どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/10/08(月)   CATEGORY:
金のない日の遊び方。
また小学生の話。

恐らく、人生で一番需要と供給が合わない頃ではないだろうか?

お菓子が買いたいけども、お金はない。働くわけにもいかない。
まぁ、養われてる身だから当たり前である。
今では大金とは言えない1000円がすっごい大金だった。

しかし、小学生といえども遊ぶのには金がかかるのだ。

そこで僕らがやっていた遊び。

「フリーダイヤルにいたずら電話」

その当時、ダスキンのCMが良く流れていた
「金は百歳、銀も百歳」
ってなやつ。あぁ懐かしい。

いたずら電話といってもたいしたことは出来ない。
それだけの知識もボキャブラリーも当時の僕らには存在してない。
だから
「こらー。」とか「ばーか」とか
一言シリーズが多かった。
今考えると、恐らく学生バイトが多かったであろうテレオペに多大な迷惑をかけたもんである。
しかし、当時の僕らにはそんなことおかまいなしである。
「おいちゃ、さだまさし(当時CMに出ていた)出せよー」
とか
「菌を出すからダスキンなんだろー」
とか
そんなしょうもないいたずら電話を掛けていた。

そして僕らのいたずら電話はますます加速する。

次のターゲットは「テレクラ」であった。
あの当時、街中では今以上にテレクラのティッシュが配られていて、僕らでも番号を入手できる状態だったのだ。
そしていつも昼休みになると学校の公衆電話に集合し、テレクラにかける。
『もしもし』
すぐに繋がるのだ。テレクラの繋がる速さは異常なものがあった。
テレクラというのがどういうものであったかは僕らもなんとなく知っていたし、そこに平日の昼間からいるやつが大したことないというように決め付けていた。
だから僕らはダスキンなんて生易しいものではなかった。
「おいちゃ、お前、こんな昼間から何しよん?」
「そんなに暇なのか、お前は」
などと、挑発しまくっていた。向こうも切ればいいのに、暇つぶしだったのか

『なんや、お前ら。すぐそこ行くけ、待っとけよ』
「は?何言ってんの?ぷぷぷー」
『警察に頼めば解るんだよ!』
「警察?テレクラに行くやつが?ぷぷぷー」

なんて具合に僕らは暇な昼休みをつぶしていた。暇人vs暇人。
その戦いにはなにも生まれない。
ガシャンって切られてもまた電話する。するとまた同じ人が出る。
「お前、どんだけ暇なんかちゃ」
『うるせー、死ね』
こんなことの繰り返し。

しかし、段々とただの言い合いに飽きてきた僕らは秘密兵器を用意する。
クラスの女子を連れてくるのだ。
そして女子に16歳という設定で電話させる。

『もしもし』
「もしもーし。暇だなーと思って電話してみたー」
『ホント?今何してんの?』

なんて会話が続いてぼくらはそれをみんなで受話器に耳を近づけ盗聴。
ほほぉ、こういうふうに男は会う算段を立てていくわけかーなんてことをテレクラに学びつつ。
全く役に立たない。
しかも相手は16歳と聞くと、俄然会いたがっていた。
『じゃ、会おうよー』
「ん~、どうしようかなぁ」
『いいじゃーん』
と。そこで僕らの登場

「ばーーーか!!!!」

と言ってガシャンと切る。
さて、彼のぬか喜びとその反面の落胆はどれくらいあったのだろう。
きっと会えるだろうと半ば確信していての仕打ち。
僕なら結構へこんじゃうね。

しかし、その手法も何度も使えない。
というか、女子が嫌がる。
だから、僕らは別の方法にした。

次なるターゲット。
無料でかけられるところ。

そう
「110番」

ある意味禁断である。ってか、用もないのに掛けちゃダメだよ。
しかし僕らは決行する。

110番にかけ、そこらへんを歩いている同級生を連れてきては
「ちょっと出てみてよー」
って。僕も1度だけやったことあるのだが
『はい、110番警察です』
と言われたときの驚きよう。
おもわず電話をガシャンと切ってしまった。

すると、その数秒後、鳴るはずのない目の前の公衆電話が
「ジリリリリーン!ジリリリリーン!」
と音を鳴らし始めた。
もう、僕らはパニックである。
「やべー、つかまる!逃げろ!」

とダッシュで教室まで戻ったのを覚えている。
あの日、先生が教室に入ってくるたびに
「警察が捕まえに来たんじゃないだろうか」
とびくびくしていた。
そして僕らはこの遊びをやめ、次の日からサッカーに興じるのであった。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

Ling | URL | 2007/10/16(火) 18:13 [EDIT]
ちなみに私も警察に電話、したことあります。友達と三人で。

「警察ですっ」って言われた瞬間、即切りましたけど…(怖かったですホントに。

あとは電話帳から知らない人の番号を勝手に選んでかけてました。
ピンポンダッシュも結構しました。
人の庭のヤマモモや野苺をもぎって食べながら学校行ってました。

空き地のコンクリートの壁の、細い隙間に10円玉を入れて、次の日きたら消えてました。脅威です。

タスマニ。 | URL | 2007/10/22(月) 14:54 [EDIT]
お返事遅れました。
警察はマジでビビるよね。いたずら電話といえども、かけるような場所じゃない。しかも実際に事件で困ってる人のこと考えたら、尚更だね。
ってか、ホントあれって小学生とかだから許されることだよね。今やってたら普通にいたずらじゃすまないし。
まぁでも、そうやってやっていいこととか悪いこととかを認識していくのだろうと勝手に自己弁護。
おいらも他人の家の柿を盗んで食べたら渋柿でふんぎゃーってなったことを思い出しましたw

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。