どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/10/07(土)   CATEGORY:
中秋の名月という言葉に騙されているのか?
昨日(6日)は中秋(仲秋)の名月でした。

非常に吸い込まれそうな月を眺めた方も多いのではないでしょうか?
確かに昨日の月は綺麗で、妙にはっきりしていた。

しかし、昨日「今年の中秋の名月は何故満月ではないのか?」という質問を受けました。
そう、満月は本日(7日)なのです。

でも昨日の月は綺麗だった。満月にあと1日足りない微妙な欠け具合だったのだが、それをも感じさせないくらいの神聖なヒカリが零れていた。

これは「中秋の名月」であるという、刷り込みによるものなのか?
それもいくらかはあるだろう。
とりあえず、「中秋」についての説明。

そもそも、中秋の名月とは俗に言う「十五夜お月様」である。
旧暦八月十五日を「なかあき」と呼んでいた。
これは旧暦における「七,八,九月」が秋であり、そのど真ん中が八月十五日だから「なかあき(中秋)」なのだ。

さて、それでは「中秋」を「仲秋」とも明記するのは何故か?
中国では「孟・仲・季」の3つで月を数える。
そもそも、この3つは兄弟を数える時に用いられるものなのだが、孟春、仲春、季春といった具合に、各季節を3つに分ける時にも用いられていた。
そして旧暦八月は秋の真ん中であるから「仲秋」と明記する。


とまぁ、「中秋・仲秋」の説明に時間を割いてしまったが、要するに「中秋(仲秋)の名月」は満月基準ではなく、旧暦八月十五日基準なので、運よく揃う日もあればズレル日もある。ということ。
大事なのは満月ではなく、八月十五日であるということ。
来年なんて満月より2日も早いんですから。

とりあえず、月というものはなんか神秘的な力を持っているように感じます。
昨日の中秋の名月を眺められなかった人も、今日は満月です。
満月は体調を崩すという話もありますが、秋の夜長にボーっと眺めながら晩酌なんてのもなかなかいい。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。