どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/06/09(土)   CATEGORY: 食べ物
君の手料理ならば例えどんなに不味くとも僕は美味しいとしか言わないだろう。君が作ったって事が最高の隠し味だからね!
あぁなんてごつい名前なんでしょう。

говядина по-строгановски。
ビーフストロガノフ。

その名前から想像されるのはビーフがドーンと存在感を醸し出しているチャーシューのような煮込み料理。

しかし実態は白いカレー。
いや、カレーではない。
しかもビーフは「~風」って意味で牛肉という意味ではないという中途半端感。
だからこの料理「ストロガノフ家風」って名前。
ストロガノフ風・・・だけかよ!
普通、ストロガノフ風ナニナニだろ?
ストロガノフ風スープとか、ストロガノフ風カレーとかさ。

なんなんだろう、あの本当「異国の食べ物」と言わんばかりの雰囲気は。

それ自体をストロガノフ自身が楽しんじゃってる感じがする。

生クリームがベースなのに。
そこにマスタードまで投入しちゃうのに。

ご飯にかけて食べるとは・・・。

なんともはや。

жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж


そして先日、試しにそのビーフストロガノフを作ったのです。
自分で作れば、美味しいかな~って。
こんなタイトルのくせに自分で。

なんともまぁ・・・。って感じ。
いや、とても美味しいのだけど、日本の文化に合わない。

やっぱカレーとハヤシライスって秀逸なんだな。

でもビーフストロガノフも名前の割に簡単に作れます。
お試しあれ。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。