どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/01/17(日)   CATEGORY:
忘れてはいけない。
あの忌まわしき震災があったとき、僕はまだ小学生だった。
すでに九州に住んでいた僕には親戚はおれど、結果、直接被害はなかった。

ただあの日、たまたま風邪を引き学校を休んでおり、テレビをつけた時に広がったあの光景は未だに忘れられない。
最初、ドラマか映画だと勘違いしてしまうほどの光景だった。

そしてそれから、ちょっと縁があり、震災から一ヶ月しないうちに神戸の街を歩く機会があった。

もちろん、それまでにテレビで凄まじい状況を見てはいたが、生で見た神戸の街はとても言葉では言い表せないくらいの有り様だった。
体験してないが、まさに戦争の後ってこんな感じなのだろうと大きな衝撃、そしてあの震災が如何に悲惨なものだったかを知った。
僕があそこにいたらどうなっていただろう。
天災は何処でも起こり得る。自分が被災者になっていてもおかしくない。
そう思うと、とても怖く、とても悲しくなった。

それからも何回か神戸に行く機会があったが、訪れる度に街は驚くべき復興を遂げていた。
人間の力、想いってすごいんだなと感じた。

あの震災から15年。

戦争や事故とは違い、あの過ちをなどと言うことは出来ず、天災だと受け入れるしかない遺族の方々。
その気持ちは我々には想像することも出来ないくらいに大変なものだろう。

教訓だなんだと言えないし、言うつもりもない。
ただ突然未来を奪われた6434人の方々のご冥福を祈り、あの震災を忘れないようにすることしかできない。
命に感謝。


合掌。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。