どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/04/03(月)   CATEGORY:
エイプリルフールだから騙してもいいってのはおかしくないか?
キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン。

4月3日です。
4月が始まりました。授業を始めます。
そして4月1日と言えば、北九州市営バスのダイヤが全面改正。
新空港にバスを回さなきゃいけないから、路線バスを減らすしかないんです。
北九州市は財政難。それを立て直すのが先生の人生の命題です。

・・・とそれはまた別の機会に語るとして、関係ないが、エイプリルフールでしたね。
さて、果たして、如何ほどの人々がこの日がエイプリルフールと呼ばれるに至ったかを知っているのだろうか?
というか、皆様、エイプリルフールに誰かを騙しましたか?
エイプリルフールだからと言って、騙しても嫌われるだけなんでやめましょうね。

はい、本題に戻り、何故エイプリルフールと呼ばれるに至ったか。
その昔、欧州では3月25日を新年としていたらしい。
そして4月1日までの1週間、毎日祭り開催。
まー言うなれば「三が日」みたいなもんですね。
それを1564年にシャルル9世が1月1日を新年とすることを決めたのです。
シャルル9世自体は大した功績ないから覚えなくていいです。

しかし、今まで3月25日だったのに急に変えられても従えるかーい!
ってことで、反発した人々が4月1日を『嘘の新年』としたことが始まり。
しかしシャルル9世はこれに怒り爆発。
4月1日を祝ってる連中を逮捕して処刑しちゃうわけです。

はいここで今日のポイント。

1564年に、エイプリルフールのきっかけである、嘘の新年が始まったから
シャルル9世のひとごろし(1564)は嘘じゃない
と覚えておきましょう。

今んとこ、テスト出るからねー。
エイプリルフールのきっかけの年は何年?みたいなかたちで。

そしてその処刑などがあったことを忘れないためにも13年毎に祭り開催。
なんと当初は「嘘をついてはいけない1日」として存在していたのです。
しかし、それがいつの間にか、逆のほうの意味で広まってしまった…というわけです。

さて、ここで皆様、ひとつの疑問が沸くはず。
新年は3月25日だった。だのに嘘の新年は4月1日。
おかしくないかえ?
本来なら3月25日が「嘘の新年」ではないだろうか?
なぜそれを4月1日に持ってきたのだろうか?

この授業はまたいつの日かやります。
今日のポイントを覚えておきましょう。
「シャルル9世のひとごろし(1564)は嘘じゃない」

キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン。

はい、んじゃ授業終わりまーす。




今日の一言。
「コンビニに置いてある100円コーナーの菓子類はお菓子のジェネリック医薬品と言ったところか?」

                ♪さんさんさん'95/ウルフルズ
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。