どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/03/24(金)   CATEGORY:
同級生の卒業となると一抹の寂しさを感じないわけがない。
今まで4年間、僕は何をしてきたんだろう。

一番それを考えさせられた、また考えた一日な気がする。

思いきり芝居をやっていたから本業を疎かにしてもいいような錯覚に陥っていたのだろう。
もちろんそんなものは一種の言い訳にしかならないことは重々解っている。
同じ時を過ごしてきた彼ら、彼女らは皆卒業してしまう。
後輩達がいるとはいえ、同期に対する思いというのは並大抵ではない。
やはり大学に残る人間として、寂しさがこみ上げる。
もちろん、彼らの卒業は当然の結果であり、喜ばずにはいられない。
だから明るく接するし、送り出す。
そうすると、反して堪らなく切ない気持ちもこみ上げてくる。

でも06期の皆よ、君達と過ごした4年間は最高に楽しかったよ。
何よりも色々ありすぎたのが1年の時。
そのせいで一度、部を遠のいたことはあったけども、今では笑い話だね。
あの時のマックがあったから、あの時の多目2会議があったから、今の結束があるんだと思う。
YANも言ってた通り、何度もの壁を越えたから今の皆がいるんだよね。
ただ単純にウマがあったってわけじゃない。
だからこそなお強い結束なんじゃないかな?

もちろん途中から入部してきた数人も感慨深い。
途中から入って、これだけ慣れればすごいと思うぜ。
大人数の中に数人で入るのって勇気いるもん。
みんなに途中からでも劇部を通じて会えたこと。ホント良かった。

これから散り散りになってしまうけど、会いたくなったらすぐに会えるよ。地球の上だもん。
難しいとは思うけど、またみんなで遊び行こうぜ!

あと、2年間も幹事やらせてくれてアリガトね。
Jを筆頭に、君達がしっかり支えてくれたから出来たと思う。いやホント。
ちゃらんぽらんのくせにすぐ揚足を取るおいらだけど、悩んだ時はいつでも呼んで。
如何せん、学生なもので時間の余裕は作れるよ。
いい解決策はあげれんかもしれんけど、笑わせることは出来る。
本当に今まで有難う御座いました。そしてこれからもよろしくお願いします。


さて、これから僕は僕で今までの分を取り返さなければ。
意地を見せなきゃね。
頑張っていこう。




今日の一言
「春風と ともに舞いゆく 紙吹雪 あの娘に届け 想いと共に」

               ♪ポレポレ/東京エスムジカ
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。