なんだが、停止用の音声はイラッとするから聞きたくない。
ということは、壁に投げつけて壊すか、電池を抜くしかない。
さすがに、僕でも人からもらったプレゼントをぞんざいに扱うわけにはいかないので、電池を抜くほうを選択しよう。

だので、毎朝、起きると同時に目覚ましの時計を抜かなきゃいけない。

うん、起きれそうだけど、めんどくさいし、ヤダ。


だからこの目覚ましは使われることなく、箱に入ったままである。
耳を近づけると
「チクタクチクタク」
と時限爆弾の気分を味わえる程度でしか用途がない。


というわけで、
もし欲しい方いたら、1000円で売ります。
誰も居ない場合は「まんだらけ」にでも売りにいきます。

あ、肉男が1000円で買い戻して自分で使うってのもありよ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。