どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/09/07(木)   CATEGORY:
ラフォーレ原宿・小倉の撤退。
小学生の頃に出来たラフォーレ原宿・小倉。
地名が連続して並んでいるところが「ラフォーレ」という当時のファッションの最先端のビルだったのにナゼか田舎臭さを出している。
その田舎臭いネーミングが未だに好きだ。

しかし、原宿という響きは当時の僕にはあまりに大きかった。

言わずと知れた首都東京。
そしてその中でも「原宿」と言えば、渋谷・新宿に並ぶイメージがあった。

当時の小倉は洋服を買うのは東映会館が主流だった。
東映の映画館が入っているところで、雑貨屋や服屋が多数入っていて、小倉の中心ともいえる場所だった。ウラハラ系の人々が多く、それゆえ、原宿に抱くイメージも大きかった。

小学生でラフォーレに行くのはちょっと斜に構えてるように感じ、行きたくても行けなかった。
まぁ、本音は小学生のくせしてラフォーレなんて行こうものなら絡まれるんじゃないかとビビッていたのだが。

そして中学になり、ラフォーレは仲間と遊ぶときは必ず立ち寄る場所になった。
「A BATHING APE」「X-LARGE」「world wide love !」「UNDER COVER」などなど。雑誌で見る服が置いてあったり、タワレコがあったりする場所だった。
そして僕らが服を買う場所といえばラフォーレか東映会館だった。
アノ頃は「ASAYAN」を読んでは仲間とジョニオがどうとか藤原ヒロシがどうとか言っていたものだ。

しかし、時代は移り変わるもの。
まず最初のオシャレスポットだった東映会館はシネコンの台頭と共に本業であった映画館が衰退し、ビルは閉鎖。
そしてラフォーレ原宿・小倉までもが来年1月で撤退を決めた。

確かに最近の小倉駅北口は閑散とし過ぎていた。
黒崎駅のような雰囲気を醸し出している。あれでは採算が取れないのだろう。

小倉の街も今や僕らがいた頃とは異なるものとなっている。確実に寂れていた玉屋周辺は今や人で賑わっている。
しかし、以前は人の多かったラフォーレや銀天街に人は少ない。
果たして発展しているのか衰退しているのか・・・。

ただ確実にいえることは魚町銀天街にはパチンコ屋が多すぎる。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

tommy | URL | 2006/09/08(金) 08:06 [EDIT]
ラフォーレにはエイプやアンダーカバーはいつの時代も無いぞよ。あってもパチモンでした(笑。
タワレコとビレバンが無くなるのはつらいよね。実家帰ったとき行くとこがなくなる。。
小倉がいまいち発展しないのは、小倉の商人が根性悪くて町の発展に非協力的なんだからだって。地下鉄じゃなくてモノレールになったのも、そごうが撤退したのも全部そのせいだそうです。

タスマニアン | URL | 2006/09/21(木) 11:30 [EDIT]
マジ!?じゃああれはパチモンだったのか…いや、僕の勘違いです(苦笑
リバーウォークにHMVがあるからこれからはそっちかなー。まぁあと若松のユメタウンにタワレコあるけどw
ビレバンは痛いね。福岡もコアにあったのがなくなって天神から姿を消しました
小倉はリバーウォークに出来たりするんかなぁ?
しかし九州の保守的なのは気に食わん。オリンピックも地建者と揉めてたし。
やくざと頑固な商人の町、そんな小倉に未来はあるのか?!

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。