どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/10/23(火)   CATEGORY: 音楽
愛妻家の朝食。
椎名林檎と打って変換すると必ず「恣意なリンゴ」と出てくる。
でもまぁこれはこれで似合ってるかもしれないななんて思う。

さて、椎名林檎の数ある名曲の中で最も好きな曲が「真夜中は純潔」の3曲目に入ってる
「愛妻家の朝食」
なわけです。

ピアノのメロディがとても綺麗なのです。
そしてそこに加わる、素敵な歌詞。
旦那を殺す歌じゃないかと思っています。


態とらしい空の色も
全部 疎ましくて
だから右手に 強く握る
光など既に 見えない…
「もう何も要りません。」



っていうラストの部分があるのですが、なんか静かなる愛に満ち溢れているように感じませんか?
バックで流れるアコーディオンがなおさらそれを増させているような気がするし。
特に「右手に強く握る光」という箇所。
これはナイフなんじゃないだろうか。
しかも最後に1秒ほど音が途切れる(無)な部分があってそこは抜く瞬間なのではないだろうかと。
最後の部分も旦那を刺した状態で「もう何も要りません」と可愛げな声で言ってところ。ここは最も好きなとこなんですが、この可愛げな声がなおさら、僕には刺しているように感じられました。
他には前半の

貴方はきっと外では違う顔なのでしょう?
だから此の手は其の疲れを癒す為だけに在るの


って部分の「貴方」はもちろん「旦那」を指すのだけれども、「此の手は其の疲れを癒す為だけに在る」ってのは、浮気をしている旦那、仕事で疲れている旦那、そんな様々な疲れを見せる旦那を癒すため(=生からの解放=殺す)ではないかと。
だからこの部分で刺すという決意が出来ているのではないだろうか。

まぁ、勝手な解釈なのですがね。
林檎の曲って、聴く人によって解釈が違うところが好きです。

この歌も聴きようによってはすごい愛に満ち溢れた(僕の解釈だと愛しすぎたゆえの行動なのですが)ものになるだろうし、「光」が結婚指輪だという話もあるし、まぁこればっかりは椎名林檎本人に聞かないと解りませんが・・・。

ホントに素晴らしい曲なので、お聞きあれ。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

栞乃香 | URL | 2007/11/01(木) 12:25 [EDIT]
愛妻家の朝食はイントロがとても好きです。

結婚指輪説が定説だと思ってたけど、椎名林檎にしては温いオチの歌詞だな…と思ってただけに、ナイフ説は是非推奨したい処ですね。


あ。

「私」の「手」が旦那様を癒す為だけに在る、という歌詞に倣っての『手』繋がりで、右手に握っているのは旦那様の左手(光=結婚指輪だとしたらそうなるし、右手で手を繋ぐなら左手に当たるし)であり、今こうして繋いでいる其の手を離して全部捨ててしまいたい(遠まわしな自決?)的な解釈も面白いかなと思いました。

…でも此れだと全然救われないし、なんだか情緒もロマンも無い方面の病み方なので、溺愛故の心中説を希望したい個人的嗜好です。

タスマニ。 | URL | 2007/11/06(火) 18:54 [EDIT]
あのイントロ、メロディライン、どれをとっても秀逸だね。好きだなぁー。
まぁ、比較的林檎の作品としては後期となるから、どうしてもジャカジャカ系ではなく、おとなしい曲調だけれども、林檎が
「KSKあたりからやりたい曲がやれている」と言っていたように、恐らくこの曲も彼女が作りたかった曲なんだろうななんて勝手に思ったり。
としたときに、やっぱ彼女の良さとしては、その静かな愛じゃないのかな・・・と。
mixiのほうでもらったコメントにあったんだけども、「好きなら殺すしかない」と彼女自身が言っていたらしいので、あながち、この推測は間違ってないんじゃないかと考えてみたりしてます。
でも、ハッピーな感じにするならば、結婚指輪のほうがいい。
でも情緒やロマンのある病み方(どんな病み方だw)が彼女の良さなので、是非、そういったオチであってほしいね。
この曲がPVもなければ、アルバムにも入っていないことが僕としては本当に惜しいという気持ちでいっぱいです。
● 確かに
通りすがり | URL | 2008/09/08(月) 14:22 [EDIT]
最後の「もう何もいりません」の「何も」はきっと、「貴方」も含むのでしょうね。

櫻枝 | URL | 2010/12/10(金) 23:21 [EDIT]
な~るほど。この歌の意味、
全然わかんなかったけど、
右手に握っていた光というのは
ナイフのことだったんだ。納得です!!!

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。