どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/11/07(金)   CATEGORY: 音楽
詐欺で逮捕なんて麻薬で捕まるよりマシやと思う。
有名人の逮捕って

ワイドショーにとっては

大好物なネタだと思うんだけど

マッキーが逮捕されたのって

いつだったかなぁなんて考えてみたり。

あ、マッキーって言っても

ミスターパーフェクト・槇原寛己ではなく、

槇原敬之ね。

すっかり覚せい剤とかのイメージないけど、

「ハングリスパイダー」が売れた直後くらいだったよね。

そいで、

昼の番組でこずえ鈴だか瀬戸カトリーヌだかが

「今考えると、最近の曲も蜘蛛が蝶を食べちゃう気持ちの悪い歌でした。」

なんて言ってるのを聞いて、

「今考えると」

っていう無責任な言葉が大嫌いになりました。

そんなの結果からなんとでも言えるじゃないかと。

例えば『どんなときも』の直後に逮捕されてたら、

「『好きなものは好きといえる気持ち』って覚せい剤のことだったんですね」

とか言えるわけだし、『もう恋なんて~』の直後だったら

「恋はしなくても薬はやっちゃったんですね」

とか言えるし、そんなもんどうとでもなる。

言っておくが、覚醒剤や大麻を決して肯定しているわけじゃあない。

むしろ、戦争と覚醒剤、絶対反対。

しかし、例え彼が覚醒剤を使用しながら書いた歌だとしても

ハングリスパイダーの世界観にはなんとも言えない耽美さを感じたし、

坂口安吾だってヒロポンを乱用していたけども、
(当時の時代背景もあるけどね)

それが作品の現在の評価に影響しているわけではない。

ヒロポンをやって書いた作品だからダメとかそういうことじゃないわけだ。

ま、そういうことをみんなが思ったのか否かはわからないが、

あの時、店頭からマッキーのCDが消えた。

もちろん、レコード会社が自主回収を決めたのもあるだろうけども、

それ以上に買う人が多かった。

中古CD屋とかマッキーの棚が全部売れて空っぽになっちゃってたよ。

当時一般的となりつつあったヤフオクでも高値がついてた。

なんか一時的にこうブームが再燃した感があったよね。


こういうのって音楽ならではだと思う。

同じようなことをナイナイのオールナイトでも言ってたらしいけど、

僕の友人(だと思う)のヤンキチが

『懐かしい曲を聴くとその曲が思い出とともにフラッシュバックする』

なんて数年前に偉そうに言ってたけども、

恐らく嗅覚や聴覚は視覚以上に記憶に刻まれるだろうから、

強ち間違ってないのかもしれない。

そしてマッキーの歌で思い出あがある人たちが

彼の歌の良さ、もしくはそこに付随する思い出を懐かしみ、

CD購入へと走ったのだろうか。


で、今回のTKの逮捕。

あ、TKって言っても

TAKEO KIKUCHIではなく、

小室哲哉ね。

まぁ、彼の詐欺の話とかはどうでもいいとして、

今回はマッキーの時みたいにCDが売れたりとかいう話を全然聞かない。

ってか、昨日レンタルショップ行っても

「globe」「TRF」「dos」が

一枚も借りられてなかった。

TKほど売れた人なら、

思い出なんてのは付随しててもよさそうなのにね。

そういうのはあんましないってことなのかな。

ま、僕もglobeファンだったけど、

今回の騒動で特に聞きたいとかは思わなかったわけで。

みんなその程度なのかしら。

一時代を築いた人なのにね。

でも地味に買おうと思ってた

globeの「Get Wild」が発売中止になったのは痛い。

それだけでもなんとかしてくれませんかね。


とりあえず、麻薬も詐欺もやっちゃダメ!






よく、芸能人のblogとかにある感じの
改行多めの書き方をしてみたけど
すっげー、めんどいし、書きにくい。

これって読みやすいの?
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。