どんと来い!
ジャンルを問わずお届け中。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/11/07(木)   CATEGORY: 食べ物
何故自ら公表したのに偽装と誤表示の区別も付かなかったのか。
偽装を誤表示だと言えちゃうことに今回の根本的な問題があるのではないかと思うのですよね。
というわけで長文来るよー

言うまでもなくホテルをはじめとした偽装の数々。
まぁ、出るわ出るわ。

しかもスクープとかではなく公表してるんですよね。
でも、そこでの謝り方が悪かった。
あそこですいませんでした!と謝ればきっと阪急ホテルの社長は辞めずともすんでいたのでしょう。
あれを誤表示で通そうとしたとこにホテルが根本的に客を馬鹿にしてるというのが垣間見える。

来月には「和食」が無形文化遺産に登録されようかという中でのこの失態の連続。
プライドはあるんでしょう。
ましてや、プライドで高い金を取って飯を食わせるホテルだもの。
だからこそ相次いで公表を始めた。
いや、逆に公表しないとどっかから暴かれたりしたらもっと信用が落ちちゃうからね。

で、原因のひとつと言われる仕入れを現場がやっていないという話。
総料理長と業者の癒着を防ぐために仕入れ担当は別にいる。
だから、メニューを作る料理長側と仕入れ側とで認識の差が生まれこの偽装が結果として生まれると。
総料理長って自分の扱う食材が何なのかすら知らないんですか?って言いたくなる。
そこらへんにも責任を取るから総料理長なんじゃないんですか?

平成17年、フォルクスが成型肉をステーキと表示していたとして排除命令が出たことがありました。
ホテル業界、仕入れしたのが料理長じゃなくも当たり前にこのことは知っていたはず。
なのに堂々と「法令違反になるとは知らなかった」なんてこと言うかね?
だとしたらあまりに無知な連中が働いているということが露呈したわけですね。
もしくは全く連携が取れてない会社であると。

そんな無知な連中がやってるところに高い金を出していた消費者。

高い金を払うかわりに一流のものが出てくると思っているわけでしょ?
それを完全に裏切った。
しかも、1つや2つのホテルではなくてこれはもはや業界の悪しき慣習と言っていいでしょうね。

ホテル側は客はどうせ味なんてわかりはしないんだからそれらしい名前をつけて「~を添えて」とか「~のソースで」なんていう接続助詞を使ってるくせに接続しないで終わらせて余韻付けときゃ成型肉でも飛びついてくるんだよ程度にしか思ってないと思われても仕方ない。

確かに出してるものが何であっても、ホテルというブランド力に満足して、例えばリッツカールトンのオレンジジュース1500円に金を出せる自分の財力に満足感を得てるんだからいいじゃない?
なんてことを言う人もいるんだけど、これは全く別問題。
それだから誤表示ならぬ偽装が許されるってわけではない。

これは食を扱う業界としてのモラルの問題。
例えばフレッシュオレンジジュースが実は紙パックでしたという事例。
これがもし果汁10%のバヤリースでしたなんていうなら怒るけど、100%なら紙パックでもいいと思う。
フレッシュって書いてるから本当に絞りたてって思ってる人はそんなにいないだろう。

ただね、前述の成型肉を和牛と書いたり、札幌グランドみたいに中国産のアサリを北海道産だと言っちゃうのはもう言語道断。
返金すりゃいいということじゃなくて、プライドを捨てていると考えてもいい。
そんなやつが高い金を取って出しているということに腹が立つ。

ただなー。
これって、値段が高いホテルやデパートだから話題になってるけど、100円寿司の代替魚だって立派な偽装なんだよね。
今までグレーだったこの問題が厳しい目で見られるようになった。
それはそのグレーであるところに付け入って前述のような詐欺にも似た偽装が行われたから。
それが高かったから怒ってる。
安い100円寿司ならいいのか?ってなるよね。
でもやっぱり知らぬが仏とはよく言ったもので厳密にやると数年後にはすし屋には「人造いくら」とか「ブリの代用魚シルバーワレフ!」とか「カンパチの代用魚シイラ」なんていうまぁ、なんとも美味しそうに感じない魚の名前で溢れるかもしれない。

今の技術を持ってすれば質の悪い本物を使うよりも質の高い偽物ができるんだろう。
でもそれを良しとしないのが作り手のプライドであるはず。
それがないのならどれだけ腕が良くても定食屋のおばちゃんの料理のほうがよっぽど価値があると思う。

「おもてなし」なんてちゃんちゃらだよ。

調理業界こそ「失われた日本を取り戻す」をキーワードに今一度おもてなしとやらの精神を思い出して欲しいと心底思わされた一連の問題であった。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © どんと来い! all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。