どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/07/22(金)   CATEGORY: 映画
踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!
photo.jpg img_1171192_35438142_0.jpg 踊る


何事もなかったかのようにblogを再開しようか。


DVDを借りて踊る3を見ました。

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! ってやつね。

正直な感想。
・・・微妙!

まぁ、なんというか、久々に感じたこの踊るの世界観ってのはファンとしてはすごくうれしい。
だけども、それだけというか。
同窓会みたいな感覚だよね。これといって何かを生み出すことはないけどただただ懐かしいというか。

だからそういうことでは意味のある映画だったのかなとは思う。

一部のファンに向けた作りというか。

ただ、それにしてもなんかね、ちょっとノリが微妙過ぎるというか。
どういう感じで見ればいいかこっちも良く解んなかった。

何よりも一番微妙だったのは話!
映画館で見たのにDVD見るまで話を全然覚えてなかったという。
あ、そういえばキョンキョン出てたな!くらい。

新キャラとして出てきた和久さんの甥役の伊藤淳史もなぁ、もうちょっと和久さんっぽい感じがあってもよかったのになぁ。
ただ叫んでるという印象しかなかったし。
小栗くんはまぁ、ああいう感じで問題ないとは思うけども、湾岸署の中国人役の人とか、PCヲタな人とか正直必要だったのかなぁと思わざるを得ない。

なんかね、これを言ってしまうと申し訳ないんだが、本広監督がもうダメなんだと思う。
俗に言うオワコン感が否めない。
曲がれスプーンよりも今回の踊るはひどかった気がする。
それはもちろん、歴史もファンも多い作品だからそれだけハードルが上がるのかもしれないけど、それにしたってなぁ。

やっすい小説みたいに、いかにもこれから言うことは名言ですよ!みたいな作り方がなぁ。

何よりも残念だったのは青島刑事と室井さんの絡みが全然と言っていいほどなかった!
毎回ナンダカンダで室井さんが関わってきてたのに。
2の「どうだってうぃうぃでしょー」でお馴染の真矢みきがいなくなった後に「私が指揮を執る」と言った時の室井さん!
あの時の状態を揺らさない感じの微妙な走り方!でも室井さんっぽい!みたいなのがなぁ、全然なかった。



結局言いたいことは、踊るの映画は2のレインボーブリッジが一番良かった。

続編やるんかなぁ。。。


踊る大捜査線3オフィシャルサイト→http://www.odoru.com/


-------------------------------------------------



今日の一言。
「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で(ry」

「レインボーブリッジ封鎖できません!」
に続いて、今回は
「俺には部下はいない、いるのは仲間だけだ」
を流行らせたかったみたいだけど、全然だめだったね。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。