どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/05/22(土)   CATEGORY:
空も飛べたはず。
小学校の低学年の時、テレビにドクター中松氏がよく出られてたんですね。

あのお馴染(今の20歳前後にはお馴染なのか?)のジャンピングシューズを履いて。
こんなのね↓
pyonblue.jpg


それがもう羨ましくて羨ましくて。

なんかすっごい身軽に見えるし、何よりすっごい楽しそう。
ドクター中松氏曰くすごい早く歩けるらしい。

「僕もあんな靴欲しいなぁ」
なんて考えてて。

ただ、今だったらネットとか手に入れる方法もあるかもしれないけども、当時はPCなんてまだDOSの時代で、普及すらしてなかったし、情報収集も簡単じゃない。

それでテレビに出てるドクター中松氏を観察して、どういった靴かを確認。

当時、低学年の僕には確認と言っても、原理とか難しいことはよくわからず、とりあえず【バネ】がついてるってことが解ったくらい。

そうか、バネは跳ねるから、それを靴に付ければいいんだな!!!


当時のタスマニ少年はそう考えたわけです。

だけど、バネって・・・どこで買えるんだろう。
今だったらグッデイ行きますけど、当時はそうもいかない。

僕の世界なんて自分の家の周囲数百メートルが活動範囲。
そこから飛び出すなんてこと考えられない。

その活動範囲に唯一あったそういうものが置いてありそうなお店駄菓子屋「たしろ」。

よくあるおばちゃんが一人でやってて、クリーニングとかも扱ってるお店。
ここが僕らの行きつけだった場所。

そこで手に入れる以外に術がない・・・というか、それしか発想がない。

ここで当時のどんどこ少年はキュピーンときたっぺよ。
キュッピーンときちゃったわけだ。
これしかない!と。

tomboy.jpg


そう、階段を落ちていくバネ!
ちなみに「トムボーイ」って名前らしい。
これ意外にカラフルでプラスチック製のレインボースプリングってのもある。

これを付ければいけるんじゃないか?

・・・当時は、バネというものはすべて同じカテゴリにあるわけで、全部跳ねるバネだと思ってたわけだな。

しかもガチャガチャだから、1回100円で1個。
ちょっとサイズ的に小さいから靴の裏に2個ずつ付けて4個あればきっと大丈夫だ!
小学生の経済力でもなんとかいける!

それが浮かんだときは嬉しかったのを未だに覚えている。

そしてお年玉のお小遣いから400円を持って駄菓子屋へ。
そしてこのバネを4つゲット。

家に持って帰り、靴の裏にセロハンテープで付けてみる。
当然、すぐにはがれる。

これじゃだめだ!

そこで、当時の僕の中では最強の粘着力を誇るガムテープを使った。
ベッタベタに。

そうして、なんとか接着完了。

別の靴を履き、その靴を持って、家の前の道路へ。
なんかもったいなかったのよね。

そしていざ道路上で靴を履き替える。

いつもより視界は少し高い。それはバネの高さのせいだろう。

さぁ、いくぞ!

飛び跳ねるように歩いてみた。



・・・ビニョン。



・・・・・・グニャン。



・・・・・・・・・・。゚(゚´(00)`゚)゚。ぶひぃ:。




跳ねるためのバネではなく階段を落ちるためのトムボーイとやらは、当然反発する力などなく、ただ伸びただけだ。
バネの底はスタート地点と変わらぬとこにある。
そして僕の足はその伸びたバネを踏みつけている。


見事に玉砕。


残ったのは400円の損とグニャグニャで階段すら降りることはできないバネ。
ああそうか、こいつは跳ねないバネなんだ。
ってか、跳ねないバネってあるんだな。

・・・それが、タスマニ少年、人生初めての挫折であった。


     =============
ちなみに最初の写真のドクター中松氏のジャンピングシューズ、HPで買えるみたいです。
お値段14800円。だれか買ってけれ!
     =============
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。