どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/03/31(日)   CATEGORY: 音楽
それはまるで 骨の様に 私を燃やして 残るもの
最近、黒木渚というバンドが好きです。

Z324003239.jpg

ナンダカンダでこゆ曲が結局好きなんだなぁと悔しくなったり。
初めて聞いたのはキャナルで歌ってたのきっかけ。
あたしの心臓あげる」って曲を聴いてまたこの系統が出てきたなと。


最近だと小南泰葉もだいぶこの系統。俗にいう林檎的といわれるやつだよね。
小南泰葉 - 噓憑きとサルヴァドール


こういうのって独特な世界観といわれがちなのに
「なんか結局林檎のパクリでしょ」
って思われるのはかわいそうだなぁ。
矢井田瞳も出始めは椎名林檎のパクリって言われてたし。
矢井田瞳 「B'coz I Love You」

ここらへんは当時の音楽シーンにおいてなんかすぐ一緒くたにしてポスト○○みたいに言いたかっただけだと思う。
実際似てると思えないし。
もちろんその後矢井田は独自の路線に進んでいったから全く似てるとは言われなくなったけど。

いや、ただ小南に関しては初めて聞いたときにおいらも林檎やんけ!って思ったけど。
巻き舌やエキセントリックさが初期の林檎を思い出させるのよね。

たださ、椎名林檎ファンってめんどくさいのが、その初期から加爾基あたりまでの林檎を絶対視して、それ以外の似た世界観を持ったアーティストを認めない!って風潮があるよね。
ライトであればライトであるほどその盲信に近い傾向を感じる。
天野月子とかだいぶそれで叩かれたもんなぁ。全然違うのに!

でも林檎自体戸川純のパクリだと散々言われてきたなかでポピュリズムを獲得してある意味でそれが独自となった。
それこそポピュリズムの獲得が「椎名林檎」というジャンルを確立したといっていい。
ただ、もはや現在の林檎に単体の椎名林檎だった時代の面影はなくなってきてると思いますけど。
やっぱりクリエイターは子供が出来ると価値観が変わるのかな?
伊坂幸太郎も子供出来てから小説がつまんなくなったし。
林檎なんてその負の部分に注目が集まりがちだったのにいまや全然だしな。

さて、このままだと椎名林檎論になってしまうし、そうなると多分めんどくさいくらいに語ってしまうから、話を戻します。
黒木渚ってバンドについてあたしゃ語りたかったのよ!
この黒木渚の「あたしの心臓あげる」は英語の歌い方やメロディの感じとかは確かに林檎を彷彿とされるところはある。
でも、いい加減椎名林檎って存在が15年ほど音楽界にいるわけだから、影響を受けた人たちが出てきても何も問題ないでしょうて。
それこそ林檎は前述の戸川純の影響をもろに受けてるわけだから突然変異型のアーティストではないわけで。

ただ、黒木渚はどっちかというと天野月子の世界観なんだよなぁ。
特に「骨」とか。
黒木渚 「骨」 MV (2013.3.20 RELEASE 1st mini album 「黒キ渚」 収録曲)

一見ネガティブなポジティブ。
後ろ向いてるのに前に全力疾走みたいな。
ただ、天野月子や椎名林檎とも違った独自の世界観をしっかり形成してると思われ。
骨の中にある歌詞
死んだ後でも 楽しめるように 墓石に点数を彫ろう
なんて考えたこともなかったわ!
この歌は本当にいい。
骨を聞いたら全然林檎とは違うのがわかる。

というわけでおススメです!
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。