どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/11/09(日)   CATEGORY: スポーツ
平成の鉄腕。
どうしても日本シリーズ中の為、野球ネタが増えてしまう。
これは致し方ないと。

さぁ、日本シリーズ第6戦。
前日まで巨人3勝、西武2勝と巨人がチャンピオンフラッグに手を伸ばそうかという第6戦。
本当に大事な戦いです。

なんせ巨人はいかなる手段を使っても勝てばいい。
西武は負ければ後がないからこれまたいかなる手段を使っていくしかない。

非常に見ものな試合でした。

なんせ、岸。

第4戦(11/5)に登板して147球で完封勝利。
そして中2日でプロ初のリリーフ、そして日本シリーズの後がない試合。
そこでも91球5回2/3と先発以上の熱投で0封。

見事に勝利を西武にもたらしました。


正直、細川が怪我で出場出来ず、銀仁朗だったので、厳しいかなぁと思ってたのになんのその。
2日あわせて14回2/3、238球。
ピンチでも直球で勝負に行く強気。その後見事にタイミングを狂わすカーブ。
まさに高校野球のような鉄腕ぶりを発揮してくれた。

そして「最後まで岸と心中のつもりでした」という渡辺久信監督の男気。

なんせ中継が日テレだったので、なんとも巨人寄りな実況及び解説だったけども、見事に彼らも打ち砕いてくれた。
誰もが予想した9回グラマン投入をせず、岸。
第1戦では涌井の流れを切ってグラマン投入したのとは裏腹に最後まで岸。

最後阿部にフェンス直撃の2塁打を打たれ、古城もヒットで1,3塁となったときはさすがにダメかと思ったけど、そこからの2者連続三振。
もうね、別に西武のファンでも岸のファンでもないけども、野球ファンとして涙が出そうでした。

是非、この流れそのままに第7戦での西武の優勝、そして岸のシリーズMVPを見たい。

さぁ、本日の第7戦は巨人・内海vs西武・西口の先発。
巨人の若きエースが投げ勝つか、西武の大ベテランが貫禄を見せ付けるか、見ものです。





岸にかすんじゃったけど、
第6戦の全打点を挙げてる平尾
強行出場して3出塁した中島
この2人もすごいよ。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。