どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/06/24(日)   CATEGORY: TV
ピンクの着物コウラック。
笑点メンバーの中でキャラの薄かった好楽師匠に最近転機が訪れている。
司会が円楽師匠から歌丸師匠に変わってから、キャラクターがついてきているのだ。

笑点においてキャラクターというものは重要だ。
木久蔵はバカキャラ故に観客に最も好かれているし、一昔前まで影の薄かった小遊三は泥棒キャラを確立しており、ちょいワルおやじなんてキャラまで手にしている。新参者の昇太ですら結婚できないキャラが付いてイヂられている。

そして好楽についたキャラはその薄さ故の『仕事がない』というもの。

一見、そのキャラもいかがなものかとは思うが、たい平や昇太にまで『仕事をくれよ』といったように積極的に使っている。
しかしここで好楽ならではの問題があるのだ。

キャラがついたはいいが、慣れてないからか、使い方を解っていないような印象を受ける。

というのも『仕事がない』キャラをネタとして使う際、好楽特有の「したり顔」をするのだ。
見ようによっては長年なかったキャラを喜んでいるのかもしれない。

しかし、『仕事がない』という自虐的なキャラをしたり顔で言ってはダメなのだ。
せめて開き直って言うくらいは許されるだろうが、何故にしたり顔。

僕は好楽の派手さはないが地味に綺麗な答えが好きだった。
まぁ昔からあのしたり顔はいかがなものかと思うが…。
しかし間に小さく綺麗な笑いを挟むことで、木久蔵などの大きな笑いが引き立つのだ。


果たしてこのキャラが吉と出るのか否か、せっかく付いたキャラだし、もう少し見守りたいと思う。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。