どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/07/04(火)   CATEGORY:
果ては博士か大臣か。
昨日行った、近所の24時間っぽい天ぷらうどん屋での話。

カウンターの席に腰を下ろし、うどんがくるのを待っていた。
そしてふと隣に目をやると子供連れの親子(母、娘2人)。
子供は1人は小学1年くらい、もう一人は4歳くらいだろうか。
まだ、2人共に小学校中学年に見られる生意気さを持ち合わせてないように見えた。
これくらいの子供たちはまだ純粋で非常に可愛い。
例えば飲食店で

「いい子にしてないと置いてっちゃうぞ」

と親特有の「置いて帰るぞ攻撃」を出されようものならば、

『ヤダ・・・』

なんて今にも泣き出しそうな声で言い放ち、ものすごい静かにしていたりする年齢だ。

しかし、この姉妹の姉、ミキちゃんは違った。

まず最初に驚いたのがキムチをバクバク食べていたのだ。
いや、もちろん子供でもキムチが好きな子達がいるというのは全然不思議ではない。
ただ、このうどん屋のキムチは異常な辛さである。
旨みを通り越して、痛さと辛さしかおそってこない。
母は当然ながらそれをやめさせようとする

「ちょっと、キムチ辛いんよ。ほどほどにしとき」

『大丈夫。ミキちゃん、辛いの好きやモン』

と言いながらまたドカドカ食べる。

そして辛いキムチを食べ飽きたミキちゃんの次なる標的は妹。
ちょっかいを出す。
妹が食べているうどんにキムチを入れてみたり、黒酢をかけてみたり。
箸で邪魔してみたり。
見かねたお母さんもさすがに注意。

「ちょっとやめなさい!」

口で聞かないなら鉄拳ですとばかりに腕を軽く叩く。
それでも聞かないミキちゃん。
たまりかねたお母さんが怒って

「もう、やめんのやったら置いて帰るよ!」

出たー!親の特権「置いて帰るぞ攻撃」だー!!!
普通、小学1年くらいならばこの言葉に怯むはずだ。
この戦い、勝負あったな。
・・・と思った次の瞬間

そんなことしたら、虐待保護してもらうけんね

ぬっ???
ぬぬぬっ???
ぬぬめぬぬっ???
ぬぬぬぬぬぬぬっ???

さて、「」のなかに「」が何個隠れているでしょう?
・・・ってそんな問題じゃ御座いません。

虐待保護
おいおい、小学1年生の口から出る言葉じゃないぞ。
思わず耳を疑ってしまったよ。
まさか親の最終兵器・置いて帰るぞ攻撃に対してのカウンターパンチが繰り出されるとは・・・。

しかしパンチを喰らったお母さんの怒りは止まりません。
カッチーンと来たご様子。

「解った。んじゃもう好きにし。」

『する。』

そしてミキちゃんはうどん屋さんに置き去りにされました。
このうどん屋が最近食券制に移行したのは幸いでしたね。
もちろんお母さんは車に乗り込みはしたものの走らせはしません。
ミキちゃんが謝ってくるのを待っているのです。

さすがにこの状況になれば泣き出すんじゃなかろうか。
と心配するタスマニアン。
いざっちゅー時はお母さんを呼びに行こう。

・・・なんて思ったのが大間違い。
ミキちゃん、またもやキムチを食べ出します。
ちょいとちょいと。そんな状況じゃないでしょ。

【パニックに陥ったときはとりあえずキムチを食べるべきだ】

そんな諺でもあるのなら不思議ではなかったが、言うまでもなく、そんなものはない。
かのワーグレイですらもそんなことは言っていない。

まぁ、恐らくミキちゃんなりの強がりだったのだろう。
5分位すると、さすがにミキちゃんも限界らしい。
キムチの辛さか悲しみか、目に涙を浮かべていた。
さぁ、お母さんのもとに行って謝るんだ。
すると、おもむろに取り出したるは携帯電話。

お母さんに電話をして

『ごめんなさい・・・。』

携帯ってトコが引っかかるけど、ちゃんと謝れるじゃん。
えがったえがった。胸を撫で下ろすタスマニアン。
しかしその後のミキちゃんはまた違った。

『ふぅ~』

しょうがねぇーなー。とでも言った感じの表情。
この子、絶対煙草吸ってるよー!
って思うくらいの腹黒さ。末恐ろしやー。

あぁ、うどんを食べに来たのに、うどんの味なんて覚えてねーや。ハハ。

とりあえず学んだこと。
現代っ子の狡猾さがどんどん増してきている。
あと、ミキちゃんの味覚は間違いなくおかしい。

現代っ子って怖いよー。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。