どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/08/07(火)   CATEGORY: 食べ物
やるしかねぇ・・・・(by 三井寿)
発明をする人が失敗をするのならまだ格好がつくかもしれないが、僕はただの無謀だった。

その日、僕はバイト帰りにスーパーでアイスコーヒーを買った。スジャータのコーヒー。
別にスジャータが好きなわけじゃない。ただ安かったのだ。
その帰り道「コーヒー好きの俺は夏も冬も『愛すコーヒー』だなぁ」なんていう聞き返さないと意味の解らない先輩の戯言を思い出した。噴出していた汗が引いたような気がした。心なしか涼しくなった。
と、引いたはずの汗なのに何故かびしょびしょだ。・・・あぁ夕立じゃん。
涼しくなったのは戯言のせいではなく、ただ単に雨に濡れていたからだ。
急いで帰りつき、早速コーヒーをコップに入れ飲む。
「甘さ控えめ」の表示があるのに何故か甘い。じゃあ普通のやつはどれほど甘いんだ。どうせなら「甘さ意外と控えめ」とか「甘さ思いのほか控えてない」とかもっと細かくそしてもっと解りにくく分類してくれればいいのに。
なんて思いながら冷蔵庫にコーヒーをしまおうとした。すると、入らない。
冷蔵庫にはカルピスやら豆乳やら麦茶なんかがたくさん入っていて、この「愛すべきコーヒー」を入れる場所がない。
そこで僕はその中で一番残りが少なかったマミーを取り出した。これでコーヒーが入る。
しかし、このマミーを処理しなくてはならない。だがマミーは甘すぎる。なんだマザコンが多いからか!甘すぎるマミーってか!
そんなことをプリプリ思いながら、処置方法を考える。
あの甘ったるさは求めちゃいない。かと言って捨てるのはもったいない。
こういう時に犬か猫がいればなぁ。なんて飼う気もないのに思ってみたり。

うむ。
コーヒーと混ぜよう。

マミーは「乳酸菌飲料」だ。ということは略せば「乳飲」。
なんだか牛乳と変わらない気がしてきた。
まぁうまくいけばカフェオレが出来上がるだろう。
さっき数口飲んだコーヒーはまだコップの中に半分ほどある。

てぇい!

マミー豆乳。

おっとマミーと共に豆乳も投入してしまった。

どうせなら入れちまえと「マミー+豆乳+コーヒー」。

お、色は悪くない。というよりも完璧なカフェオレの色だ。
よし、飲んでみよう。気合を入れる。

てぇい!



ま、まずい・・・。




まずコーヒーの仄かな苦味。そこに襲い来るマミーのイガイガした甘さ。そして最後に豆乳の豆の味。

あ、口の中が漢方飲んだ後のような気持ち悪さ。

いや、漢方は健康になれるが、これは健康になれる味じゃない。唯一イソフラボンが僕を巨乳にするくらいだ。しかし残念なことに僕はそれを求めていない。

しかし食べ物を無駄にするな!が我が家の教訓。責任は自らが取る。

てぇい!

僕は勢い良く飲み干した。

ぐはっ。

・・・やっぱ飲めない。

上の写真の通り、あまりの不味さに中のりらっくまも泡を吹いて倒れているではないか!

そんなもの飲めるわけない。そこであの人の言葉が。
「私だけかね・・・?
 まだ飲めると思っているのは・・・・・・・・・
 あきらめる?
 あきらめたらそこで試合終了ですよ」
あ、安西せんせー!!!
そこに追い討ちをかける。
「こういう展開でこそオレは燃える奴だったはずだ」
み、みっちゃーん!!!

てぇい!

残りをなんとか飲み干す。ヤッパリ不味い。
しかし僕はなんとか責任を果たした。
そしてこの日記を書いている。ものすごい胸焼けに襲われながら・・・気持ち悪い。

というわけでただコーヒーと豆乳とマミーを混ぜたら不味かった。という話を長々と書いてみました。
え?何故かって??


・・・・暇人ですから!
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

偽彼女 | URL | 2007/08/07(火) 19:16 [EDIT]
安西先生にも「人生という辞書に不可能という言葉はある」ということを教えてあげねばならない気がしてきました…ww

タスマニ。 | URL | 2007/08/08(水) 07:33 [EDIT]
>ニセカノ
ちがやい!安西先生の言うことは絶対なんだい!
安西先生の言葉を信じているから安倍さんはいまだに首相の座にしがみついているという話も・・・ww

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。