どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/12/28(金)   CATEGORY: TV
年の瀬×テレビ×特番だ
練習があると極端にテレビを見る機会が減ってしまう。
そして練習が終わると、極端にテレビを見る時間が増えてしまう。

しかし、しかしだよ。
最近のテレビはつまんないのだよ。

なんか、年末年始の特番をチェックしようとテレビガイドなんてものを買ってみたのだけれども、1日のうちで見たい番組が特に見当たらない。

昔は「かくし芸」とか「モノマネ」なんて必ず観てたのに、大学入ったあたりから興味をなくした。
どの番組を見ても同じような芸人が同じようなことをしている。

そんな中でここ最近で面白かったもの。
25日の深夜にやっていた「もしも」というフジテレビの番組。
僕は生粋のフジっこです。煮豆です。

この番組の中のクワバタオハラのくわばたりえが家電製品禁止生活というものをやっていくという企画が良かった。
毎日家電が10年とか30年とか遡っていく。
例えば洗濯機で言えばドラム式が二層式にかわり、一層式にかわり、洗濯板に変わっていくというもの。

我々の生活はホント便利に満ちている。
今では当たり前になった「i-pod」ですら、数年前まではMDウォークマンが普通だったわけだし、その前にはテープのウォークマンだった。
あのテープがMDに変わった瞬間に
『おぉ、裏返さなくていい!』とか『曲名が表示される!』とか感動を覚えたものだ。
もちろんこれは他の事にも言える。
携帯電話が普及していなかった時代なんかは、気になる子の家にかけることもすごい勇気を必要とした。
何度も家で『同じクラスのタスマニですけど、○○さんいらっしゃいますか』とか練習してみたり。
あのドキドキ感は青春の甘酸っぱい思い出である。
今だと『メアド教えてよ』なんかがそれにあたるドキドキ感なのかも知れないが。

そういう便利じゃなかったからこそあった感覚。
そしてそれが進化した時に感じる喜びとか驚き。
そういう感動ってたぶんこれからももっともっと続いていくのだろう。
でも、『温故知新』とはよく言ったもので、そういった古い時代も忘れないように大切にしていかなきゃいけないなーなんて思った年の瀬。

美味しいとこがメリークリスマス。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

偽彼女 | URL | 2007/12/30(日) 00:02 [EDIT]
同じく、特番は(…)な私です。

こうやって便利なものが当たり前で、それが自然すぎるからこそ、時折「アナログってやっぱり素敵vv」とか思います。
授業中の手紙の回しあいも、今やメールでちょいちょいだし。
「見られちゃまずい!」っていうスリルも、多分減っているし…。
(先生に見つかったらマズイという状況はあまり変わらないかもしれませんが…)
その甘酸っぱいアナログに還りたくなるときもしばしば。

ねーっくす!

タスマニ。 | URL | 2008/01/12(土) 14:47 [EDIT]
年跨ぎコメントの巻。
・・・というわけで返事遅れすぎてて申し訳ない。
あの手紙の回し合いとかすごくドキドキ感とか良かったんだけどなー。
あぁいうちっさいスリルで解消していけばあんまし大きなスリルを求めなくなると思うのはなんだか、教育評論家が言いそうなことなのでやめときます。
美味しいとこがテスト前。

このフレーズ、なんにでも使えますw

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。