どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/11/07(火)   CATEGORY:
頑張れって言葉。
昨日の芝居を見ていて色々考えた。
そして、一つ引っかかった言葉があった。

おそらく落ち込んでいる人に最も言うであろう言葉。

「頑張れ!」

いつも言った後に自分の無責任さに腹が立つ。
頑張れなんて他人事だからこそ言える言葉だ。

おそらく「頑張れ」と言われた人間の多くはすでにその時点で頑張ってる。
そんな人間に「頑張れ」とはなんと酷な。

あと、
「今が最低の状態ならきっとこれから上っていくだけだし、いいことあるよ」
こんなことを聞く。

でも、
これから先、いいことなんてないかもしれない。
最低と思っている状態はまだ序の口でまだまだ下降するかもしれない。
いいことはあるかもしれないけど、嫌なことのほうが多いかもしれない。
そんな人間に
「頑張れ」
とはやはり酷だ。

もちろん、「頑張れ」と言ってくれた人間が他人事として言ってるとは思わない。

そういった状態にいる人間にとって大事なのはなんとかポジティブにさせることではないだろうか。
「頑張れ」ではなく、何か具体的に、ちょっとしたことでもいいからその人に対して気分転換になるようなこと、少しでもポジティブになれるようなことを言うべきだ。

何より問題なのは「You can do it!」のような言葉が日本語に存在しないということだと思う。
「頑張れ」に代わるような素敵な言葉が無いのだ。


だから考えた。今ある「頑張れ」を使うしかない。
「一緒に頑張ろ」
これだな。
頑張れという命令形ではなく、共に協力してやっていこうという言葉。
うーん。イマイチ。

まだまだ考えなきゃいけないことは多そうだ。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ニセ彼女 | URL | 2006/11/07(火) 03:37 [EDIT]
私もこの前、何の気なしに「頑張れ」と言ったら…
「今でも十分頑張ってるよ。そう言われると頑張ってないみたいじゃん^^:」
と言われ、すごい罪悪感を感じたことがありました。
別に頑張ってないと思っているわけじゃないのに…なんか伝わらないんですよね。

もっといい日本語、ないかなぁ…

珊瑚礁 | URL | 2006/11/07(火) 09:33 [EDIT]
私はポディティブラーなので、「私だって頑張ってるよ!」みたいなことはあまり考えないようにしています。
それに、せっかく自分に対して発してくれた言葉なんだから反抗で返したらそっちのほうが罪悪感がある気がします。

表現って難しいですね。

Ling | URL | 2006/11/08(水) 00:26 [EDIT]
私は、ずいぶん前、よくゴスペがMCでぐだぐだになったときにファンが「がんばれー」とか言ったら酒井氏が「頑張ってる奴に頑張ってるって言うな」と発言し、ファンの間で「がんばれって言うな」論争が起きてから、この問題についてはかなり考えてきましたが、どうも結論が出ません。
なぜなら日本語は挨拶に代表される、「意味内容よりも、言うことに意味のある」言語が多いからです。英語は合理的なものの考えをする国の言語ですから意味内容のあることしか基本言いません。
「頑張れ」限りなく挨拶に近い言葉です。「お早う」だって本当に朝早いから言うわけではありませんから。
長くなりました。

タスマニアン | URL | 2006/11/09(木) 03:02 [EDIT]
>ニセ彼女
そなんだよねー。こっちは本当に気持ちを込めて「頑張れ!」って言ってんだけども、受け手からすると腹立たしいようで。ムズカシイデース。
応援してるよでとりあえず統一しましょうw

>珊瑚礁
ほら、たぶん、本当に病んでいる人、落ち込んでいる人はそういった珊瑚礁のようなところまで考えが回らないんだと思うよ。
ホント、言葉って発する側と受ける側のバランスが成り立ってこそだからなー。

>Ling
確かにね、日本語は言葉の意味合いよりも言うことに意味があるんだとは思う。でも、上の二人へのレスで書いたように発する側と受け手とのバランスだから、それを受け手に強要できないんだよなー。しかもそれを発する際は思考がマイナスになってる人多いから。
頑張ることを忘れてる時に「頑張れ!」って言われたら『あ、頑張らなきゃ』って思うけど、自分でも可能な限りの努力をしている状況で「頑張れ!」って言われたら腹立つよー。『俺がどんだけ頑張ったか知らないじゃん!』みたいなね。
たぶん、キツイ人間に必要としてるのは『発することに意味のある言葉』じゃなくて、『意味内容のある言葉』なんだよなー。どれだけ親身に話を聞いても、相手は「所詮は他人事でしょ」とか思ってたりする。思考がマイナスになってる人間ほどその傾向は強い。そのくせ、楽になりたいから自分の状況を話したがる。じゃあ如何に自分の、相手を考えているんだよって気持ちをうまく伝えるかなんだよな。そこに必要とされたのは「頑張れ」じゃなかった。場合によっては『ただ聞いて欲しかっただけであって、何か言って欲しいわけじゃない』とか言われるし、何も言わないと『聞いてんの?』とか言われたりする。
おそらく『お早う』で人を傷つけることはないが、『頑張れ』はなんちゃない言葉なのにその人の内面にまで触れるモノだから傷つけちゃうこともあるんだよね。

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。