どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/12/07(月)   CATEGORY: 音楽
それは無難な選択だ。
That is a sensible choice.

無難な人生なんて歩みたくない!
なんて言いますが、なんか無難を蹴り続けた結果の今、無難こそ美学!と思わずにはいられない。
刺激なんて無難の中で探せばいいんだよ。

さて、ジムでトレーニングした後にウォーキングかエアロバイクなど有酸素運動をして帰るのが習慣です。
で、その時にiPodで音楽を聴きながらやるわけですが、さて音楽でも聴こうかという時によく色んなトレーナーさんに話しかけられます。

『なに聞いてるんですか?』

この質問。
一見簡単そうでいて意外と難しい。

そのね、友人ならば、別に好きなアーティストをそのまま言えば良いわけ。
たとえそれがどんなアーティストであろうとも、僕の人となりを知っているわけだから、それが全てになる可能性は低い。
でも、この「トレーナー」って関係性が難しい。
正直に言っていいものか・・・いや、長く付き合う相手でもないし、別に飲みに行くわけでもないから、そんなに自分を曝け出す必要もない。
仮に相手が引いてしまったらどうしよう。
トレーナー達に白い目で見られるのも微妙だしなぁ。
かといって知らないアーティストだとして微妙な感じになるのもこれまた微妙。

など、なんかさ、難しいのだよね。

それに加えて、これといって決まって聞いているアーティストってのがいない。
いや、恐らく、昔のテープやMDな時代と比べて、MP3以降は色んな曲を大量に入れて適当にその時の気分で聞くわけでしょ。
だからどっぷりみたいなのって昔に比べて少ないんじゃないだろうか。


じゃあどうすりゃいいんじゃー!!!と。


例えば「See-Saw とか ほっちゃんデス」とか言っても解ってもらえない可能性が高い。
『ほっちゃん?ほっしゃん?鼻からうどんの?』
「・・・いやいや、堀江だから。ほっちゃん。」
『あぁ、昔ライブドアの社長やってたー!』
「いや、それじゃないんですけど、あの人いまアダルトビデオ関係の仕事やってるらしいですよ」
『えぇ!?マジっすかー!!!』

・・・はい、めんどくさーい。
こんな思わぬ話の広がり方をするかもしれないけども、説明していくうちに結局はアニソンじゃねーか!みたいなね。
そりゃね、インドア派な人たちなら
『See-SawってガンダムSEEDのですよね?』
『マジ、石川智晶の歌声はスゲーっす』
とか言ってくれるかもしれないけども、相手はジムの爽やかスポーツトレーナー。
いや、もしかしたら、その爽やか系も隠れた趣味を持っているのかもしれないけど、そういった部分ってのは一部の人に見せるだけでいくて、あんまし進んで公言するものでもないからね。
こっちとしても探るほどのリスクは犯さなくていいでしょう。

かといって「the HIATUSデス」とか「NICO Touches the Wallsデス」とかの今風(?)なアーティストを言っても、実際聞いたことなんてないから、万が一相手が
『え、僕(私)も好きなんですよ』
なんて返された日にゃあこれはもっと面倒くさい。
『Ghost In The Rainいいですよねぇ』
とか言われても
「あはは、そうですねぇ。あのサビの感じ・・・いいですねぇ」
と愛想笑いの連発になってしまう・・・。

「ELLEGARDENデス」とか実際聞いてたし言ってもいいんだけども、活動休止中だし、現在進行形で活動しているアーティストのほうがいいじゃない。
もしかするとここら辺のバンドって相手が知らない可能性もあるからね。
『どんなバンドなんですか?』
とか、濁点と「ん」多めで聞かれても困るのよさ。(ピノコ)

そこで思うわけです。
なんと答えるのが無難なのか。
高校時代とかならとりあえずGLAYとかラルクとかモー娘って言っとけば良かったんだけども、今はなにがいいのだろう?
無難なアーティスト。程よく相手も解って、無難に思われて、話が程よい長さで終わるくらいの感じ。それくらいがちょうどええ。
「○○です」
『あ、△△△って曲(シングル曲に限る)、好きですねぇ』
「あぁ、あれいいですよね」
みたいな。
その、ジムのトレーナーと程よい長さの会話、距離感で終わるくらいの感じ。
それでいてちょっとアルバムの話が出てもなんとかついていけるくらい。
ライブに行くと男女比5:5、もしくは4:6くらい・・・これ、ちょうどええ。
好きな食べ物で言うならば、オムライスとかハンバーグな感じがちょうどええ。

例えば
the pillows・・・大好きだし、どの時代の曲を言われてもある程度は大丈夫。ただ、どれほど世間に認知されているんだろう。どういう系統ですか?とか聞かれても「あういぇ」としか返せない。
椎名林檎・・・大好きです。でも女の子が「椎名林檎好きです」って答えは正解だけど、男だとどうなの?意外と椎名林檎好きって真っ先にいう男性を聞かないし、ちょっと痛い気もする。
尾崎豊・・・なんか暗いやつと思われそう。下手すると「過去に闇を抱えてました」って観られたいんでしょ?というように思われそう。
平沢進・・・好きだけど全く無難ではない。
ポルノグラフィティ・・・男性で好きって人あんまし聞いたことないよね。ファンの男女比2:8って感じ?
水樹奈々・・・紅白には出るものの世間一般のイメージとしては×。ってか、無難になる日は訪れないだろうな。
capsule・・・無難に近いけども、惜しい感じがする。どうなんだろう?なんかピコピコズンズン系って人を選ぶからなぁ。とりあえずウォーキング中に聞く音楽としてはテンポ的にもかなり○。
Perfume・・・有名になったとは言え、微妙なライン。ファン層の問題か。
ピエロ・・・論外。ってか聞いたことない。


なんかどれも難しい。

そして僕の考えた無難の中の無難出てきました。
KING OF BUNAN。


・・・Mr.Children。


いや、まずファンの人に謝っておこう。すいません。
でも、なんか無難な条件に当てはまる。
・いまだに第一線で活躍してる。
・シングル曲がある程度世間一般に認識されている。
・ライブに行くと男女比が半々くらいそう(イメージ)。
・好き嫌いは解れるものの、好きでも嫌いでも軽蔑されるほどではない。

他にもいそうだよね。
例えば、こないだ人に聞いたら「ゆず」って答えが返ってきた。
女性はこの答えでなかなか無難として正解です。
いや、だからファンの人には謝っておきますけども。
でもライブとか男女比2:8ッぽいし、男性が「ゆず」と言っても無難というよりブキャナンです。
ホークスファンだけが解ればいいです。

そういった意味でミスチルは条件を満たしている。
なんかBUMPほど世界観が強くないし、売れ線系だしね。
そして多くの人が一度は通るイメージ。

だからミスチルが答えなのです。

で、実際言ってみた。

『何聞いてるんですか?』
「・・・ミスチルとかよく聞きますけどねぇ」
『あぁ、HANABIいいですよねー?』
「そうっすねぇ、あの歌はカラオケでも練習しましたね」

うん、この感じ。
これくらいでいいんだ。
さすがは長い行を用いて捻り出した答えだぜ!
そしてそのときの僕は、また新たな問題が勃発するとは知る由もなくエアロバイクを満足げに漕いでいた。
が、直後にそれは訪れた。


『・・・カラオケはどんなの歌うんですかー?』
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。