どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/12/05(土)   CATEGORY: 映画
南極料理人。
日本は映画が高すぎると思います!
700~800円くらいならもっと気軽に行けるのにさ。
大体、映画前売1500だしょ?
それにパンフ700円を買ったら2200円と高級な趣味じゃないか!
それなら俺はビリヤードを打つ!

というわけで、南極料理人を観に行ってまいりました。

南極


あらすじ: 南極観測隊員のひとりである西村淳(堺雅人)の任務は、南極大陸のドームふじ観測拠点(標高3810メートル)で越冬する隊員8名分の食事を用意することだった。西村は限られた食材と特殊な環境の中、隊員たちを飽きさせないメニューを作るために奮闘する。


ソラリアシネマ、再映500円なり。
パンフレットが700円。
・・・ってパンフのほうが映画代より高いじゃねーか!

それはさておき、登録しているソラリアシネマのメールマガジンが届いて、特にその日予定もなかったので「じゃあ500円だし、映画でも見に行くか」と行ってまったく前情報なしに見た。
「南極料理人」って、タイトルだけ聞くと、なんか植村直己的な?
冒険臭というか、そういったイメージ。
そして料理人って付いてるから、なんか食材がなくなり、隊員達を料理していき・・・
みたいなホラーを考えたりもしていたのだけど、全くもってのお門違い。
コメディ映画でした。

もうね、南極基地の日常。
ただ平均-57℃の世界で、標高は富士山よりも高いところにある基地。
仕事といえど1年間のほぼ軟禁生活を送る中で生まれる友情だったり感情だったり。
簡単に言うと主役の堺雅人を始めとして、おぢさん萌えの人には堪らない。そんな映画。

僕が予想していたような冒険なんて起きないし、ましてやカニバリズムなんてもってのほか。
ただのカニバリバリズム。カニをバリバリ食べてました。
事件もこれといって南極らしいものは起きない。

基本的には基地内での様子が描かれていて、たまーに基地の外がある。

まるでそれはシチュエーションコメディを見ている感覚。
謎解きとかそういうのはないけど、キサラギ同様結構笑えて、結構切ない。

よく、アメリカ的な迫力ある作品こそ映画館で観るべきだ!なんてのを聞きますが、僕は敢えてこういったコメディこそ映画館で観るべきだと思う。
他の席から聞こえてくる笑い声。
思わず自分も反応して笑ってしまう。
例えば吉本新喜劇だって劇場に一人で見たって面白くないわけで、大勢の笑いがあってこそ作品は成り立つ。
そして客はそういった環境下を楽しむことこそ、醍醐味というわけだ。
自分が面白いと思うところで誰も笑わなかったり、皆が笑っているところが解らなかったり、そういうところで自分の感性ってものを他人と比較してみるのも面白い。

そういう意味で南極料理人然りキサラギ然り、映画館で観る価値のある作品だと思う。

ちなみにこの南極料理人の監督・脚本は沖田修一氏。
全然知らなかった。
それもそのはずまだまだ新進気鋭の32歳。
でもパンフによるとかなりのゲラである。
原作のある映画とは言え、伏線などが重要となってくるのでこの監督の力は大きい。

音楽担当は阿部義晴。
そう、民生くんとアベくん(U-20には伝わらないか)のアベくん。
この映画のゆるい感じにユニコーンの音楽があわないわけがない。
だから阿部ちゃんがセレクトした曲が合わないわけがない!


さて、映画の内容に話を戻します。
極端な話、ボーっとするだけでも過ごせる南極で一番忙しいのは料理担当かもしれない。
食材の補給がないから、限られた食材しか存在しない。
そしてサボるわけにもいかず、出来るだけ違うものを作らなきゃいけない。
いかに平坦な生活の中で「食」というものが刺激になるか。
そういったことを思わされた。

そして終わった後、すごくお腹が空いた。
上映終了が20:55という時間もあるのかもしれないけれど。
本当は伊勢海老フライが食べたかったのだけど、そこはグッと我慢して・・・というか我慢せざるを得ず、ラーメン。
でもラーメン、美味かったなぁ。

☆4つ。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

BILL | URL | 2009/12/07(月) 14:04 [EDIT]
初めてコメントさせていただきます。南極料理人、見たかったです。。。実は昨日練習前に見に行こうか迷ったんですが、ゲームを選んでしまいました。映画好きの間で、「食事シーンがおいしそうな映画は外れない」っていうのがありまして、南極料理人もそれだと思ったんですよね。
ソラリアシネマには以前「ディア・ドクター」を見に行ったのですが、「ディア・ドクター」はご覧になりましたか?機会があれば是非!あと、家で見たんですが、「ヘルボーイ ゴールデンアーミー」もおススメです。東映まんが祭りみたいで最高に楽しいアメリカ映画ですよ!

タスマニ。 | URL | 2009/12/07(月) 21:01 [EDIT]
おぉ、こっちのBLOG見てる人がいるとは思わなかったYO!
確か12日までやってるから、もし時間の余裕さえ・・・ないか。もしあれば見に行ったがいい!
なんせ500円だからな!
「食事シーンが美味しそうな映画は外れない」ってのは初めて聞いたよ!
ある意味でセブンもそれに入るのか???いや、あれは厳密に言うと食事シーンじゃないな。大体、美味しそうじゃなかったしw
ディアドクター見てない!
でも観たかったんだよね。
つるべさんも役者としてはなかなかいいと思うし、松重さんとか勘三郎とか結構好きな人も出てるからね。
チェックしときます。
正直、何年も洋画というものを見てない上に、いきなり続編から入っていいのか解らないけど、ヘルボーイ、チェックしときます!

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。