どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/12/03(土)   CATEGORY: 食べ物
牛すじカレー。
カレーとかシチューとかよく作ります。
でもカレーを作るときは必ず牛すじカレー!
牛すじ肉は安いからね。
浪人時代、金がなくて、でも肉が食べたくて、牛すじをなんとか美味くしようと研究した。
普通のカレーよりも手間はかかるけど、それだけに美味いもんができる。
手間と美味さが比例するっていうのがいいじゃないですか?
努力がちょっと報われたみたいなもんで。

僕が牛すじカレーを作るときは赤ワインを使う。
そいでは僕の牛すじカレーの作り方をご紹介。

1)鍋に牛すじ肉と赤ワインを入れて、火にかける。灰汁を取りながら2~3時間ほど煮込む。そして冷やし、固まった表面の脂をきれいに取り除く。
2)牛すじ肉におろししょうが、おろしにんにくをまぶす。少量の赤ワインを加えるとグッド。
3)玉ねぎ、にんじんは一口大に切る。
4)じゃがいもは鍋で別茹で。
5)フライパンを熱してサラダ油をなじませ、牛すじ肉を炒める。
6)鍋を熱し、油をなじませ、野菜を炒め、通常より多めの水と牛すじ肉を加えて煮る。一煮立ちしたら灰汁を取ってやわらかくなるで煮込む。
7)どんぶり一杯分の汁を取り分ける。
8)火を止めてルウを割りいれ、適当に煮込んで出来上がり。

とまぁ、要するに、牛すじ肉の処理以外は普通のカレーと同じです。
ただ、カレーをつくるときの僕の決まりごととして、7)で書いたように汁をどんぶり一杯取りおきます。
そしてそれを翌日の昼とかにラーメンに使う。
カレーの過程といっても、肉と野菜の旨みが出ててなかなか美味いラーメンが作れます。
浪人中、金がなくて、でも美味いもの食べたくて生み出した苦肉の策。
じゃがいもを一緒に煮込まないのは、このラーメンのスープに使うときに溶けちゃってて、ちょっとドロッとしたスープになるのを防ぐため。

と、なんかラーメンの説明になっちゃってますが、牛すじを赤ワインで煮込むことで独特の臭みが取れ、しかも赤ワインの風味も付き、柔らかくもなる。
一度お試しください。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

九州しょうゆ味 | URL | 2005/12/03(土) 13:54 [EDIT]
わぁーおいしそう!!
一度ご馳走になりたいものです^^
タスマニアさんは料理が上手だからうらやましいです。でも、いつもチョコばっかり食べてる私もたまには作るんですよ。味噌煮込みとか。簡単でおいしいです。正月に実家に帰ったときにお母さんに習おうかなぁと思っております。
今度ぜひ牛すじカレー食べさせてくださいね☆

タスマニア動物園 | URL | 2005/12/04(日) 02:12 [EDIT]
上手ってか下手の横好きかもしんないよ。
一人暮らし始めてもう4年半以上だからねw
味噌煮込みも美味そうやんかー。
んじゃ、公演の差し入れは牛すじカレーを…ってそりゃ無理やから、クッキーでも持って行きまするるる。

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。