どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/05/10(日)   CATEGORY: 食べ物
パンはパンでも食べられないパンってな~んだ?
・・・パンです。

というわけで、最近、ちょっとしたパンブームなので、先日、天神の大まかなパン屋巡りをしてきました。

食したのはクロワッサン。
そりゃ、各お店、自慢の一品はあるんでしょうが、同じ条件下じゃないと比べられないので。
意外と今までパン屋のクロワッサンって食べることがなかったのです。
博多駅・ミニョンのミニクロくらい。

でも、あのミニョンの行列の多さはいったいなんなんでしょうか?
避難中の配給待ちみたい。
広島のミニョンは全く閑古鳥でしたが・・・。

それはさておき、今回のルール(?)
まず各店舗でクロワッサンを購入。
中に何も入っていないシンプルスタイルなクロワッサン。
家に持って帰り、180℃のオーブンで1分20秒加熱。
それにより冷めたクロワッサンもサクッと美味しくいただける。


まず最初に食べたのは、天神大丸地下2Fの
【MAISON KAYSER (メゾンカイザー)】 195円
カイザー
東京はおろか、フランスに本店を持つパン屋。
超が付くほど有名。
メゾンカイザーのクロワッサンはパリ・フィガロ誌でNO.1に輝いたとか。
でも正直、フィガロ誌がどんくらいすごいのか解らない・・・。
[感想]
・キメが細かい(今回調査した中じゃNO.1)
・大きい部類に入るが大きすぎるほどではない。
・生地の甘みが非常に強い。(噛むたびに甘みが広がります)
・ちょっと甘め(ほのかに甘さがある。生地の甘みかな?)
・バターの香りの強さ。(口と鼻で味わうって感じ)
・軽い食感(外はサクサク、中はもっちり。まさに日本人が好きな食感)

他にはハード系のパンもお勧めです。


お次は、アクロス福岡地下2Fにある
【パン・ナガタ】 140円(←最安)
ナガタ
春日にお城のような本店を持つパン屋のアクロス店。
天然酵母を使ってるというお話。
ただ最近はちょっといい(高い)パン屋は何処も天然酵母なので、あまりそれはプラス材料にはならないかなぁ。
とりあえず今回の各店舗のクロワッサンの中で一番小ぶり。他のパンも小さめ。
そのぶん、値段も手ごろなので、3個はいけそう。
でもなんだか昔やってた「ウルトラマンキッズ」に形状が似てるよね。
[感想]
・小さめ。(写真を見れば解るとおり)
・バターの香りは一番強い。(そのぶん油分がすごいですけど)
・油分多め故に、クロワッサンが入ってる紙袋に油がしみてた。(それだけバターを使っているということなのだろうか?)
・外はサクッと軽いが、中はずっしり(小さくても食べ応えはあります)

他に紅茶クリームパンも甘さ控え目で美味しかった。


そして、ソラリアプラザ地下1F、レガネット内のパン屋
【Prunelle (プルネール)】 160円
プルネール
ここは今回の調査で一番「街のパン屋さん」って感じだろうか?
幼稚園まで擁する、地元福岡のリョーユー直営パン屋さん。
中洲のプルネールは深夜3:00まで開いてます。
全体的な値段は一般的なパン屋と同じ程度。
そういった意味でも一般的なクロワッサンの基準になるかもしれない。
[感想]
・とにかくデカイ(写真からもその迫力が伝わるはず)
・皮は固め。(他にみられるサクッとした食感はない)
・中はモチッとした食感。(一般的なパン屋の食感だろうか?)
・香ばしい。(これは単純に焼きすぎかも)
・バターの香りはそこまで強くはない。(ないわけじゃないよ)

ただ、この店はやっぱりジャンボガーリックがいいと思うよ。


まだまだいきます。次は天神三越地下2Fの
【JOHAN (ジョアン)】 210円(←最高値タイ)
ジョアン
三越あるところに「ジョアン」あり。その逆もしかり。
ヨハンじゃないよ、ジョアンだよ。
関東の方には特におなじみドンク系列のちょっといいパン屋。
全国17店舗、全て三越内にあります。
そしてお値段はちょっと高め。それもデパートブランド故か?
ただ200円という壁を越えてまでクロワッサンを食すかしら・・・。
[感想]
・甘みは一番少ない。ほぼない。(本当に食事パンとしてのクロワッサン)
・食感は硬い。(噛みしめる系。噛ませたいのか?噛ませたいのだな!)
・バターの香りは普通。(強すぎず弱すぎず、しっかりと感じられる)
・味自体は一番パン!って感じでした。(この感想は解りにくいか)

他には毎日18時から焼きたてで売られる穀物パン。
ボリュームの割に160円とめちゃめちゃお得。食すべし。


意外と知られてない天神のパン屋。岩田屋地下2F
【Marie Catherine (マリー・カトリーヌ)】 210円(←最高値タイ)
カトリーヌ
ドンク(DONQ)系列のちょっといいパン屋。(あれ?さっき言ったぞ)
すっごいかわいいパンが多い。
デパ地下のお店で雰囲気もかわいいので女性に受けそう。 でもキャラクターパンみたいなやつもあって、きっと子供も喜ぶ。
一般的なパンはジョアンに近いかなぁといった印象。 そりゃ系列一緒なんだから仕方ないか。
ってかさ、パン業界はドンクが仕切ってんのか?
とりあえずマリー・カトリーヌのクロワッサンは他と比べてもなんだか不思議な形状。
[感想]
・ズラして成型されてるのかな?(偶然なのか?それ故、噛むとその生地のズレの隙間から噛むと同時にジワーッと味が広がってくる)
・サクサク度数は一番。(そのぶん、めちゃめちゃ壊れやすい)
・中はホクホク(外側のサクサクとの対比でしっかり噛み応えはある)
・店舗横ではミニクロも販売されてます。(=ドンクのクロワッサン)

他にはキューブ型のパンなんかもお勧め。


最後は同じく岩田屋地下1F
【アンデルセン】 168円
アンデルセン
青山にもでっかい店を持ち、広島の中心地にこれまたお城のような本店を持つパン屋。
グループとしては他にリトルマーメイドとタカキベーカリーを擁する。
余談だが、うちのアニキは10年以上前、青山アンデルセンでバイトをしてて、つまみ食いがバレ怒られ、その後トイレでタバコを吸っていたらそれもバレて、クビになったらしい。
さて「菓子パンのアンデルセン」と言われるように菓子パンの評価は高い。
と言うよりも僕が勝手にそう位置づけてるだけなのだが。
やはりこの系列の通常のパンは「タカキベーカリー」担当って感じがするので。
[感想]
・香りはそこまで強くない。
・ツヤは一番。(パイみたい)
・サクサク感はほとんどない。(驚くべきは食感!層はちゃんとあるんだけども、バターロールを食べてるみたいな錯覚に襲われます)
・柔らかさは一番。(ふんわりと香りが広がります)
・甘みは強いほう。(ミニョンほどじゃない。食事系クロワッサンとしては強いほうだと思われ)

他にはデニッシュ系がお勧めです。

といった具合でやはり各店舗様々な特徴や味で勝負している。
ちなみに僕が一番美味しいと思ったのは、パン・ナガタです。
小さいながらも存在感があって、香りもさることながら、パン自体の主張もなかなか。
あとはやっぱりメゾンカイザー。間違いないと思います。

でも天神天神のパン屋はやはり高いし、そこまで大きな差がない。

もっと当たりやハズレもあるような田舎のパン屋でもっかいやってみようかな。
ここのパンは美味いです!って情報、お待ちしております。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。