どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/12/22(木)   CATEGORY: 音楽
5分間の奇蹟。
高校時代、初めて「ラ・カンパネラ」という曲に出会った。
フジコ・ヘミングが弾いていた。
そのときの衝撃は今でも忘れない。
全身に悪寒が走り、電流が体を突き刺したようだった。
そしてクラシックを聞いて初めて涙した。

友人に録音してもらったMDから聞こえるのはデジタルな音だったが生きていた。
そのフジコ・ヘミングの指先から奏でられる音楽はとても悲しくとてもはかない。
なんか掴んだら消えてしまいそうで・・・。
すごいやさしいのだが、それよりも柔らかいと言ったほうが的を射ているかもしれない。

「こんな素敵な曲があったのか。」

それ以上の言葉は出てこなかった。

さてここで「ラ・カンパネラ」を知らない人に簡単な説明を。
作曲者はハンガリー出身のピアニスト兼作曲家のリスト(1811~1886)。
ハンガリー狂詩曲なんかで知ってる人も多いのではないでしょうか。
パガニーニのバイオリン協奏曲第2番、第3楽章をピアノ用に書き直したのが「ラ・カンパネラ」です。
カンパネラの意味は「鐘」。
そしてその曲の技術の難しさは有名。
リストは演奏中何度もピアノの弦を切ってしまったとのこと。
って、有名な曲なのでここまでの説明はいらないですかね?

さて、話を戻しましょう。
この魅力に取り付かれてからというもの散々このフジコ・ヘミングのMDを聞いた。
何度も何度も繰り返して。
他の人のカンパネラも聞いたが、やはり衝撃は最初のフジコ・ヘミングだ。
最近で言うとユンディ・リの力強いカンパネラも嫌いじゃない。
未だに気が高ぶるときはカンパネラを聞く。
全身の力がふわっと抜ける。

そして僕自身、5年以上もピアノはやっていたが、もちろんカンパネラなど弾けるわけもなく、エリーゼで充分。
だが、僕の友人で、この「奇蹟のカンパネラ」のMDをくれた人物はピアノが上手かった。
音大に進んだほどなので、言わずもがな僕なんかじゃ比にならない。

浪人時代、その彼のもとを一度訪ねたことがある。
そこにはワンルームの部屋ながら中央にグランドピアノが構えており、自己の存在を主張していた。
僕なんかではそのピアノの実力なんて1割も引き出せないが、彼はやはり違った。
楽器というのは何故ああも弾く人を選ぶのだろう。
そんな彼がおもむろに「ラ・カンパネラ」を弾き始めた。
誰のためでもなく僕のためのカンパネラ。
もちろん彼が弾くそれはフジコ・ヘミングと比べるとまだ稚拙だが充分な腕前だった。
これから先の彼に否が応でも期待を抱いてしまう、そんな演奏だった。
初めて生でカンパネラを聴いた。
そして僕のための5分間のコンサートが終わったとき、感動していた。
その指の動き、それに伴い紡ぎ出される音。
自分も相手も男だが抱かれてもいいとさえ思った。
もちろんそんな趣味はないが。

その彼は不慮の事故にあってしまい、今はもうピアノを弾いていない。
だからこそあの僕のための5分間のコンサートは非常に価値のあるものだった。
彼の成長したカンパネラをもう聴けないのは残念だが、それも神が下した運命。
しかし彼の演奏は僕の脳裏に焼きついている。

僕は彼のカンパネラを永遠に忘れることはないだろう。





神様とは実に残酷だ。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*3 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

アルプスからこんにちは | URL | 2005/12/22(木) 11:01 [EDIT]
私もピアノを聴くのは大好きです。私自身皆さんも知っての通りピアノを習っていますが、やっぱり聞くのと弾くのは大違いです。でも、新しい曲が弾けるようになるととっても嬉しいです☆
「ラ・カンパネラ」ですね。今度聞いてみます。そのピアノを弾いてくれたという友達さんはタスマニアさんに聴いてもらって幸せだったことでしょう。こんなに感動してもらって。神様はわかってるんですよ。この人ならこれだけの苦しみを与えても乗り切れるだろうって。ある意味で、選らばれし方なのかもしれませんね...

九州しょうゆ味 | URL | 2005/12/23(金) 03:10 [EDIT]
音大のピアノ科だった私の母も言っていました。
「この人(フジコ・ヘミング)は違う」と。
私もラ・カンパネラは好きですが、母はただ好き、というよりそれ以上の何かを感じて震えていたような気がします。母のピアノが聞きたくなった夜中の九州でした。

タスマニア動物園 | URL | 2005/12/23(金) 22:57 [EDIT]
>アルプス
やっぱ弾けたらかっこいいんだろうけど、難しいよね、ピアノって。
アルプスも素敵な先生になれるよう、頑張って練習してくだされ♪
神の与えた試練を乗り越えてこそ、確かに新しい何か、そしてその人に与えられた使命が解るのかもね。
っちゅーことは5年生をするのも神から与えられた使命なのかな?頑張んなきゃw

>九州しょうゆ味
やっぱ本格的にピアノやってた人から観ても(聴いても?)フジコ・ヘミングはすごいのね。
実家帰ったときにお母様に弾いてもらってくださいw

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。