どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/01/31(火)   CATEGORY: TV
高橋名人って連打以外の特技あるの?
実家が岡山にありまして。
祖父母の家の近くに「サンヨー」ってスーパーがあったのね。
こっちで言うとマルキョウくらい寂びれた感じのとこ。
そこにちょっとしたゲームコーナー(俗にいうプレイランド)がありました。
ビデオゲームが数個(4種類くらいから選べる)とちっちゃいUFOキャッチャーみたいなの。
そのビデオゲームを小学生時代しょっちゅうやっていた。

当時は「餓狼伝説」を始めとしてNEOGEO全盛期。
NEOGEOというのはPSやファミコンのようなハードでSNK(2001年倒産)が1990年に発売。
このNEOGEOのすごいところは「すごいゲームを持って帰ろう」とのキャッチコピーに代表されるように、ゲーセンに置いてある格ゲーとかが出来るって利点。
スーファミなんかよりもデータ量が多かった。
しかし、難点が・・・2つ。
それはハードも高けりゃソフトが高い!
当時のスーファミなどがハードが1万~2万円。ソフトが6千~1万円。
それに対しNEOGEOはハードが5万弱!ソフトは2万5千円前後
とめちゃめちゃバブリーな機種なのです。

そのせいか、イマイチ普及はしなかった。
そりゃ、ハード・ソフト合わせて7万も出すならゲーセンで100円でやるよね。

っつーわけでそのスーパーのゲームコーナーで100円玉をいっぱい用意して良く遊んでいた。
しかし、小学生なタスマニアンに格ゲーは難しい。すぐに負けちゃう。
そこで僕がはまったゲーム。

フライングパワーディスク」。

なんとこれ、非常に珍しいスポーツゲーム。
それは「フリスビー」なのだ!
このゲーム内ではディスクと呼ばれていた。
最近のゲームで言うならエアホッケー(ホンジャマカのやつ)を思い浮かべてもらえばイメージしやすい。
長方形のコートで2人の人間がフリスビーを投げあう。
そして後ろの壁にフリスビーを当てれば得点。
そして25点先取で1セット勝利。先に2セット取ったら勝利。
何ゲームか勝てば、犬とフリスビーゲームをするというミニゲーム付き。

これ、はまったね。

多分、人生で最初にはまったゲームじゃなかろうか。
なんつったって単純明快なルール。
フリスビーを投げあうという爽快さ。
どれをとっても今のゲームとは一味違った。

しかしそのスーパーは潰れ、他のゲーセンでも見る機会がなくなった。
が、先日、西新のゲーセンで見つけたのだ!
お~ぅ、なんか初恋の人に出会ったようなキモチ(←そこまで?)
ちょっと時間と経済に余裕がなくてまだ出来ないのだが、今度久々に過去との対面をしたいと思う。




今日の一言。
「あいのりのホスト系歯医者のアウトローって本人が思ってるほどカッコ良くないよね。」
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。